GNU GRUB (GRand Unified Bootloader) はGNUプロジェクトにて開発されている高機能なブートローダである。グラブと読まれることが多い。 大きく分けてバージョン0.9x系のGRUB Legacyと、1.9x系のGRUB 2の2種類がある。 GRUBはのリファレンス実装でもある。Multiboot Specification(マルチブート仕様)とは、コンピュータにインストールされた複数のオペレーティングシステムを個別に起動する際にOSの選択肢をユーザーに提示したり、または、あるOSのパーティション上に存在する特定のカーネルに関する利用可能な設定を有効化する方法を提供するなどといった、マルチブートに関するクロスプラットフォームなシステムを規定する仕様である。同仕様は現在フリーソフトウェア財団 (FSF) がメンテナンスしている。

Property Value
dbo:abstract
  • GNU GRUB (GRand Unified Bootloader) はGNUプロジェクトにて開発されている高機能なブートローダである。グラブと読まれることが多い。 大きく分けてバージョン0.9x系のGRUB Legacyと、1.9x系のGRUB 2の2種類がある。 GRUBはのリファレンス実装でもある。Multiboot Specification(マルチブート仕様)とは、コンピュータにインストールされた複数のオペレーティングシステムを個別に起動する際にOSの選択肢をユーザーに提示したり、または、あるOSのパーティション上に存在する特定のカーネルに関する利用可能な設定を有効化する方法を提供するなどといった、マルチブートに関するクロスプラットフォームなシステムを規定する仕様である。同仕様は現在フリーソフトウェア財団 (FSF) がメンテナンスしている。 もともとGRUBはGrand Unified Bootloaderという名前でGNUプロジェクトとは無関係のプロジェクトにて開発されていたが、GNUオペレーティングシステムは開発中のカーネルであるGNU HurdをブートするためGRUBを利用していた。のちに主要貢献者の助言もあり、公式なGNUプロジェクトとなった。現在ではGNUのカーネルであるGNU Hurdだけではなく、主にLinuxやFreeBSDなどのUnix系OSや、Solaris x86(10 1/06 release以降)でも利用されている。 (ja)
  • GNU GRUB (GRand Unified Bootloader) はGNUプロジェクトにて開発されている高機能なブートローダである。グラブと読まれることが多い。 大きく分けてバージョン0.9x系のGRUB Legacyと、1.9x系のGRUB 2の2種類がある。 GRUBはのリファレンス実装でもある。Multiboot Specification(マルチブート仕様)とは、コンピュータにインストールされた複数のオペレーティングシステムを個別に起動する際にOSの選択肢をユーザーに提示したり、または、あるOSのパーティション上に存在する特定のカーネルに関する利用可能な設定を有効化する方法を提供するなどといった、マルチブートに関するクロスプラットフォームなシステムを規定する仕様である。同仕様は現在フリーソフトウェア財団 (FSF) がメンテナンスしている。 もともとGRUBはGrand Unified Bootloaderという名前でGNUプロジェクトとは無関係のプロジェクトにて開発されていたが、GNUオペレーティングシステムは開発中のカーネルであるGNU HurdをブートするためGRUBを利用していた。のちに主要貢献者の助言もあり、公式なGNUプロジェクトとなった。現在ではGNUのカーネルであるGNU Hurdだけではなく、主にLinuxやFreeBSDなどのUnix系OSや、Solaris x86(10 1/06 release以降)でも利用されている。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.04 (GRUB2)
  • 2.06 (GRUB2)
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 49497 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 25347 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 25348 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81005414 (xsd:integer)
  • 86697549 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:スクリーンショット
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
  • GPLv3+ (ja)
  • GPLv3+ (ja)
prop-ja:ロゴ
  • 125 (xsd:integer)
  • (ja)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • GNU GRUB (ja)
  • GNU GRUB (ja)
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 2.040000 (xsd:double)
  • 2.060000 (xsd:double)
prop-ja:最新評価版
  • 2.040000 (xsd:double)
  • 2.060000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:言語
  • 多言語対応 (ja)
  • 多言語対応 (ja)
prop-ja:説明文
  • GNU GRUB (ja)
  • GNU GRUB (ja)
prop-ja:開発元
dc:description
  • GNU GRUB
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GNU GRUB (GRand Unified Bootloader) はGNUプロジェクトにて開発されている高機能なブートローダである。グラブと読まれることが多い。 大きく分けてバージョン0.9x系のGRUB Legacyと、1.9x系のGRUB 2の2種類がある。 GRUBはのリファレンス実装でもある。Multiboot Specification(マルチブート仕様)とは、コンピュータにインストールされた複数のオペレーティングシステムを個別に起動する際にOSの選択肢をユーザーに提示したり、または、あるOSのパーティション上に存在する特定のカーネルに関する利用可能な設定を有効化する方法を提供するなどといった、マルチブートに関するクロスプラットフォームなシステムを規定する仕様である。同仕様は現在フリーソフトウェア財団 (FSF) がメンテナンスしている。 (ja)
  • GNU GRUB (GRand Unified Bootloader) はGNUプロジェクトにて開発されている高機能なブートローダである。グラブと読まれることが多い。 大きく分けてバージョン0.9x系のGRUB Legacyと、1.9x系のGRUB 2の2種類がある。 GRUBはのリファレンス実装でもある。Multiboot Specification(マルチブート仕様)とは、コンピュータにインストールされた複数のオペレーティングシステムを個別に起動する際にOSの選択肢をユーザーに提示したり、または、あるOSのパーティション上に存在する特定のカーネルに関する利用可能な設定を有効化する方法を提供するなどといった、マルチブートに関するクロスプラットフォームなシステムを規定する仕様である。同仕様は現在フリーソフトウェア財団 (FSF) がメンテナンスしている。 (ja)
rdfs:label
  • GNU GRUB (ja)
  • GNU GRUB (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • GNU GRUB (ja)
  • GNU GRUB (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of