Common Warehouse Metamodel (CWM) とは、データウェアハウスにおける各種オブジェクト(リレーショナル、非リレーショナル、多次元など)のメタデータのモデリングのための仕様である。Object Management Group (OMG) がリリースしており、"CWM" という用語の商標権も含めて OMG が権利を保有する。 現在よく使われているバージョンは CWM v1.1 であり、補助的な仕様として CWM Metadata Interchange Patterns (MIP) でツール間の連携についてより詳細に規定している。

Property Value
dbo:abstract
  • Common Warehouse Metamodel (CWM) とは、データウェアハウスにおける各種オブジェクト(リレーショナル、非リレーショナル、多次元など)のメタデータのモデリングのための仕様である。Object Management Group (OMG) がリリースしており、"CWM" という用語の商標権も含めて OMG が権利を保有する。 現在よく使われているバージョンは CWM v1.1 であり、補助的な仕様として CWM Metadata Interchange Patterns (MIP) でツール間の連携についてより詳細に規定している。 (ja)
  • Common Warehouse Metamodel (CWM) とは、データウェアハウスにおける各種オブジェクト(リレーショナル、非リレーショナル、多次元など)のメタデータのモデリングのための仕様である。Object Management Group (OMG) がリリースしており、"CWM" という用語の商標権も含めて OMG が権利を保有する。 現在よく使われているバージョンは CWM v1.1 であり、補助的な仕様として CWM Metadata Interchange Patterns (MIP) でツール間の連携についてより詳細に規定している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1047277 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2354 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78571417 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Common Warehouse Metamodel (CWM) とは、データウェアハウスにおける各種オブジェクト(リレーショナル、非リレーショナル、多次元など)のメタデータのモデリングのための仕様である。Object Management Group (OMG) がリリースしており、"CWM" という用語の商標権も含めて OMG が権利を保有する。 現在よく使われているバージョンは CWM v1.1 であり、補助的な仕様として CWM Metadata Interchange Patterns (MIP) でツール間の連携についてより詳細に規定している。 (ja)
  • Common Warehouse Metamodel (CWM) とは、データウェアハウスにおける各種オブジェクト(リレーショナル、非リレーショナル、多次元など)のメタデータのモデリングのための仕様である。Object Management Group (OMG) がリリースしており、"CWM" という用語の商標権も含めて OMG が権利を保有する。 現在よく使われているバージョンは CWM v1.1 であり、補助的な仕様として CWM Metadata Interchange Patterns (MIP) でツール間の連携についてより詳細に規定している。 (ja)
rdfs:label
  • Common Warehouse Metamodel (ja)
  • Common Warehouse Metamodel (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of