Gpg4winは、公開鍵暗号 (OpenPGPとS/MIME)に基づく電子メール、ファイルの暗号化・署名のためのソフトウェアのインストールパッケージである。ドイツBSIが開発を支援している。Gpg4winそのものとそのすべてのツールはFLOSSである。 Gpg4winの目的は、暗号化ソフトウェアであるGNU Privacy Guard (GnuPG) と関連するツール、文書のMicrosoft Windows向けのインストーラを提供することである(GnuPGの配布元であるgnupg.orgでは、ソースコードのみを提供しておりWindows向けのバイナリは提供していない)。特に、マニュアルである Gpg4win for Novices はドイツ語版をオリジナルとする翻訳として始まり、Gpg4winの一部として維持されている。パッケージには、他にもドイツ語のドキュメントが同梱されている。 ビルドシステムである"Gpg4win-Builder"は、更新された、あるいはカスタムされたコンポーネントからgpg4win.exeを容易に作成することができるようになっている。Debian上で動作が検証され、他の環境でも同様に動作する。ほとんどのツールはクロスコンパイラによってWindows向けのバイナリが作成される。

Property Value
dbo:abstract
  • Gpg4winは、公開鍵暗号 (OpenPGPとS/MIME)に基づく電子メール、ファイルの暗号化・署名のためのソフトウェアのインストールパッケージである。ドイツBSIが開発を支援している。Gpg4winそのものとそのすべてのツールはFLOSSである。 Gpg4winの目的は、暗号化ソフトウェアであるGNU Privacy Guard (GnuPG) と関連するツール、文書のMicrosoft Windows向けのインストーラを提供することである(GnuPGの配布元であるgnupg.orgでは、ソースコードのみを提供しておりWindows向けのバイナリは提供していない)。特に、マニュアルである Gpg4win for Novices はドイツ語版をオリジナルとする翻訳として始まり、Gpg4winの一部として維持されている。パッケージには、他にもドイツ語のドキュメントが同梱されている。 ビルドシステムである"Gpg4win-Builder"は、更新された、あるいはカスタムされたコンポーネントからgpg4win.exeを容易に作成することができるようになっている。Debian上で動作が検証され、他の環境でも同様に動作する。ほとんどのツールはクロスコンパイラによってWindows向けのバイナリが作成される。 (ja)
  • Gpg4winは、公開鍵暗号 (OpenPGPとS/MIME)に基づく電子メール、ファイルの暗号化・署名のためのソフトウェアのインストールパッケージである。ドイツBSIが開発を支援している。Gpg4winそのものとそのすべてのツールはFLOSSである。 Gpg4winの目的は、暗号化ソフトウェアであるGNU Privacy Guard (GnuPG) と関連するツール、文書のMicrosoft Windows向けのインストーラを提供することである(GnuPGの配布元であるgnupg.orgでは、ソースコードのみを提供しておりWindows向けのバイナリは提供していない)。特に、マニュアルである Gpg4win for Novices はドイツ語版をオリジナルとする翻訳として始まり、Gpg4winの一部として維持されている。パッケージには、他にもドイツ語のドキュメントが同梱されている。 ビルドシステムである"Gpg4win-Builder"は、更新された、あるいはカスタムされたコンポーネントからgpg4win.exeを容易に作成することができるようになっている。Debian上で動作が検証され、他の環境でも同様に動作する。ほとんどのツールはクロスコンパイラによってWindows向けのバイナリが作成される。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:latestReleaseVersion
  • 4.0.3
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2787042 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2249 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 90502480 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
  • Intevation GmbH及び、g10 Code GmbH  (ja)
  • Intevation GmbH及び、g10 Code GmbH  (ja)
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
  • 暗号化ソフトウェア (ja)
  • 暗号化ソフトウェア (ja)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • Gpg4win (ja)
  • Gpg4win (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:最新版
  • 4 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Gpg4winは、公開鍵暗号 (OpenPGPとS/MIME)に基づく電子メール、ファイルの暗号化・署名のためのソフトウェアのインストールパッケージである。ドイツBSIが開発を支援している。Gpg4winそのものとそのすべてのツールはFLOSSである。 Gpg4winの目的は、暗号化ソフトウェアであるGNU Privacy Guard (GnuPG) と関連するツール、文書のMicrosoft Windows向けのインストーラを提供することである(GnuPGの配布元であるgnupg.orgでは、ソースコードのみを提供しておりWindows向けのバイナリは提供していない)。特に、マニュアルである Gpg4win for Novices はドイツ語版をオリジナルとする翻訳として始まり、Gpg4winの一部として維持されている。パッケージには、他にもドイツ語のドキュメントが同梱されている。 ビルドシステムである"Gpg4win-Builder"は、更新された、あるいはカスタムされたコンポーネントからgpg4win.exeを容易に作成することができるようになっている。Debian上で動作が検証され、他の環境でも同様に動作する。ほとんどのツールはクロスコンパイラによってWindows向けのバイナリが作成される。 (ja)
  • Gpg4winは、公開鍵暗号 (OpenPGPとS/MIME)に基づく電子メール、ファイルの暗号化・署名のためのソフトウェアのインストールパッケージである。ドイツBSIが開発を支援している。Gpg4winそのものとそのすべてのツールはFLOSSである。 Gpg4winの目的は、暗号化ソフトウェアであるGNU Privacy Guard (GnuPG) と関連するツール、文書のMicrosoft Windows向けのインストーラを提供することである(GnuPGの配布元であるgnupg.orgでは、ソースコードのみを提供しておりWindows向けのバイナリは提供していない)。特に、マニュアルである Gpg4win for Novices はドイツ語版をオリジナルとする翻訳として始まり、Gpg4winの一部として維持されている。パッケージには、他にもドイツ語のドキュメントが同梱されている。 ビルドシステムである"Gpg4win-Builder"は、更新された、あるいはカスタムされたコンポーネントからgpg4win.exeを容易に作成することができるようになっている。Debian上で動作が検証され、他の環境でも同様に動作する。ほとんどのツールはクロスコンパイラによってWindows向けのバイナリが作成される。 (ja)
rdfs:label
  • Gpg4win (ja)
  • Gpg4win (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Gpg4win (ja)
  • Gpg4win (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of