GnuTLS(GNU Transport Layer Security; グヌーティーエルエス)はSSL/TLSとDTLSプロトコルのフリーなライブラリー実装のひとつである。アプリケーションがネットワーク通信層を越えて安全な通信プロトコルを利用できるようAPIを提供することを目的とする。GnuTLSには以下の機能がある 。 * SSL 3.0、TLS (1.0, 1.1, 1.2, 1.3)、DTLS (1.0, 1.2) プロトコルのサポート * DANE * OCSP * RSA暗号、楕円曲線暗号を含む公開鍵アルゴリズム * : TLS認証における (Secure remote password、SRP) * : TLS認証における (Pre-shared key、PSK) * AES、Camelliaを含む共通鍵アルゴリズム * /dev/cryptoを経由した暗号アクセラレータ * スマートカードを含む暗号トークン * TLS Extension * TLS Compression * X.509とOpenPGPの公開鍵証明書の取扱い * 証明書のパス検証 当初はその名の通りGNUプロジェクトの一環として開発されていたが、2012年末にGNU傘下から離脱しGNUから独立して開発が行われることになった。

Property Value
dbo:abstract
  • GnuTLS(GNU Transport Layer Security; グヌーティーエルエス)はSSL/TLSとDTLSプロトコルのフリーなライブラリー実装のひとつである。アプリケーションがネットワーク通信層を越えて安全な通信プロトコルを利用できるようAPIを提供することを目的とする。GnuTLSには以下の機能がある 。 * SSL 3.0、TLS (1.0, 1.1, 1.2, 1.3)、DTLS (1.0, 1.2) プロトコルのサポート * DANE * OCSP * RSA暗号、楕円曲線暗号を含む公開鍵アルゴリズム * : TLS認証における (Secure remote password、SRP) * : TLS認証における (Pre-shared key、PSK) * AES、Camelliaを含む共通鍵アルゴリズム * /dev/cryptoを経由した暗号アクセラレータ * スマートカードを含む暗号トークン * TLS Extension * TLS Compression * X.509とOpenPGPの公開鍵証明書の取扱い * 証明書のパス検証 当初はその名の通りGNUプロジェクトの一環として開発されていたが、2012年末にGNU傘下から離脱しGNUから独立して開発が行われることになった。 GnuTLSはGNU LGPLのライセンス下にあるが、いくつかの部分は GPLのライセンスを受けている。 GnuTLSはTLSのようなプロトコルをGNUプロジェクトのアプリケーションで扱えるようにすることを目的として作成された。既にOpenSSLは開発されていたが、OpenSSLのライセンスはGPLに対し非互換であるため、GPLの下にあるソフトウェアはOpenSSLを使えなかった。 GnuTLSはGNOMEや、、Exim、Mutt、Slrn、Lynx、CUPSで用いられている。 (ja)
  • GnuTLS(GNU Transport Layer Security; グヌーティーエルエス)はSSL/TLSとDTLSプロトコルのフリーなライブラリー実装のひとつである。アプリケーションがネットワーク通信層を越えて安全な通信プロトコルを利用できるようAPIを提供することを目的とする。GnuTLSには以下の機能がある 。 * SSL 3.0、TLS (1.0, 1.1, 1.2, 1.3)、DTLS (1.0, 1.2) プロトコルのサポート * DANE * OCSP * RSA暗号、楕円曲線暗号を含む公開鍵アルゴリズム * : TLS認証における (Secure remote password、SRP) * : TLS認証における (Pre-shared key、PSK) * AES、Camelliaを含む共通鍵アルゴリズム * /dev/cryptoを経由した暗号アクセラレータ * スマートカードを含む暗号トークン * TLS Extension * TLS Compression * X.509とOpenPGPの公開鍵証明書の取扱い * 証明書のパス検証 当初はその名の通りGNUプロジェクトの一環として開発されていたが、2012年末にGNU傘下から離脱しGNUから独立して開発が行われることになった。 GnuTLSはGNU LGPLのライセンス下にあるが、いくつかの部分は GPLのライセンスを受けている。 GnuTLSはTLSのようなプロトコルをGNUプロジェクトのアプリケーションで扱えるようにすることを目的として作成された。既にOpenSSLは開発されていたが、OpenSSLのライセンスはGPLに対し非互換であるため、GPLの下にあるソフトウェアはOpenSSLを使えなかった。 GnuTLSはGNOMEや、、Exim、Mutt、Slrn、Lynx、CUPSで用いられている。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1429778 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2904 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80337471 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:developer
  • Nikos Mavrogiannopoulos, Simon Josefssonら (ja)
  • Nikos Mavrogiannopoulos, Simon Josefssonら (ja)
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
  • セキュリティライブラリ (ja)
  • セキュリティライブラリ (ja)
prop-ja:language
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:license
  • LGPL 2.1+ (ja)
  • LGPL 2.1+ (ja)
prop-ja:logo
  • GNUTLS-logo.svg (ja)
  • GNUTLS-logo.svg (ja)
prop-ja:name
  • GnuTLS (ja)
  • GnuTLS (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:status
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GnuTLS(GNU Transport Layer Security; グヌーティーエルエス)はSSL/TLSとDTLSプロトコルのフリーなライブラリー実装のひとつである。アプリケーションがネットワーク通信層を越えて安全な通信プロトコルを利用できるようAPIを提供することを目的とする。GnuTLSには以下の機能がある 。 * SSL 3.0、TLS (1.0, 1.1, 1.2, 1.3)、DTLS (1.0, 1.2) プロトコルのサポート * DANE * OCSP * RSA暗号、楕円曲線暗号を含む公開鍵アルゴリズム * : TLS認証における (Secure remote password、SRP) * : TLS認証における (Pre-shared key、PSK) * AES、Camelliaを含む共通鍵アルゴリズム * /dev/cryptoを経由した暗号アクセラレータ * スマートカードを含む暗号トークン * TLS Extension * TLS Compression * X.509とOpenPGPの公開鍵証明書の取扱い * 証明書のパス検証 当初はその名の通りGNUプロジェクトの一環として開発されていたが、2012年末にGNU傘下から離脱しGNUから独立して開発が行われることになった。 (ja)
  • GnuTLS(GNU Transport Layer Security; グヌーティーエルエス)はSSL/TLSとDTLSプロトコルのフリーなライブラリー実装のひとつである。アプリケーションがネットワーク通信層を越えて安全な通信プロトコルを利用できるようAPIを提供することを目的とする。GnuTLSには以下の機能がある 。 * SSL 3.0、TLS (1.0, 1.1, 1.2, 1.3)、DTLS (1.0, 1.2) プロトコルのサポート * DANE * OCSP * RSA暗号、楕円曲線暗号を含む公開鍵アルゴリズム * : TLS認証における (Secure remote password、SRP) * : TLS認証における (Pre-shared key、PSK) * AES、Camelliaを含む共通鍵アルゴリズム * /dev/cryptoを経由した暗号アクセラレータ * スマートカードを含む暗号トークン * TLS Extension * TLS Compression * X.509とOpenPGPの公開鍵証明書の取扱い * 証明書のパス検証 当初はその名の通りGNUプロジェクトの一環として開発されていたが、2012年末にGNU傘下から離脱しGNUから独立して開発が行われることになった。 (ja)
rdfs:label
  • GnuTLS (ja)
  • GnuTLS (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • GnuTLS (ja)
  • (ja)
  • GnuTLS (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of