CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection 、搬送波感知多重アクセス/衝突検出)は、初期イーサネットの制御方式である。有線LANで使用されていた。

Property Value
dbo:abstract
  • CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection 、搬送波感知多重アクセス/衝突検出)は、初期イーサネットの制御方式である。有線LANで使用されていた。 (ja)
  • CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection 、搬送波感知多重アクセス/衝突検出)は、初期イーサネットの制御方式である。有線LANで使用されていた。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 66789 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 4463 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88187891 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection 、搬送波感知多重アクセス/衝突検出)は、初期イーサネットの制御方式である。有線LANで使用されていた。 (ja)
  • CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection 、搬送波感知多重アクセス/衝突検出)は、初期イーサネットの制御方式である。有線LANで使用されていた。 (ja)
rdfs:label
  • CSMA/CD (ja)
  • CSMA/CD (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of