GNU Wget(あるいは単に Wget)はウェブサーバからコンテンツを取得するダウンローダであり、GNUプロジェクトの一部である。その名称はワールド・ワイド・ウェブ(WWW)とプログラムの主要な機能であるデータ取得を意味する英語の「get(ゲット)」から派生したものである。現在Wgetはウェブ閲覧のために用いられるTCP/IPに基づいたもっともポピュラーなプロトコルである、HTTP、HTTPS及びFTP によるダウンロードが利用可能である。 Wgetの特徴としては、再帰的ダウンロード、ローカルに取得したHTMLをオフラインで閲覧するためのリンクの変換、プロキシのサポートその他数多くの機能を挙げることができる。Wgetは1996年に、ウェブの人気の急拡大と軌を一にして登場した。その結果多くのUNIXユーザーに用いられるようになり、ほとんどの主要なLinuxディストリビューションとともに配布されるようになった。移植性の高いC言語によって書かれているため、WgetはいずれのUnix系システムにも容易にインストールできる。またmacOS、Windows、OpenVMS及びAmigaOSを含む多くの環境に移植されている。 WgetはGNOMEデスクトップにおけるやKDEデスクトップにおけるKGetのようなGUIプログラムの基礎として用いられている。Wgetはフリーソフトウェアである。

Property Value
dbo:abstract
  • GNU Wget(あるいは単に Wget)はウェブサーバからコンテンツを取得するダウンローダであり、GNUプロジェクトの一部である。その名称はワールド・ワイド・ウェブ(WWW)とプログラムの主要な機能であるデータ取得を意味する英語の「get(ゲット)」から派生したものである。現在Wgetはウェブ閲覧のために用いられるTCP/IPに基づいたもっともポピュラーなプロトコルである、HTTP、HTTPS及びFTP によるダウンロードが利用可能である。 Wgetの特徴としては、再帰的ダウンロード、ローカルに取得したHTMLをオフラインで閲覧するためのリンクの変換、プロキシのサポートその他数多くの機能を挙げることができる。Wgetは1996年に、ウェブの人気の急拡大と軌を一にして登場した。その結果多くのUNIXユーザーに用いられるようになり、ほとんどの主要なLinuxディストリビューションとともに配布されるようになった。移植性の高いC言語によって書かれているため、WgetはいずれのUnix系システムにも容易にインストールできる。またmacOS、Windows、OpenVMS及びAmigaOSを含む多くの環境に移植されている。 WgetはGNOMEデスクトップにおけるやKDEデスクトップにおけるKGetのようなGUIプログラムの基礎として用いられている。Wgetはフリーソフトウェアである。 (ja)
  • GNU Wget(あるいは単に Wget)はウェブサーバからコンテンツを取得するダウンローダであり、GNUプロジェクトの一部である。その名称はワールド・ワイド・ウェブ(WWW)とプログラムの主要な機能であるデータ取得を意味する英語の「get(ゲット)」から派生したものである。現在Wgetはウェブ閲覧のために用いられるTCP/IPに基づいたもっともポピュラーなプロトコルである、HTTP、HTTPS及びFTP によるダウンロードが利用可能である。 Wgetの特徴としては、再帰的ダウンロード、ローカルに取得したHTMLをオフラインで閲覧するためのリンクの変換、プロキシのサポートその他数多くの機能を挙げることができる。Wgetは1996年に、ウェブの人気の急拡大と軌を一にして登場した。その結果多くのUNIXユーザーに用いられるようになり、ほとんどの主要なLinuxディストリビューションとともに配布されるようになった。移植性の高いC言語によって書かれているため、WgetはいずれのUnix系システムにも容易にインストールできる。またmacOS、Windows、OpenVMS及びAmigaOSを含む多くの環境に移植されている。 WgetはGNOMEデスクトップにおけるやKDEデスクトップにおけるKGetのようなGUIプログラムの基礎として用いられている。Wgetはフリーソフトウェアである。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 1.21.2
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:publisher
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1729743 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15294 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85444967 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:スクリーンショット
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
  • GNU General Public Licensev3+ (ja)
  • GNU General Public Licensev3+ (ja)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • GNU Wget (ja)
  • GNU Wget (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:対応言語
  • アイルランド語、イギリスの英語、イタリア語、インドネシア語、ウクライナ語、英語、エストニア語、エスペラント語、オランダ語、カタルーニャ語、ガリシア語、ギリシア語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、スロバキア語、スロベニア語、セルビア語、チェコ語、中国語(台湾、中国)、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、日本語、ノルウェー語(ブークモール)、バスク語、ハンガリー語、フィンランド語、フランス語、ブルガリア語、ベトナム語、ヘブライ語、ベラルーシ語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、リトアニア語、ルーマニア語、ロシア語 (ja)
  • アイルランド語、イギリスの英語、イタリア語、インドネシア語、ウクライナ語、英語、エストニア語、エスペラント語、オランダ語、カタルーニャ語、ガリシア語、ギリシア語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、スロバキア語、スロベニア語、セルビア語、チェコ語、中国語(台湾、中国)、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、日本語、ノルウェー語(ブークモール)、バスク語、ハンガリー語、フィンランド語、フランス語、ブルガリア語、ベトナム語、ヘブライ語、ベラルーシ語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、リトアニア語、ルーマニア語、ロシア語 (ja)
prop-ja:最新版
  • 1.210000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • Ubuntu上で動くwget。本項目の英語版記事をダウンロードしている。 (ja)
  • Ubuntu上で動くwget。本項目の英語版記事をダウンロードしている。 (ja)
prop-ja:開発元
dc:description
  • Ubuntu上で動くwget。本項目の英語版記事をダウンロードしている。
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GNU Wget(あるいは単に Wget)はウェブサーバからコンテンツを取得するダウンローダであり、GNUプロジェクトの一部である。その名称はワールド・ワイド・ウェブ(WWW)とプログラムの主要な機能であるデータ取得を意味する英語の「get(ゲット)」から派生したものである。現在Wgetはウェブ閲覧のために用いられるTCP/IPに基づいたもっともポピュラーなプロトコルである、HTTP、HTTPS及びFTP によるダウンロードが利用可能である。 Wgetの特徴としては、再帰的ダウンロード、ローカルに取得したHTMLをオフラインで閲覧するためのリンクの変換、プロキシのサポートその他数多くの機能を挙げることができる。Wgetは1996年に、ウェブの人気の急拡大と軌を一にして登場した。その結果多くのUNIXユーザーに用いられるようになり、ほとんどの主要なLinuxディストリビューションとともに配布されるようになった。移植性の高いC言語によって書かれているため、WgetはいずれのUnix系システムにも容易にインストールできる。またmacOS、Windows、OpenVMS及びAmigaOSを含む多くの環境に移植されている。 WgetはGNOMEデスクトップにおけるやKDEデスクトップにおけるKGetのようなGUIプログラムの基礎として用いられている。Wgetはフリーソフトウェアである。 (ja)
  • GNU Wget(あるいは単に Wget)はウェブサーバからコンテンツを取得するダウンローダであり、GNUプロジェクトの一部である。その名称はワールド・ワイド・ウェブ(WWW)とプログラムの主要な機能であるデータ取得を意味する英語の「get(ゲット)」から派生したものである。現在Wgetはウェブ閲覧のために用いられるTCP/IPに基づいたもっともポピュラーなプロトコルである、HTTP、HTTPS及びFTP によるダウンロードが利用可能である。 Wgetの特徴としては、再帰的ダウンロード、ローカルに取得したHTMLをオフラインで閲覧するためのリンクの変換、プロキシのサポートその他数多くの機能を挙げることができる。Wgetは1996年に、ウェブの人気の急拡大と軌を一にして登場した。その結果多くのUNIXユーザーに用いられるようになり、ほとんどの主要なLinuxディストリビューションとともに配布されるようになった。移植性の高いC言語によって書かれているため、WgetはいずれのUnix系システムにも容易にインストールできる。またmacOS、Windows、OpenVMS及びAmigaOSを含む多くの環境に移植されている。 WgetはGNOMEデスクトップにおけるやKDEデスクトップにおけるKGetのようなGUIプログラムの基礎として用いられている。Wgetはフリーソフトウェアである。 (ja)
rdfs:label
  • GNU Wget (ja)
  • GNU Wget (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • GNU Wget (ja)
  • (ja)
  • GNU Wget (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of