GRB 970228は、初めてアフターグローが観測されたガンマ線バーストである。1997年2月28日2時58分(UTC)に発見された。1993年以降、ガンマ線バーストの後に低いエネルギー(電波、X線、可視光等)のアフターグローが続くことは予測されていたが、GRB 970228の出現まで、ガンマ線バーストは高エネルギーのガンマ線による高光度のバーストとしてのみ観測されていた。 このバーストは、光度曲線に複数のピークを持ち、約80秒間続いた。GRB 970228の光度曲線の特性は、超新星が同時に発生していることを示唆していた。バーストが発生した地点は、赤方偏移がz=0.695となる81億光年かなたの銀河であり、ガンマ線バーストが銀河系以外でも発生しているという証拠にもなった。

Property Value
dbo:abstract
  • GRB 970228は、初めてアフターグローが観測されたガンマ線バーストである。1997年2月28日2時58分(UTC)に発見された。1993年以降、ガンマ線バーストの後に低いエネルギー(電波、X線、可視光等)のアフターグローが続くことは予測されていたが、GRB 970228の出現まで、ガンマ線バーストは高エネルギーのガンマ線による高光度のバーストとしてのみ観測されていた。 このバーストは、光度曲線に複数のピークを持ち、約80秒間続いた。GRB 970228の光度曲線の特性は、超新星が同時に発生していることを示唆していた。バーストが発生した地点は、赤方偏移がz=0.695となる81億光年かなたの銀河であり、ガンマ線バーストが銀河系以外でも発生しているという証拠にもなった。 (ja)
  • GRB 970228は、初めてアフターグローが観測されたガンマ線バーストである。1997年2月28日2時58分(UTC)に発見された。1993年以降、ガンマ線バーストの後に低いエネルギー(電波、X線、可視光等)のアフターグローが続くことは予測されていたが、GRB 970228の出現まで、ガンマ線バーストは高エネルギーのガンマ線による高光度のバーストとしてのみ観測されていた。 このバーストは、光度曲線に複数のピークを持ち、約80秒間続いた。GRB 970228の光度曲線の特性は、超新星が同時に発生していることを示唆していた。バーストが発生した地点は、赤方偏移がz=0.695となる81億光年かなたの銀河であり、ガンマ線バーストが銀河系以外でも発生しているという証拠にもなった。 (ja)
dbo:colour
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2621666 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14106 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 84993483 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:colwidth
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:仮符号・別名
  • GRB 970228 (ja)
  • GRB 970228 (ja)
prop-ja:元期
prop-ja:分類
  • ガンマ線バースト (ja)
  • ガンマ線バースト (ja)
prop-ja:和名
  • GRB 970228 (ja)
  • GRB 970228 (ja)
prop-ja:星座
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • GRB 970228.jpg (ja)
  • GRB 970228.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
prop-ja:発見日
  • --02-28
prop-ja:発見者
prop-ja:
  • ガンマ線バースト (ja)
  • ガンマ線バースト (ja)
prop-ja:視線速度
  • 144982.0
prop-ja:赤方偏移
  • 0.695000 (xsd:double)
prop-ja:距離
  • 8.123000 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GRB 970228は、初めてアフターグローが観測されたガンマ線バーストである。1997年2月28日2時58分(UTC)に発見された。1993年以降、ガンマ線バーストの後に低いエネルギー(電波、X線、可視光等)のアフターグローが続くことは予測されていたが、GRB 970228の出現まで、ガンマ線バーストは高エネルギーのガンマ線による高光度のバーストとしてのみ観測されていた。 このバーストは、光度曲線に複数のピークを持ち、約80秒間続いた。GRB 970228の光度曲線の特性は、超新星が同時に発生していることを示唆していた。バーストが発生した地点は、赤方偏移がz=0.695となる81億光年かなたの銀河であり、ガンマ線バーストが銀河系以外でも発生しているという証拠にもなった。 (ja)
  • GRB 970228は、初めてアフターグローが観測されたガンマ線バーストである。1997年2月28日2時58分(UTC)に発見された。1993年以降、ガンマ線バーストの後に低いエネルギー(電波、X線、可視光等)のアフターグローが続くことは予測されていたが、GRB 970228の出現まで、ガンマ線バーストは高エネルギーのガンマ線による高光度のバーストとしてのみ観測されていた。 このバーストは、光度曲線に複数のピークを持ち、約80秒間続いた。GRB 970228の光度曲線の特性は、超新星が同時に発生していることを示唆していた。バーストが発生した地点は、赤方偏移がz=0.695となる81億光年かなたの銀河であり、ガンマ線バーストが銀河系以外でも発生しているという証拠にもなった。 (ja)
rdfs:label
  • GRB 970228 (ja)
  • GRB 970228 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of