GRASS GIS(正式名称:Geographic Resources Analysis Support System Geographical Information System)は、ラスターイメージや位相空間ベクトル、画像処理などを行うフリーのオープンソースGISソフトウェアである。 GNU General Public Licenseで提供されており、Mac OS XやMicrosoft Windows、Linuxを含むプラットフォームに対応している。また、GUIを通じてQGIS等の他のソフトウェアに接続し利用することができる。 Ver 6においてベクトルネットワーク解析機能や2D/3Dの位相空間エンジンの新機能が追加された。MySQLやPostgreSQL、PostGIS、SQLiteなどのデータベースファイルか、DBASEファイルによりデータが管理される。これにより3Dのベクタ形式やボクセルの量が視覚化可能になった。他のGISソフトウェアとの相互運用性があるGDALライブラリの利用により大容量のラスターグラフィックスやベクターフォーマットに対応している。

Property Value
dbo:abstract
  • GRASS GIS(正式名称:Geographic Resources Analysis Support System Geographical Information System)は、ラスターイメージや位相空間ベクトル、画像処理などを行うフリーのオープンソースGISソフトウェアである。 GNU General Public Licenseで提供されており、Mac OS XやMicrosoft Windows、Linuxを含むプラットフォームに対応している。また、GUIを通じてQGIS等の他のソフトウェアに接続し利用することができる。 Ver 6においてベクトルネットワーク解析機能や2D/3Dの位相空間エンジンの新機能が追加された。MySQLやPostgreSQL、PostGIS、SQLiteなどのデータベースファイルか、DBASEファイルによりデータが管理される。これにより3Dのベクタ形式やボクセルの量が視覚化可能になった。他のGISソフトウェアとの相互運用性があるGDALライブラリの利用により大容量のラスターグラフィックスやベクターフォーマットに対応している。 (ja)
  • GRASS GIS(正式名称:Geographic Resources Analysis Support System Geographical Information System)は、ラスターイメージや位相空間ベクトル、画像処理などを行うフリーのオープンソースGISソフトウェアである。 GNU General Public Licenseで提供されており、Mac OS XやMicrosoft Windows、Linuxを含むプラットフォームに対応している。また、GUIを通じてQGIS等の他のソフトウェアに接続し利用することができる。 Ver 6においてベクトルネットワーク解析機能や2D/3Dの位相空間エンジンの新機能が追加された。MySQLやPostgreSQL、PostGIS、SQLiteなどのデータベースファイルか、DBASEファイルによりデータが管理される。これにより3Dのベクタ形式やボクセルの量が視覚化可能になった。他のGISソフトウェアとの相互運用性があるGDALライブラリの利用により大容量のラスターグラフィックスやベクターフォーマットに対応している。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:wikiPageID
  • 2775497 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2340 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80711340 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • GRASS graphical user interface (ja)
  • GRASS graphical user interface (ja)
prop-ja:developer
  • GRASS Development Team (ja)
  • GRASS Development Team (ja)
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • GRASS GIS (ja)
  • GRASS GIS (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:screenshot
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:status
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GRASS GIS(正式名称:Geographic Resources Analysis Support System Geographical Information System)は、ラスターイメージや位相空間ベクトル、画像処理などを行うフリーのオープンソースGISソフトウェアである。 GNU General Public Licenseで提供されており、Mac OS XやMicrosoft Windows、Linuxを含むプラットフォームに対応している。また、GUIを通じてQGIS等の他のソフトウェアに接続し利用することができる。 Ver 6においてベクトルネットワーク解析機能や2D/3Dの位相空間エンジンの新機能が追加された。MySQLやPostgreSQL、PostGIS、SQLiteなどのデータベースファイルか、DBASEファイルによりデータが管理される。これにより3Dのベクタ形式やボクセルの量が視覚化可能になった。他のGISソフトウェアとの相互運用性があるGDALライブラリの利用により大容量のラスターグラフィックスやベクターフォーマットに対応している。 (ja)
  • GRASS GIS(正式名称:Geographic Resources Analysis Support System Geographical Information System)は、ラスターイメージや位相空間ベクトル、画像処理などを行うフリーのオープンソースGISソフトウェアである。 GNU General Public Licenseで提供されており、Mac OS XやMicrosoft Windows、Linuxを含むプラットフォームに対応している。また、GUIを通じてQGIS等の他のソフトウェアに接続し利用することができる。 Ver 6においてベクトルネットワーク解析機能や2D/3Dの位相空間エンジンの新機能が追加された。MySQLやPostgreSQL、PostGIS、SQLiteなどのデータベースファイルか、DBASEファイルによりデータが管理される。これにより3Dのベクタ形式やボクセルの量が視覚化可能になった。他のGISソフトウェアとの相互運用性があるGDALライブラリの利用により大容量のラスターグラフィックスやベクターフォーマットに対応している。 (ja)
rdfs:label
  • GRASS GIS (ja)
  • GRASS GIS (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • GRASS GIS (ja)
  • GRASS GIS (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of