Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した。(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。 に対応し、60fpsの4K解像度でコンピュータゲームを全世界の自社データセンターを介してプレイヤーに配信する。同社のウェブブラウザであるGoogle Chromeを使ってアクセスできる。YouTubeの活用や、「state share」(ステート共有)機能でStadiaの閲覧者がストリーミング配信者と同じセーブステートでゲームを立ち上げることが可能で、このサービスのとされている。USBコントローラーを使用することができるが、Googleはデータセンターに直接リンクするためのWi-Fiを搭載した独自のサービス対応コントローラーを開発している。このサービスは「Project Stream」として開発が進められ、2018年10月にアサシン クリード オデッセイをプレイできるクローズドベータ版が登場。直接競合するサービスにソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation Now、マイクロソフトのProject xCloudがある。

Property Value
dbo:abstract
  • Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した。(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。 に対応し、60fpsの4K解像度でコンピュータゲームを全世界の自社データセンターを介してプレイヤーに配信する。同社のウェブブラウザであるGoogle Chromeを使ってアクセスできる。YouTubeの活用や、「state share」(ステート共有)機能でStadiaの閲覧者がストリーミング配信者と同じセーブステートでゲームを立ち上げることが可能で、このサービスのとされている。USBコントローラーを使用することができるが、Googleはデータセンターに直接リンクするためのWi-Fiを搭載した独自のサービス対応コントローラーを開発している。このサービスは「Project Stream」として開発が進められ、2018年10月にアサシン クリード オデッセイをプレイできるクローズドベータ版が登場。直接競合するサービスにソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation Now、マイクロソフトのProject xCloudがある。 (ja)
  • Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した。(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。 に対応し、60fpsの4K解像度でコンピュータゲームを全世界の自社データセンターを介してプレイヤーに配信する。同社のウェブブラウザであるGoogle Chromeを使ってアクセスできる。YouTubeの活用や、「state share」(ステート共有)機能でStadiaの閲覧者がストリーミング配信者と同じセーブステートでゲームを立ち上げることが可能で、このサービスのとされている。USBコントローラーを使用することができるが、Googleはデータセンターに直接リンクするためのWi-Fiを搭載した独自のサービス対応コントローラーを開発している。このサービスは「Project Stream」として開発が進められ、2018年10月にアサシン クリード オデッセイをプレイできるクローズドベータ版が登場。直接競合するサービスにソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation Now、マイクロソフトのProject xCloudがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3920928 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15054 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79654889 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
prop-ja:imageAlt
  • Wordmark for Stadia (ja)
  • Wordmark for Stadia (ja)
prop-ja:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:launched
  • --11-19
prop-ja:logo
  • Stadia logo.svg (ja)
  • Stadia logo.svg (ja)
prop-ja:logoAlt
  • Logo for Stadia (ja)
  • Logo for Stadia (ja)
prop-ja:name
  • Stadia (ja)
  • Stadia (ja)
prop-ja:platform
prop-ja:type
  • 登録制ゲームサービス (ja)
  • 登録制ゲームサービス (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した。(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。 に対応し、60fpsの4K解像度でコンピュータゲームを全世界の自社データセンターを介してプレイヤーに配信する。同社のウェブブラウザであるGoogle Chromeを使ってアクセスできる。YouTubeの活用や、「state share」(ステート共有)機能でStadiaの閲覧者がストリーミング配信者と同じセーブステートでゲームを立ち上げることが可能で、このサービスのとされている。USBコントローラーを使用することができるが、Googleはデータセンターに直接リンクするためのWi-Fiを搭載した独自のサービス対応コントローラーを開発している。このサービスは「Project Stream」として開発が進められ、2018年10月にアサシン クリード オデッセイをプレイできるクローズドベータ版が登場。直接競合するサービスにソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation Now、マイクロソフトのProject xCloudがある。 (ja)
  • Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した。(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。 に対応し、60fpsの4K解像度でコンピュータゲームを全世界の自社データセンターを介してプレイヤーに配信する。同社のウェブブラウザであるGoogle Chromeを使ってアクセスできる。YouTubeの活用や、「state share」(ステート共有)機能でStadiaの閲覧者がストリーミング配信者と同じセーブステートでゲームを立ち上げることが可能で、このサービスのとされている。USBコントローラーを使用することができるが、Googleはデータセンターに直接リンクするためのWi-Fiを搭載した独自のサービス対応コントローラーを開発している。このサービスは「Project Stream」として開発が進められ、2018年10月にアサシン クリード オデッセイをプレイできるクローズドベータ版が登場。直接競合するサービスにソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation Now、マイクロソフトのProject xCloudがある。 (ja)
rdfs:label
  • Google Stadia (ja)
  • Google Stadia (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:plat of
is prop-ja:platforms of
is prop-ja:対応プラットフォーム of
is foaf:primaryTopic of