FlexRay(フレックスレイ)とは、FlexRay Consortiumによって開発された、自動車などの車載ネットワーク(車載LAN)の通信プロトコル(ビークルバス)の1つである。 車載通信ネットワークとしては最も普及しているController Area Network(CAN)とは異なる要求に答えるものとして2000年頃から欧州の自動車メーカーを中心に策定作業が本格化し、2004年には日本の自動車メーカー数社も日本側からの要望を取り入れた規格策定の動きをはじめた。欧州製の高級自動車では最新の2.1a規格に沿った車載LAN製品の採用が始まっている。FlexRayコンソーシアムは2009年に廃止されたが、FlexRay標準は現在、ISO標準 17458-1 - 17458-5となっている。 CANや(TTP)よりも性能や機能を大きく上回る規格として、高速で信頼性が高くなるように設計されたため、コストが高い。日本の自動車メーカーではよりCANに近い新たなバージョンである3.0(仮称)の規格制定に動いている。 名称はFlexible Ray(柔軟な光線)転じてFlexRayとなっているが、2009年現在においては電気による通信のみが実用化されている。

Property Value
dbo:abstract
  • FlexRay(フレックスレイ)とは、FlexRay Consortiumによって開発された、自動車などの車載ネットワーク(車載LAN)の通信プロトコル(ビークルバス)の1つである。 車載通信ネットワークとしては最も普及しているController Area Network(CAN)とは異なる要求に答えるものとして2000年頃から欧州の自動車メーカーを中心に策定作業が本格化し、2004年には日本の自動車メーカー数社も日本側からの要望を取り入れた規格策定の動きをはじめた。欧州製の高級自動車では最新の2.1a規格に沿った車載LAN製品の採用が始まっている。FlexRayコンソーシアムは2009年に廃止されたが、FlexRay標準は現在、ISO標準 17458-1 - 17458-5となっている。 CANや(TTP)よりも性能や機能を大きく上回る規格として、高速で信頼性が高くなるように設計されたため、コストが高い。日本の自動車メーカーではよりCANに近い新たなバージョンである3.0(仮称)の規格制定に動いている。 名称はFlexible Ray(柔軟な光線)転じてFlexRayとなっているが、2009年現在においては電気による通信のみが実用化されている。 (ja)
  • FlexRay(フレックスレイ)とは、FlexRay Consortiumによって開発された、自動車などの車載ネットワーク(車載LAN)の通信プロトコル(ビークルバス)の1つである。 車載通信ネットワークとしては最も普及しているController Area Network(CAN)とは異なる要求に答えるものとして2000年頃から欧州の自動車メーカーを中心に策定作業が本格化し、2004年には日本の自動車メーカー数社も日本側からの要望を取り入れた規格策定の動きをはじめた。欧州製の高級自動車では最新の2.1a規格に沿った車載LAN製品の採用が始まっている。FlexRayコンソーシアムは2009年に廃止されたが、FlexRay標準は現在、ISO標準 17458-1 - 17458-5となっている。 CANや(TTP)よりも性能や機能を大きく上回る規格として、高速で信頼性が高くなるように設計されたため、コストが高い。日本の自動車メーカーではよりCANに近い新たなバージョンである3.0(仮称)の規格制定に動いている。 名称はFlexible Ray(柔軟な光線)転じてFlexRayとなっているが、2009年現在においては電気による通信のみが実用化されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1804271 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15500 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 15539 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79377697 (xsd:integer)
  • 84630068 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2017 (xsd:integer)
  • 20121025131337 (xsd:decimal)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • FlexRay Consortium (ja)
  • FlexRay Consortium (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:参照方法
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:更新
  • 2017 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • FlexRay(フレックスレイ)とは、FlexRay Consortiumによって開発された、自動車などの車載ネットワーク(車載LAN)の通信プロトコル(ビークルバス)の1つである。 車載通信ネットワークとしては最も普及しているController Area Network(CAN)とは異なる要求に答えるものとして2000年頃から欧州の自動車メーカーを中心に策定作業が本格化し、2004年には日本の自動車メーカー数社も日本側からの要望を取り入れた規格策定の動きをはじめた。欧州製の高級自動車では最新の2.1a規格に沿った車載LAN製品の採用が始まっている。FlexRayコンソーシアムは2009年に廃止されたが、FlexRay標準は現在、ISO標準 17458-1 - 17458-5となっている。 CANや(TTP)よりも性能や機能を大きく上回る規格として、高速で信頼性が高くなるように設計されたため、コストが高い。日本の自動車メーカーではよりCANに近い新たなバージョンである3.0(仮称)の規格制定に動いている。 名称はFlexible Ray(柔軟な光線)転じてFlexRayとなっているが、2009年現在においては電気による通信のみが実用化されている。 (ja)
  • FlexRay(フレックスレイ)とは、FlexRay Consortiumによって開発された、自動車などの車載ネットワーク(車載LAN)の通信プロトコル(ビークルバス)の1つである。 車載通信ネットワークとしては最も普及しているController Area Network(CAN)とは異なる要求に答えるものとして2000年頃から欧州の自動車メーカーを中心に策定作業が本格化し、2004年には日本の自動車メーカー数社も日本側からの要望を取り入れた規格策定の動きをはじめた。欧州製の高級自動車では最新の2.1a規格に沿った車載LAN製品の採用が始まっている。FlexRayコンソーシアムは2009年に廃止されたが、FlexRay標準は現在、ISO標準 17458-1 - 17458-5となっている。 CANや(TTP)よりも性能や機能を大きく上回る規格として、高速で信頼性が高くなるように設計されたため、コストが高い。日本の自動車メーカーではよりCANに近い新たなバージョンである3.0(仮称)の規格制定に動いている。 名称はFlexible Ray(柔軟な光線)転じてFlexRayとなっているが、2009年現在においては電気による通信のみが実用化されている。 (ja)
rdfs:label
  • FlexRay (ja)
  • FlexRay (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of