Component Object Model(COM、コンポーネント オブジェクト モデル)とは、マイクロソフトが提唱するソフトウェアの再利用を目的とした技術のことである。COMは相互作用するバイナリソフトウェアコンポーネントを作成するための、プラットフォーム非依存・分散型・オブジェクト指向のシステムであると説明されている。具体的にはアプリケーションソフトウェア間の通信や、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアとのインターフェイス(API)に用いられる。 COMはプロトコルなどの仕様が公開されており、XPCOMのようなクロスプラットフォーム実装も存在するが、COMが主に利用されているのはMicrosoft Windows環境である。MonoにおけるCOM相互運用もMS COMおよびXPCOMを基盤としているが、機能およびサポート環境はまだ限定されている。 COMはまたソフトウェアコンポーネントシステムとしてCORBAやJava Beansと競合関係にある。

Property Value
dbo:abstract
  • Component Object Model(COM、コンポーネント オブジェクト モデル)とは、マイクロソフトが提唱するソフトウェアの再利用を目的とした技術のことである。COMは相互作用するバイナリソフトウェアコンポーネントを作成するための、プラットフォーム非依存・分散型・オブジェクト指向のシステムであると説明されている。具体的にはアプリケーションソフトウェア間の通信や、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアとのインターフェイス(API)に用いられる。 COMを使用して開発されたソフトウェア部品をCOMコンポーネントと呼ぶ。COMコンポーネントの開発は、特定のプログラミング言語に依存せず、C言語やC++、Visual Basic、Smalltalk、Javaなど、様々な言語により開発することができる。COMという用語は、OLE、OLEオートメーション、ActiveX、COM+、DCOMの総称としてよく使われる。COMコンポーネントは、他ソフトウェアと通信するためのインターフェイスを有している。アプリケーションソフトウェア(COMクライアント)は、通信インターフェイスを表現する抽象型として公開されているCOMインターフェイスを介してCOMコンポーネント(COMサーバー)と通信をし、それらを組み合わせることでサービスを提供する。言語によるメモリやその他計算資源の割り付けの違いは、参照カウントを利用してオブジェクトの生成と破棄をそのオブジェクト自身の責任とすることにより解決する。オブジェクトがサポートする、異なるインターフェイス間の型変換は、言語固有のキャスト構文ではなく、言語非依存のQueryInterfaceメソッドで行う。メソッド呼び出しをデリゲート(委譲)する形でサブオブジェクトの集合(アグリゲーションと呼ぶ)を生成する方法がCOM内における最適な継承方法である。 COMはプロトコルなどの仕様が公開されており、XPCOMのようなクロスプラットフォーム実装も存在するが、COMが主に利用されているのはMicrosoft Windows環境である。MonoにおけるCOM相互運用もMS COMおよびXPCOMを基盤としているが、機能およびサポート環境はまだ限定されている。 COMの前身はOLEである。COMは.NET Frameworkに置き換えられているものも多い。たとえば.NETはDCOMの代替として、Windows Communication Foundation (WCF) を通じてWebサービスをサポートする。WCFがXMLベースのSOAPメッセージを利用するのに対し、ネットワークで接続されたDCOMはバイナリの独自仕様フォーマットを利用する。しかし、Microsoft DirectXなどに代表されるように、ネイティブC++での利用を前提としたパフォーマンス重視のAPIは、依然として.NETではなくCOMが使われる傾向にある。 COMはまたソフトウェアコンポーネントシステムとしてCORBAやJava Beansと競合関係にある。 (ja)
  • Component Object Model(COM、コンポーネント オブジェクト モデル)とは、マイクロソフトが提唱するソフトウェアの再利用を目的とした技術のことである。COMは相互作用するバイナリソフトウェアコンポーネントを作成するための、プラットフォーム非依存・分散型・オブジェクト指向のシステムであると説明されている。具体的にはアプリケーションソフトウェア間の通信や、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアとのインターフェイス(API)に用いられる。 COMを使用して開発されたソフトウェア部品をCOMコンポーネントと呼ぶ。COMコンポーネントの開発は、特定のプログラミング言語に依存せず、C言語やC++、Visual Basic、Smalltalk、Javaなど、様々な言語により開発することができる。COMという用語は、OLE、OLEオートメーション、ActiveX、COM+、DCOMの総称としてよく使われる。COMコンポーネントは、他ソフトウェアと通信するためのインターフェイスを有している。アプリケーションソフトウェア(COMクライアント)は、通信インターフェイスを表現する抽象型として公開されているCOMインターフェイスを介してCOMコンポーネント(COMサーバー)と通信をし、それらを組み合わせることでサービスを提供する。言語によるメモリやその他計算資源の割り付けの違いは、参照カウントを利用してオブジェクトの生成と破棄をそのオブジェクト自身の責任とすることにより解決する。オブジェクトがサポートする、異なるインターフェイス間の型変換は、言語固有のキャスト構文ではなく、言語非依存のQueryInterfaceメソッドで行う。メソッド呼び出しをデリゲート(委譲)する形でサブオブジェクトの集合(アグリゲーションと呼ぶ)を生成する方法がCOM内における最適な継承方法である。 COMはプロトコルなどの仕様が公開されており、XPCOMのようなクロスプラットフォーム実装も存在するが、COMが主に利用されているのはMicrosoft Windows環境である。MonoにおけるCOM相互運用もMS COMおよびXPCOMを基盤としているが、機能およびサポート環境はまだ限定されている。 COMの前身はOLEである。COMは.NET Frameworkに置き換えられているものも多い。たとえば.NETはDCOMの代替として、Windows Communication Foundation (WCF) を通じてWebサービスをサポートする。WCFがXMLベースのSOAPメッセージを利用するのに対し、ネットワークで接続されたDCOMはバイナリの独自仕様フォーマットを利用する。しかし、Microsoft DirectXなどに代表されるように、ネイティブC++での利用を前提としたパフォーマンス重視のAPIは、依然として.NETではなくCOMが使われる傾向にある。 COMはまたソフトウェアコンポーネントシステムとしてCORBAやJava Beansと競合関係にある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 77114 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22454 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87153352 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:脚注の不足
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:要改訳
  • 2019 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • Component Object Model(COM、コンポーネント オブジェクト モデル)とは、マイクロソフトが提唱するソフトウェアの再利用を目的とした技術のことである。COMは相互作用するバイナリソフトウェアコンポーネントを作成するための、プラットフォーム非依存・分散型・オブジェクト指向のシステムであると説明されている。具体的にはアプリケーションソフトウェア間の通信や、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアとのインターフェイス(API)に用いられる。 COMはプロトコルなどの仕様が公開されており、XPCOMのようなクロスプラットフォーム実装も存在するが、COMが主に利用されているのはMicrosoft Windows環境である。MonoにおけるCOM相互運用もMS COMおよびXPCOMを基盤としているが、機能およびサポート環境はまだ限定されている。 COMはまたソフトウェアコンポーネントシステムとしてCORBAやJava Beansと競合関係にある。 (ja)
  • Component Object Model(COM、コンポーネント オブジェクト モデル)とは、マイクロソフトが提唱するソフトウェアの再利用を目的とした技術のことである。COMは相互作用するバイナリソフトウェアコンポーネントを作成するための、プラットフォーム非依存・分散型・オブジェクト指向のシステムであると説明されている。具体的にはアプリケーションソフトウェア間の通信や、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアとのインターフェイス(API)に用いられる。 COMはプロトコルなどの仕様が公開されており、XPCOMのようなクロスプラットフォーム実装も存在するが、COMが主に利用されているのはMicrosoft Windows環境である。MonoにおけるCOM相互運用もMS COMおよびXPCOMを基盤としているが、機能およびサポート環境はまだ限定されている。 COMはまたソフトウェアコンポーネントシステムとしてCORBAやJava Beansと競合関係にある。 (ja)
rdfs:label
  • Component Object Model (ja)
  • Component Object Model (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of