gPhoto2(ジーフォト2)は、LinuxもしくはUnix系のシステムにおいてデジタル写真を処理することができるアプリケーションソフトウェアである。画像をカメラ器具から転送するだけでなく、カメラによってはアップロード、リモートコントロール、キャプチャ等の機能も使うことが出来る。gPhoto2は単なるコマンドラインインターフェイスであるため、起動にはライブラリのlibgphoto2を呼び出す必要がある。

Property Value
dbo:abstract
  • gPhoto2(ジーフォト2)は、LinuxもしくはUnix系のシステムにおいてデジタル写真を処理することができるアプリケーションソフトウェアである。画像をカメラ器具から転送するだけでなく、カメラによってはアップロード、リモートコントロール、キャプチャ等の機能も使うことが出来る。gPhoto2は単なるコマンドラインインターフェイスであるため、起動にはライブラリのlibgphoto2を呼び出す必要がある。 (ja)
  • gPhoto2(ジーフォト2)は、LinuxもしくはUnix系のシステムにおいてデジタル写真を処理することができるアプリケーションソフトウェアである。画像をカメラ器具から転送するだけでなく、カメラによってはアップロード、リモートコントロール、キャプチャ等の機能も使うことが出来る。gPhoto2は単なるコマンドラインインターフェイスであるため、起動にはライブラリのlibgphoto2を呼び出す必要がある。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.5.23
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1407815 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2849 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85958401 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:caption
  • GPhoto logo (ja)
  • GPhoto logo (ja)
prop-en:genre
prop-en:latestReleaseVersion
  • 2.500000 (xsd:double)
prop-en:license
prop-en:logo
prop-en:name
  • GPhoto (ja)
  • GPhoto (ja)
prop-en:operatingSystem
prop-en:website
prop-en:wikiPageUsesTemplate
prop-en:一次資料
  • 0001-02-01 (xsd:gMonthDay)
prop-en:単一の出典
  • 0001-02-01 (xsd:gMonthDay)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • gPhoto2(ジーフォト2)は、LinuxもしくはUnix系のシステムにおいてデジタル写真を処理することができるアプリケーションソフトウェアである。画像をカメラ器具から転送するだけでなく、カメラによってはアップロード、リモートコントロール、キャプチャ等の機能も使うことが出来る。gPhoto2は単なるコマンドラインインターフェイスであるため、起動にはライブラリのlibgphoto2を呼び出す必要がある。 (ja)
  • gPhoto2(ジーフォト2)は、LinuxもしくはUnix系のシステムにおいてデジタル写真を処理することができるアプリケーションソフトウェアである。画像をカメラ器具から転送するだけでなく、カメラによってはアップロード、リモートコントロール、キャプチャ等の機能も使うことが出来る。gPhoto2は単なるコマンドラインインターフェイスであるため、起動にはライブラリのlibgphoto2を呼び出す必要がある。 (ja)
rdfs:label
  • GPhoto (ja)
  • GPhoto (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • GPhoto (ja)
  • GPhoto (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of