Hemlock は、POSIX準拠のUnixシステム用の自由ソフトのEmacs系テキストエディタである。Lispマシン用エディタであるや、ITS/TOPS-20用のEmacs実装の流れを汲むが、XEmacsやGNU Emacsとは異なり、Emacs LispとCとの組み合わせでの実装ではなく、Common Lispで実装され、Emacs系エディタとして機能拡張がなされてきた。 Hemlockは当初、PERQコンピューター用にSpice Lisp(後のCMU Common Lisp)で書かれた。 Hemlockは、CMU Common LispのCommon Lisp開発環境として、コンパイラ、インタプリタと統合されているが、スタンドアロンのエディタとして利用することも可能である。なお、CMU Common Lispでは、開発環境としてGNU Emacsと連携することも可能だが、より密な連携がHemlockでは可能である。しかし、エディタ拡張や編集機能等はGNU Emacsに比して少ない。 Hemlockの特徴の一つとして、Lispの関数名と対話コマンド名の分離がある。これはオリジナルのMIT系Lispマシンのエディタであるや由来のより自然言語に近いスタイルを継承している。 Hemlockは、ターミナル表示、CLXライブラリを利用したX11上の表示が可能である。 Hemlockの派生:

Property Value
dbo:abstract
  • Hemlock は、POSIX準拠のUnixシステム用の自由ソフトのEmacs系テキストエディタである。Lispマシン用エディタであるや、ITS/TOPS-20用のEmacs実装の流れを汲むが、XEmacsやGNU Emacsとは異なり、Emacs LispとCとの組み合わせでの実装ではなく、Common Lispで実装され、Emacs系エディタとして機能拡張がなされてきた。 Hemlockは当初、PERQコンピューター用にSpice Lisp(後のCMU Common Lisp)で書かれた。 Hemlockは、CMU Common LispのCommon Lisp開発環境として、コンパイラ、インタプリタと統合されているが、スタンドアロンのエディタとして利用することも可能である。なお、CMU Common Lispでは、開発環境としてGNU Emacsと連携することも可能だが、より密な連携がHemlockでは可能である。しかし、エディタ拡張や編集機能等はGNU Emacsに比して少ない。 Hemlockの特徴の一つとして、Lispの関数名と対話コマンド名の分離がある。これはオリジナルのMIT系Lispマシンのエディタであるや由来のより自然言語に近いスタイルを継承している。 Hemlockは、ターミナル表示、CLXライブラリを利用したX11上の表示が可能である。 Hemlockの派生: * のmacOS版開発環境は、Cocoa上のHemlockのコードをベースにしたエディタを持つ。 * LispWorksのエディタは初期バージョンのHemlockをベースにしている。 Windows、macOS, X11/Motif、Gtk+とマルチプラットフォーム対応であり、また、LispWorksだけでなく、Liquid Common Lisp上でも稼動する。 * Lucid Common Lisp の提供していたHelixエディタはHemlockをベースにしていた。 * Portable Hemlockは、様々なCommon Lispで稼動するポータブルなHemlockの派生である。 (ja)
  • Hemlock は、POSIX準拠のUnixシステム用の自由ソフトのEmacs系テキストエディタである。Lispマシン用エディタであるや、ITS/TOPS-20用のEmacs実装の流れを汲むが、XEmacsやGNU Emacsとは異なり、Emacs LispとCとの組み合わせでの実装ではなく、Common Lispで実装され、Emacs系エディタとして機能拡張がなされてきた。 Hemlockは当初、PERQコンピューター用にSpice Lisp(後のCMU Common Lisp)で書かれた。 Hemlockは、CMU Common LispのCommon Lisp開発環境として、コンパイラ、インタプリタと統合されているが、スタンドアロンのエディタとして利用することも可能である。なお、CMU Common Lispでは、開発環境としてGNU Emacsと連携することも可能だが、より密な連携がHemlockでは可能である。しかし、エディタ拡張や編集機能等はGNU Emacsに比して少ない。 Hemlockの特徴の一つとして、Lispの関数名と対話コマンド名の分離がある。これはオリジナルのMIT系Lispマシンのエディタであるや由来のより自然言語に近いスタイルを継承している。 Hemlockは、ターミナル表示、CLXライブラリを利用したX11上の表示が可能である。 Hemlockの派生: * のmacOS版開発環境は、Cocoa上のHemlockのコードをベースにしたエディタを持つ。 * LispWorksのエディタは初期バージョンのHemlockをベースにしている。 Windows、macOS, X11/Motif、Gtk+とマルチプラットフォーム対応であり、また、LispWorksだけでなく、Liquid Common Lisp上でも稼動する。 * Lucid Common Lisp の提供していたHelixエディタはHemlockをベースにしていた。 * Portable Hemlockは、様々なCommon Lispで稼動するポータブルなHemlockの派生である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4355636 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2473 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88764143 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Hemlock は、POSIX準拠のUnixシステム用の自由ソフトのEmacs系テキストエディタである。Lispマシン用エディタであるや、ITS/TOPS-20用のEmacs実装の流れを汲むが、XEmacsやGNU Emacsとは異なり、Emacs LispとCとの組み合わせでの実装ではなく、Common Lispで実装され、Emacs系エディタとして機能拡張がなされてきた。 Hemlockは当初、PERQコンピューター用にSpice Lisp(後のCMU Common Lisp)で書かれた。 Hemlockは、CMU Common LispのCommon Lisp開発環境として、コンパイラ、インタプリタと統合されているが、スタンドアロンのエディタとして利用することも可能である。なお、CMU Common Lispでは、開発環境としてGNU Emacsと連携することも可能だが、より密な連携がHemlockでは可能である。しかし、エディタ拡張や編集機能等はGNU Emacsに比して少ない。 Hemlockの特徴の一つとして、Lispの関数名と対話コマンド名の分離がある。これはオリジナルのMIT系Lispマシンのエディタであるや由来のより自然言語に近いスタイルを継承している。 Hemlockは、ターミナル表示、CLXライブラリを利用したX11上の表示が可能である。 Hemlockの派生: (ja)
  • Hemlock は、POSIX準拠のUnixシステム用の自由ソフトのEmacs系テキストエディタである。Lispマシン用エディタであるや、ITS/TOPS-20用のEmacs実装の流れを汲むが、XEmacsやGNU Emacsとは異なり、Emacs LispとCとの組み合わせでの実装ではなく、Common Lispで実装され、Emacs系エディタとして機能拡張がなされてきた。 Hemlockは当初、PERQコンピューター用にSpice Lisp(後のCMU Common Lisp)で書かれた。 Hemlockは、CMU Common LispのCommon Lisp開発環境として、コンパイラ、インタプリタと統合されているが、スタンドアロンのエディタとして利用することも可能である。なお、CMU Common Lispでは、開発環境としてGNU Emacsと連携することも可能だが、より密な連携がHemlockでは可能である。しかし、エディタ拡張や編集機能等はGNU Emacsに比して少ない。 Hemlockの特徴の一つとして、Lispの関数名と対話コマンド名の分離がある。これはオリジナルのMIT系Lispマシンのエディタであるや由来のより自然言語に近いスタイルを継承している。 Hemlockは、ターミナル表示、CLXライブラリを利用したX11上の表示が可能である。 Hemlockの派生: (ja)
rdfs:label
  • Hemlock (ja)
  • Hemlock (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of