DLP(ディーエルピー)とは、デジタルミラーデバイス (DMD)を用いた映像表示システムのことで機械式テレビジョンの一種である。Digital Light Processingの頭字語で、テキサス・インスツルメンツの登録商標である(1987年登録)。 2004年現在、プロジェクタ市場の47%を占め、液晶式プロジェクタと市場占有率を争っていたが、2011年末ではDLPのシェアが1年でほぼ倍増した。世界のシアターのほぼ半数以上がデジタルシネマに移行したとし、これが2015年までには完了するだろうと発表した。

Property Value
dbo:abstract
  • DLP(ディーエルピー)とは、デジタルミラーデバイス (DMD)を用いた映像表示システムのことで機械式テレビジョンの一種である。Digital Light Processingの頭字語で、テキサス・インスツルメンツの登録商標である(1987年登録)。 2004年現在、プロジェクタ市場の47%を占め、液晶式プロジェクタと市場占有率を争っていたが、2011年末ではDLPのシェアが1年でほぼ倍増した。世界のシアターのほぼ半数以上がデジタルシネマに移行したとし、これが2015年までには完了するだろうと発表した。 (ja)
  • DLP(ディーエルピー)とは、デジタルミラーデバイス (DMD)を用いた映像表示システムのことで機械式テレビジョンの一種である。Digital Light Processingの頭字語で、テキサス・インスツルメンツの登録商標である(1987年登録)。 2004年現在、プロジェクタ市場の47%を占め、液晶式プロジェクタと市場占有率を争っていたが、2011年末ではDLPのシェアが1年でほぼ倍増した。世界のシアターのほぼ半数以上がデジタルシネマに移行したとし、これが2015年までには完了するだろうと発表した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 322149 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7602 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80683226 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • DLP(ディーエルピー)とは、デジタルミラーデバイス (DMD)を用いた映像表示システムのことで機械式テレビジョンの一種である。Digital Light Processingの頭字語で、テキサス・インスツルメンツの登録商標である(1987年登録)。 2004年現在、プロジェクタ市場の47%を占め、液晶式プロジェクタと市場占有率を争っていたが、2011年末ではDLPのシェアが1年でほぼ倍増した。世界のシアターのほぼ半数以上がデジタルシネマに移行したとし、これが2015年までには完了するだろうと発表した。 (ja)
  • DLP(ディーエルピー)とは、デジタルミラーデバイス (DMD)を用いた映像表示システムのことで機械式テレビジョンの一種である。Digital Light Processingの頭字語で、テキサス・インスツルメンツの登録商標である(1987年登録)。 2004年現在、プロジェクタ市場の47%を占め、液晶式プロジェクタと市場占有率を争っていたが、2011年末ではDLPのシェアが1年でほぼ倍増した。世界のシアターのほぼ半数以上がデジタルシネマに移行したとし、これが2015年までには完了するだろうと発表した。 (ja)
rdfs:label
  • DLP (ja)
  • DLP (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:設備 of
is foaf:primaryTopic of