DragonFly BSD(ドラゴンフライ ビーエスディー)は、NetBSDやFreeBSDと同じくBSDの子孫の1つの、オープンソースのUnix系オペレーティングシステムである。 がプロジェクトリーダーとなり、2003年にFreeBSD 4.8-STABLEから分岐する形で開発が始まり、2004年7月12日に初のメジャーバージョンであるDragonFly BSD 1.0が公開された。 DragonFly BSDは、FreeBSD 4.xの後継というだけでなく、FreeBSD 5.xとも全く異なる方針で開発されている。この例として、LWKTや軽量メッセージシステムが有る。このような多くの、DragonFly BSDに実装される概念は、AmigaOSに触発されている。 バージョン4.8からは、インストーラーでUEFIがサポートされている。

Property Value
dbo:abstract
  • DragonFly BSD(ドラゴンフライ ビーエスディー)は、NetBSDやFreeBSDと同じくBSDの子孫の1つの、オープンソースのUnix系オペレーティングシステムである。 がプロジェクトリーダーとなり、2003年にFreeBSD 4.8-STABLEから分岐する形で開発が始まり、2004年7月12日に初のメジャーバージョンであるDragonFly BSD 1.0が公開された。 DragonFly BSDは、FreeBSD 4.xの後継というだけでなく、FreeBSD 5.xとも全く異なる方針で開発されている。この例として、LWKTや軽量メッセージシステムが有る。このような多くの、DragonFly BSDに実装される概念は、AmigaOSに触発されている。 バージョン4.8からは、インストーラーでUEFIがサポートされている。 (ja)
  • DragonFly BSD(ドラゴンフライ ビーエスディー)は、NetBSDやFreeBSDと同じくBSDの子孫の1つの、オープンソースのUnix系オペレーティングシステムである。 がプロジェクトリーダーとなり、2003年にFreeBSD 4.8-STABLEから分岐する形で開発が始まり、2004年7月12日に初のメジャーバージョンであるDragonFly BSD 1.0が公開された。 DragonFly BSDは、FreeBSD 4.xの後継というだけでなく、FreeBSD 5.xとも全く異なる方針で開発されている。この例として、LWKTや軽量メッセージシステムが有る。このような多くの、DragonFly BSDに実装される概念は、AmigaOSに触発されている。 バージョン4.8からは、インストーラーでUEFIがサポートされている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 125891 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14478 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 14500 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81004513 (xsd:integer)
  • 82231463 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • DragonFly BSD 4.2.3のブートローダ (ja)
  • DragonFly BSD 5.2.0 (ja)
  • DragonFly BSD 4.2.3のブートローダ (ja)
  • DragonFly BSD 5.2.0 (ja)
prop-ja:family
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:kernelType
prop-ja:license
prop-ja:name
  • DragonFly BSD (ja)
  • DragonFly BSD (ja)
prop-ja:screenshot
  • File:DragonFly BSD 4.2.3 bootloader screenshot.png (ja)
  • File:DragonFly_BSD_5.2.0_screenshot.png (ja)
  • File:DragonFly BSD 4.2.3 bootloader screenshot.png (ja)
  • File:DragonFly_BSD_5.2.0_screenshot.png (ja)
prop-ja:sourceModel
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • DragonFly BSD(ドラゴンフライ ビーエスディー)は、NetBSDやFreeBSDと同じくBSDの子孫の1つの、オープンソースのUnix系オペレーティングシステムである。 がプロジェクトリーダーとなり、2003年にFreeBSD 4.8-STABLEから分岐する形で開発が始まり、2004年7月12日に初のメジャーバージョンであるDragonFly BSD 1.0が公開された。 DragonFly BSDは、FreeBSD 4.xの後継というだけでなく、FreeBSD 5.xとも全く異なる方針で開発されている。この例として、LWKTや軽量メッセージシステムが有る。このような多くの、DragonFly BSDに実装される概念は、AmigaOSに触発されている。 バージョン4.8からは、インストーラーでUEFIがサポートされている。 (ja)
  • DragonFly BSD(ドラゴンフライ ビーエスディー)は、NetBSDやFreeBSDと同じくBSDの子孫の1つの、オープンソースのUnix系オペレーティングシステムである。 がプロジェクトリーダーとなり、2003年にFreeBSD 4.8-STABLEから分岐する形で開発が始まり、2004年7月12日に初のメジャーバージョンであるDragonFly BSD 1.0が公開された。 DragonFly BSDは、FreeBSD 4.xの後継というだけでなく、FreeBSD 5.xとも全く異なる方針で開発されている。この例として、LWKTや軽量メッセージシステムが有る。このような多くの、DragonFly BSDに実装される概念は、AmigaOSに触発されている。 バージョン4.8からは、インストーラーでUEFIがサポートされている。 (ja)
rdfs:label
  • DragonFly BSD (ja)
  • DragonFly BSD (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:operatingSystem of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:operatingSystem of
is prop-ja:os of
is prop-ja:対応os of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of