Cannone da 90/53 modello 39とは、イタリア王国のアンサルド社が設計開発した、口径90mmの高射砲である。最初の試作品は1939年に完成し、同年にイタリア王国陸軍に制式採用され量産が開始された。 この砲はドイツの8.8 cm FlaK 18/36/37と同様に、対戦車砲としても高い性能を発揮した。このため、1943年のイタリア無条件降伏後はドイツ国防軍に接収され、9 cm Flak 41(i)もしくは9 cm Flak 309/1(i)の鹵獲兵器コードを与えられた。一部はドイツ本土の防空のためにドイツへ送られたが、接収された砲の大半はイタリア戦線で運用された。

Property Value
dbo:abstract
  • Cannone da 90/53 modello 39とは、イタリア王国のアンサルド社が設計開発した、口径90mmの高射砲である。最初の試作品は1939年に完成し、同年にイタリア王国陸軍に制式採用され量産が開始された。 この砲はドイツの8.8 cm FlaK 18/36/37と同様に、対戦車砲としても高い性能を発揮した。このため、1943年のイタリア無条件降伏後はドイツ国防軍に接収され、9 cm Flak 41(i)もしくは9 cm Flak 309/1(i)の鹵獲兵器コードを与えられた。一部はドイツ本土の防空のためにドイツへ送られたが、接収された砲の大半はイタリア戦線で運用された。 (ja)
  • Cannone da 90/53 modello 39とは、イタリア王国のアンサルド社が設計開発した、口径90mmの高射砲である。最初の試作品は1939年に完成し、同年にイタリア王国陸軍に制式採用され量産が開始された。 この砲はドイツの8.8 cm FlaK 18/36/37と同様に、対戦車砲としても高い性能を発揮した。このため、1943年のイタリア無条件降伏後はドイツ国防軍に接収され、9 cm Flak 41(i)もしくは9 cm Flak 309/1(i)の鹵獲兵器コードを与えられた。一部はドイツ本土の防空のためにドイツへ送られたが、接収された砲の大半はイタリア戦線で運用された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2536315 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2329 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 62313344 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:breech
  • 水平鎖栓式 (ja)
  • 水平鎖栓式 (ja)
prop-ja:caliber
  • 90.0 (dbd:millimetre)
prop-ja:carriage
  • 四脚式砲架 (ja)
  • 四脚式砲架 (ja)
prop-ja:crew
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:designDate
  • 1939 (xsd:integer)
prop-ja:elevation
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:isArtillery
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:length
  • 3.34m (ja)
  • 3.34m (ja)
prop-ja:manufacturer
prop-ja:maxRange
  • 12000 (xsd:integer)
  • 17400 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Cannone da 90/53 modello 39 (ja)
  • Cannone da 90/53 modello 39 (ja)
prop-ja:number
  • 539 (xsd:integer)
prop-ja:partLength
  • 4736.0 (dbd:millimetre)
prop-ja:rate
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:recoil
  • 液気圧式駐退復座器 (ja)
  • 液気圧式駐退復座器 (ja)
prop-ja:service
  • 1939 (xsd:integer)
prop-ja:traverse
  • 360 (xsd:integer)
prop-ja:type
prop-ja:velocity
  • 830 (xsd:integer)
prop-ja:wars
prop-ja:weight
  • 6240 (xsd:integer)
  • 8950 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Cannone da 90/53 modello 39とは、イタリア王国のアンサルド社が設計開発した、口径90mmの高射砲である。最初の試作品は1939年に完成し、同年にイタリア王国陸軍に制式採用され量産が開始された。 この砲はドイツの8.8 cm FlaK 18/36/37と同様に、対戦車砲としても高い性能を発揮した。このため、1943年のイタリア無条件降伏後はドイツ国防軍に接収され、9 cm Flak 41(i)もしくは9 cm Flak 309/1(i)の鹵獲兵器コードを与えられた。一部はドイツ本土の防空のためにドイツへ送られたが、接収された砲の大半はイタリア戦線で運用された。 (ja)
  • Cannone da 90/53 modello 39とは、イタリア王国のアンサルド社が設計開発した、口径90mmの高射砲である。最初の試作品は1939年に完成し、同年にイタリア王国陸軍に制式採用され量産が開始された。 この砲はドイツの8.8 cm FlaK 18/36/37と同様に、対戦車砲としても高い性能を発揮した。このため、1943年のイタリア無条件降伏後はドイツ国防軍に接収され、9 cm Flak 41(i)もしくは9 cm Flak 309/1(i)の鹵獲兵器コードを与えられた。一部はドイツ本土の防空のためにドイツへ送られたが、接収された砲の大半はイタリア戦線で運用された。 (ja)
rdfs:label
  • Da 90/53 (ja)
  • Da 90/53 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of