BMP-2は、ソビエト連邦の歩兵戦闘車(IFV)。1960年代にIFVの基礎を築いたBMP-1の改良型で、戦闘能力の向上を図っている。1970年代から開発が行われ、1980年もしくは1982年に採用。20ヶ国以上に配備された。

Property Value
dbo:abstract
  • BMP-2は、ソビエト連邦の歩兵戦闘車(IFV)。1960年代にIFVの基礎を築いたBMP-1の改良型で、戦闘能力の向上を図っている。1970年代から開発が行われ、1980年もしくは1982年に採用。20ヶ国以上に配備された。 (ja)
  • BMP-2は、ソビエト連邦の歩兵戦闘車(IFV)。1960年代にIFVの基礎を築いたBMP-1の改良型で、戦闘能力の向上を図っている。1970年代から開発が行われ、1980年もしくは1982年に採用。20ヶ国以上に配備された。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 376331 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3956 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3971 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79452072 (xsd:integer)
  • 82994258 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • V型6気筒液冷ディーゼル (ja)
  • UTD-20 (ja)
  • V型6気筒液冷ディーゼル (ja)
  • UTD-20 (ja)
prop-ja:主武装
  • 2 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 30 (xsd:integer)
  • 後期型:30mm機関砲 (ja)
prop-ja:乗員数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:乗員配置
  • 乗員3名、歩兵7名 (ja)
  • 乗員3名、歩兵7名 (ja)
prop-ja:全幅
  • 3.15m (ja)
  • 3.15m (ja)
prop-ja:全長
  • 6.72m (ja)
  • 6.72m (ja)
prop-ja:全高
  • 2.45m (ja)
  • 2.45m (ja)
prop-ja:出力
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:副武装
  • 7.620000 (xsd:double)
  • 後期追加:5.56mm機関銃、30mm自動擲弾発射機 (ja)
prop-ja:名前
  • BMP-2 (ja)
  • BMP-2 (ja)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:行動距離
  • 600.0
prop-ja:装甲
  • 33.0
prop-ja:速度
  • 7 (xsd:integer)
  • 45 (xsd:integer)
  • 65 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 14.3
dct:subject
rdfs:comment
  • BMP-2は、ソビエト連邦の歩兵戦闘車(IFV)。1960年代にIFVの基礎を築いたBMP-1の改良型で、戦闘能力の向上を図っている。1970年代から開発が行われ、1980年もしくは1982年に採用。20ヶ国以上に配備された。 (ja)
  • BMP-2は、ソビエト連邦の歩兵戦闘車(IFV)。1960年代にIFVの基礎を築いたBMP-1の改良型で、戦闘能力の向上を図っている。1970年代から開発が行われ、1980年もしくは1982年に採用。20ヶ国以上に配備された。 (ja)
rdfs:label
  • BMP-2 (ja)
  • BMP-2 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of