「DRIVING ALL NIGHT」(ドライヴィング・オール・ナイト)は、日本のシンガーソングライターである尾崎豊の5枚目のシングル。 1985年10月21日にCBSソニーからリリースされた。作詞・作曲は尾崎が行い、プロデュースは須藤晃が担当している。前作「卒業」(1985年)よりおよそ10か月ぶりにリリースされた。尾崎の初著書『誰かのクラクション』の内容を原型としており、学校のような管理された環境から抜け出した尾崎の焦燥感や無力感が表現された曲である。 3枚目のアルバム『壊れた扉から』(1985年)からの先行シングルであるが、シングル盤には1985年8月25日の大阪球場公演におけるライブバージョンが収録され、スタジオ録音バージョンは同アルバムにて初収録となった。アルバムにおいては「Driving All Night」と小文字表記となっている。 オリコンチャートでは最高位9位となった。1984年頃よりライブにて演奏され、その後ほぼ全てのライブで演奏される定番曲となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 「DRIVING ALL NIGHT」(ドライヴィング・オール・ナイト)は、日本のシンガーソングライターである尾崎豊の5枚目のシングル。 1985年10月21日にCBSソニーからリリースされた。作詞・作曲は尾崎が行い、プロデュースは須藤晃が担当している。前作「卒業」(1985年)よりおよそ10か月ぶりにリリースされた。尾崎の初著書『誰かのクラクション』の内容を原型としており、学校のような管理された環境から抜け出した尾崎の焦燥感や無力感が表現された曲である。 3枚目のアルバム『壊れた扉から』(1985年)からの先行シングルであるが、シングル盤には1985年8月25日の大阪球場公演におけるライブバージョンが収録され、スタジオ録音バージョンは同アルバムにて初収録となった。アルバムにおいては「Driving All Night」と小文字表記となっている。 オリコンチャートでは最高位9位となった。1984年頃よりライブにて演奏され、その後ほぼ全てのライブで演奏される定番曲となった。 (ja)
  • 「DRIVING ALL NIGHT」(ドライヴィング・オール・ナイト)は、日本のシンガーソングライターである尾崎豊の5枚目のシングル。 1985年10月21日にCBSソニーからリリースされた。作詞・作曲は尾崎が行い、プロデュースは須藤晃が担当している。前作「卒業」(1985年)よりおよそ10か月ぶりにリリースされた。尾崎の初著書『誰かのクラクション』の内容を原型としており、学校のような管理された環境から抜け出した尾崎の焦燥感や無力感が表現された曲である。 3枚目のアルバム『壊れた扉から』(1985年)からの先行シングルであるが、シングル盤には1985年8月25日の大阪球場公演におけるライブバージョンが収録され、スタジオ録音バージョンは同アルバムにて初収録となった。アルバムにおいては「Driving All Night」と小文字表記となっている。 オリコンチャートでは最高位9位となった。1984年頃よりライブにて演奏され、その後ほぼ全てのライブで演奏される定番曲となった。 (ja)
dbo:album
dbo:artist
dbo:bSide
  • 「SEVENTEEN'S MAP'85」
dbo:format
dbo:position
dbo:previousWork
dbo:producer
dbo:recordLabel
dbo:title
  • DRIVING ALL NIGHT (ja)
  • DRIVING ALL NIGHT (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2353849 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9548 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86636373 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:album
  • 『壊れた扉から』 (ja)
  • 『壊れた扉から』 (ja)
prop-ja:allArrangements
  • Yutaka Ozaki & Heart Of Klaxon (ja)
  • Yutaka Ozaki & Heart Of Klaxon (ja)
prop-ja:allWriting
  • 尾崎豊 (ja)
  • 尾崎豊 (ja)
prop-ja:artist
prop-ja:bSide
  • 「SEVENTEEN'S MAP'85」 (ja)
  • 「SEVENTEEN'S MAP'85」 (ja)
prop-ja:chartPosition
  • *9位(オリコン) (ja)
  • *9位(オリコン) (ja)
prop-ja:ean
  • (1989年盤) (ja)
  • (1989年盤) (ja)
prop-ja:format
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastSingle
  • (1985年) (ja)
  • 「卒業」 (ja)
  • (1985年) (ja)
  • 「卒業」 (ja)
prop-ja:length
  • 6 (xsd:integer)
  • 282.0
  • 363.0
prop-ja:name
  • DRIVING ALL NIGHT (ja)
  • DRIVING ALL NIGHT (ja)
prop-ja:nextSingle
  • (1987年) (ja)
  • 「核」 (ja)
  • (1987年) (ja)
  • 「核」 (ja)
prop-ja:note
  • SEVENTEEN'S MAP'85 (ja)
  • SEVENTEEN'S MAP'85 (ja)
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
prop-ja:released
  • --10-21
prop-ja:thisSingle
  • (1985年) (ja)
  • 「DRIVING ALL NIGHT」 (ja)
  • (1985年) (ja)
  • 「DRIVING ALL NIGHT」 (ja)
prop-ja:title
  • DRIVING ALL NIGHT (ja)
  • 十七歳の地図'85 (ja)
  • DRIVING ALL NIGHT (ja)
  • 十七歳の地図'85 (ja)
prop-ja:totalLength
  • 645.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
  • 尾崎豊 (ja)
  • 尾崎豊 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「DRIVING ALL NIGHT」(ドライヴィング・オール・ナイト)は、日本のシンガーソングライターである尾崎豊の5枚目のシングル。 1985年10月21日にCBSソニーからリリースされた。作詞・作曲は尾崎が行い、プロデュースは須藤晃が担当している。前作「卒業」(1985年)よりおよそ10か月ぶりにリリースされた。尾崎の初著書『誰かのクラクション』の内容を原型としており、学校のような管理された環境から抜け出した尾崎の焦燥感や無力感が表現された曲である。 3枚目のアルバム『壊れた扉から』(1985年)からの先行シングルであるが、シングル盤には1985年8月25日の大阪球場公演におけるライブバージョンが収録され、スタジオ録音バージョンは同アルバムにて初収録となった。アルバムにおいては「Driving All Night」と小文字表記となっている。 オリコンチャートでは最高位9位となった。1984年頃よりライブにて演奏され、その後ほぼ全てのライブで演奏される定番曲となった。 (ja)
  • 「DRIVING ALL NIGHT」(ドライヴィング・オール・ナイト)は、日本のシンガーソングライターである尾崎豊の5枚目のシングル。 1985年10月21日にCBSソニーからリリースされた。作詞・作曲は尾崎が行い、プロデュースは須藤晃が担当している。前作「卒業」(1985年)よりおよそ10か月ぶりにリリースされた。尾崎の初著書『誰かのクラクション』の内容を原型としており、学校のような管理された環境から抜け出した尾崎の焦燥感や無力感が表現された曲である。 3枚目のアルバム『壊れた扉から』(1985年)からの先行シングルであるが、シングル盤には1985年8月25日の大阪球場公演におけるライブバージョンが収録され、スタジオ録音バージョンは同アルバムにて初収録となった。アルバムにおいては「Driving All Night」と小文字表記となっている。 オリコンチャートでは最高位9位となった。1984年頃よりライブにて演奏され、その後ほぼ全てのライブで演奏される定番曲となった。 (ja)
rdfs:label
  • DRIVING ALL NIGHT (ja)
  • DRIVING ALL NIGHT (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:previousWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of