Extract/Transform/Load(略称:ETL)とは、データウェアハウスにおける以下のような工程を指す。 * Extract - 外部の情報源からデータを抽出 * Transform - 抽出したデータをビジネスでの必要に応じて * Load - 最終的ターゲット(すなわちデータウェアハウス)に変換・加工済みのデータをロード ETLは、データウェアハウスにデータを実際にロードする方法として重要である。ETLという用語はデータウェアハウスでのデータのロードだけでなく、任意のデータベースでのロード工程を指すこともある。ETLはレガシーシステムとの統合にも使われる。通常のETL実装は、処理についての監査証跡を記録する。ほとんど全ての設計において、この監査証跡は、元のデータが利用不可能な場合にETLの結果を再現できるほどの細粒度のレベルにはなっていない。

Property Value
dbo:abstract
  • Extract/Transform/Load(略称:ETL)とは、データウェアハウスにおける以下のような工程を指す。 * Extract - 外部の情報源からデータを抽出 * Transform - 抽出したデータをビジネスでの必要に応じて * Load - 最終的ターゲット(すなわちデータウェアハウス)に変換・加工済みのデータをロード ETLは、データウェアハウスにデータを実際にロードする方法として重要である。ETLという用語はデータウェアハウスでのデータのロードだけでなく、任意のデータベースでのロード工程を指すこともある。ETLはレガシーシステムとの統合にも使われる。通常のETL実装は、処理についての監査証跡を記録する。ほとんど全ての設計において、この監査証跡は、元のデータが利用不可能な場合にETLの結果を再現できるほどの細粒度のレベルにはなっていない。 (ja)
  • Extract/Transform/Load(略称:ETL)とは、データウェアハウスにおける以下のような工程を指す。 * Extract - 外部の情報源からデータを抽出 * Transform - 抽出したデータをビジネスでの必要に応じて * Load - 最終的ターゲット(すなわちデータウェアハウス)に変換・加工済みのデータをロード ETLは、データウェアハウスにデータを実際にロードする方法として重要である。ETLという用語はデータウェアハウスでのデータのロードだけでなく、任意のデータベースでのロード工程を指すこともある。ETLはレガシーシステムとの統合にも使われる。通常のETL実装は、処理についての監査証跡を記録する。ほとんど全ての設計において、この監査証跡は、元のデータが利用不可能な場合にETLの結果を再現できるほどの細粒度のレベルにはなっていない。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1519363 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5548 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78570428 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Extract/Transform/Load(略称:ETL)とは、データウェアハウスにおける以下のような工程を指す。 * Extract - 外部の情報源からデータを抽出 * Transform - 抽出したデータをビジネスでの必要に応じて * Load - 最終的ターゲット(すなわちデータウェアハウス)に変換・加工済みのデータをロード ETLは、データウェアハウスにデータを実際にロードする方法として重要である。ETLという用語はデータウェアハウスでのデータのロードだけでなく、任意のデータベースでのロード工程を指すこともある。ETLはレガシーシステムとの統合にも使われる。通常のETL実装は、処理についての監査証跡を記録する。ほとんど全ての設計において、この監査証跡は、元のデータが利用不可能な場合にETLの結果を再現できるほどの細粒度のレベルにはなっていない。 (ja)
  • Extract/Transform/Load(略称:ETL)とは、データウェアハウスにおける以下のような工程を指す。 * Extract - 外部の情報源からデータを抽出 * Transform - 抽出したデータをビジネスでの必要に応じて * Load - 最終的ターゲット(すなわちデータウェアハウス)に変換・加工済みのデータをロード ETLは、データウェアハウスにデータを実際にロードする方法として重要である。ETLという用語はデータウェアハウスでのデータのロードだけでなく、任意のデータベースでのロード工程を指すこともある。ETLはレガシーシステムとの統合にも使われる。通常のETL実装は、処理についての監査証跡を記録する。ほとんど全ての設計において、この監査証跡は、元のデータが利用不可能な場合にETLの結果を再現できるほどの細粒度のレベルにはなっていない。 (ja)
rdfs:label
  • Extract/Transform/Load (ja)
  • Extract/Transform/Load (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of