strlcat, strlcpy - strcat, strcpy のよりセキュアな代用関数 * err.h - エラーメッセージを文字列にして表示する関数を含む * vis.h - vis 関数。表示できない文字を表示可能なフォーマットに変換して表示する。" />

BSD libc はFreeBSD、NetBSD、OpenBSDなどのBSD系オペレーティングシステムで使われている標準Cライブラリの実装。1994年6月の4.4BSDで初めて登場した。ISOやPOSIXでは規定されていない拡張を含む。 拡張の一例: * sys/tree.h - 赤黒木とスプレー木 * sys/queue.h -連結リスト, キュー * fgetln - stdio.h で定義。行単位で読み込みが出来る。 * fts.h - ファイルシステム階層をトラバースできる関数 * db.h - Berkeley DB * strlcat, strlcpy - strcat, strcpy のよりセキュアな代用関数 * err.h - エラーメッセージを文字列にして表示する関数を含む * vis.h - vis 関数。表示できない文字を表示可能なフォーマットに変換して表示する。

Property Value
dbo:abstract
  • BSD libc はFreeBSD、NetBSD、OpenBSDなどのBSD系オペレーティングシステムで使われている標準Cライブラリの実装。1994年6月の4.4BSDで初めて登場した。ISOやPOSIXでは規定されていない拡張を含む。 拡張の一例: * sys/tree.h - 赤黒木とスプレー木 * sys/queue.h -連結リスト, キュー * fgetln - stdio.h で定義。行単位で読み込みが出来る。 * fts.h - ファイルシステム階層をトラバースできる関数 * db.h - Berkeley DB * <a href="/wiki/Strlcat" title="Strlcat">strlcat</a>, <a href="/wiki/Strlcpy" title="Strlcpy">strlcpy</a> - <a href="/wiki/Strcat" title="Strcat">strcat</a>, <a href="/wiki/Strcpy" title="Strcpy">strcpy</a> のよりセキュアな代用関数 * err.h - エラーメッセージを文字列にして表示する関数を含む * vis.h - vis 関数。表示できない文字を表示可能なフォーマットに変換して表示する。 (ja)
  • BSD libc はFreeBSD、NetBSD、OpenBSDなどのBSD系オペレーティングシステムで使われている標準Cライブラリの実装。1994年6月の4.4BSDで初めて登場した。ISOやPOSIXでは規定されていない拡張を含む。 拡張の一例: * sys/tree.h - 赤黒木とスプレー木 * sys/queue.h -連結リスト, キュー * fgetln - stdio.h で定義。行単位で読み込みが出来る。 * fts.h - ファイルシステム階層をトラバースできる関数 * db.h - Berkeley DB * <a href="/wiki/Strlcat" title="Strlcat">strlcat</a>, <a href="/wiki/Strlcpy" title="Strlcpy">strlcpy</a> - <a href="/wiki/Strcat" title="Strcat">strcat</a>, <a href="/wiki/Strcpy" title="Strcpy">strcpy</a> のよりセキュアな代用関数 * err.h - エラーメッセージを文字列にして表示する関数を含む * vis.h - vis 関数。表示できない文字を表示可能なフォーマットに変換して表示する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2850113 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2541 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81027086 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
prop-en:サポート状況
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-en:プログラミング言語
prop-en:ライセンス
prop-en:初版
  • 1994 (xsd:integer)
prop-en:名称
  • BSD libc (ja)
  • BSD libc (ja)
prop-en:対応os
prop-en:種別
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • BSD libc はFreeBSD、NetBSD、OpenBSDなどのBSD系オペレーティングシステムで使われている標準Cライブラリの実装。1994年6月の4.4BSDで初めて登場した。ISOやPOSIXでは規定されていない拡張を含む。 拡張の一例: * sys/tree.h - 赤黒木とスプレー木 * sys/queue.h -連結リスト, キュー * fgetln - stdio.h で定義。行単位で読み込みが出来る。 * fts.h - ファイルシステム階層をトラバースできる関数 * db.h - Berkeley DB * <a href="/wiki/Strlcat" title="Strlcat">strlcat</a>, <a href="/wiki/Strlcpy" title="Strlcpy">strlcpy</a> - <a href="/wiki/Strcat" title="Strcat">strcat</a>, <a href="/wiki/Strcpy" title="Strcpy">strcpy</a> のよりセキュアな代用関数 * err.h - エラーメッセージを文字列にして表示する関数を含む * vis.h - vis 関数。表示できない文字を表示可能なフォーマットに変換して表示する。 (ja)
  • BSD libc はFreeBSD、NetBSD、OpenBSDなどのBSD系オペレーティングシステムで使われている標準Cライブラリの実装。1994年6月の4.4BSDで初めて登場した。ISOやPOSIXでは規定されていない拡張を含む。 拡張の一例: * sys/tree.h - 赤黒木とスプレー木 * sys/queue.h -連結リスト, キュー * fgetln - stdio.h で定義。行単位で読み込みが出来る。 * fts.h - ファイルシステム階層をトラバースできる関数 * db.h - Berkeley DB * <a href="/wiki/Strlcat" title="Strlcat">strlcat</a>, <a href="/wiki/Strlcpy" title="Strlcpy">strlcpy</a> - <a href="/wiki/Strcat" title="Strcat">strcat</a>, <a href="/wiki/Strcpy" title="Strcpy">strcpy</a> のよりセキュアな代用関数 * err.h - エラーメッセージを文字列にして表示する関数を含む * vis.h - vis 関数。表示できない文字を表示可能なフォーマットに変換して表示する。 (ja)
rdfs:label
  • BSD libc (ja)
  • BSD libc (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • BSD libc (ja)
  • (ja)
  • BSD libc (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of