BA-64(ロシア語:БА-64)は、偵察と連絡任務のため、ソ連赤軍によって1942年から1960年代初期まで使用された四輪駆動の軽装輪装甲車である。 本車はソビエト版のジープともいうべきとGAZ-67のシャーシーに装甲されたボディを乗せた軽装甲車である。乗員は運転手と機関銃手の2名で、武装は機関銃1丁のみ、小銃弾に耐えられる程度の装甲しか持たなかった。 BA-64Bは乗員達から「Bobik」とあだ名をつけられた。BA-64の生産総数の記録は、ロシア側の資料でさえ異なっている。よく定見として用いられる生産数は、GAZ自動車工場での9,110両生産というものである。うち3,901両はBA-64、5,209両はBA-64Bとされる。しかしニジニ・ノヴゴロドの車輌が描かれている付近の、記念の額には9,063両という数字が示されている。赤軍の代表者は8,174両のBA-64を受納し、その中には通信装備の付いた車輌が3,390両含まれていた。他の車輌は内務人民委員部の部隊と、ソビエト連邦の同盟国へ配備された。

Property Value
dbo:abstract
  • BA-64(ロシア語:БА-64)は、偵察と連絡任務のため、ソ連赤軍によって1942年から1960年代初期まで使用された四輪駆動の軽装輪装甲車である。 本車はソビエト版のジープともいうべきとGAZ-67のシャーシーに装甲されたボディを乗せた軽装甲車である。乗員は運転手と機関銃手の2名で、武装は機関銃1丁のみ、小銃弾に耐えられる程度の装甲しか持たなかった。 BA-64Bは乗員達から「Bobik」とあだ名をつけられた。BA-64の生産総数の記録は、ロシア側の資料でさえ異なっている。よく定見として用いられる生産数は、GAZ自動車工場での9,110両生産というものである。うち3,901両はBA-64、5,209両はBA-64Bとされる。しかしニジニ・ノヴゴロドの車輌が描かれている付近の、記念の額には9,063両という数字が示されている。赤軍の代表者は8,174両のBA-64を受納し、その中には通信装備の付いた車輌が3,390両含まれていた。他の車輌は内務人民委員部の部隊と、ソビエト連邦の同盟国へ配備された。 (ja)
  • BA-64(ロシア語:БА-64)は、偵察と連絡任務のため、ソ連赤軍によって1942年から1960年代初期まで使用された四輪駆動の軽装輪装甲車である。 本車はソビエト版のジープともいうべきとGAZ-67のシャーシーに装甲されたボディを乗せた軽装甲車である。乗員は運転手と機関銃手の2名で、武装は機関銃1丁のみ、小銃弾に耐えられる程度の装甲しか持たなかった。 BA-64Bは乗員達から「Bobik」とあだ名をつけられた。BA-64の生産総数の記録は、ロシア側の資料でさえ異なっている。よく定見として用いられる生産数は、GAZ自動車工場での9,110両生産というものである。うち3,901両はBA-64、5,209両はBA-64Bとされる。しかしニジニ・ノヴゴロドの車輌が描かれている付近の、記念の額には9,063両という数字が示されている。赤軍の代表者は8,174両のBA-64を受納し、その中には通信装備の付いた車輌が3,390両含まれていた。他の車輌は内務人民委員部の部隊と、ソビエト連邦の同盟国へ配備された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2421119 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4812 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88705448 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:armour
  • 上面6 mm 底面4 mm (ja)
  • 側・後面 9 mm 後面下部 6 mm (ja)
  • 全周9 mm 後に10 mm (ja)
  • 前端部 9 mm シャッター部 6 mm (ja)
  • 操縦席前面 12 mm 後に15 mm (ja)
  • 車体 (ja)
  • 銃塔 (ja)
  • 上面6 mm 底面4 mm (ja)
  • 側・後面 9 mm 後面下部 6 mm (ja)
  • 全周9 mm 後に10 mm (ja)
  • 前端部 9 mm シャッター部 6 mm (ja)
  • 操縦席前面 12 mm 後に15 mm (ja)
  • 車体 (ja)
  • 銃塔 (ja)
prop-en:caption
  • BA-64 (ja)
  • BA-64 (ja)
prop-en:clearance
  • 23.5 (dbd:centimetre)
prop-en:crew
  • 2 (xsd:integer)
prop-en:designDate
  • 1942 (xsd:integer)
prop-en:designer
  • Vitaliy Grachev (ja)
  • Vitaliy Grachev (ja)
prop-en:engine
  • 4 (xsd:integer)
  • GAZ-MM (ja)
prop-en:enginePower
  • 50.0 (dbd:horsepower)
prop-en:height
  • 1.90m (ja)
  • 1.90m (ja)
prop-en:isVehicle
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-en:length
  • 3.66m (ja)
  • 3.66m (ja)
prop-en:manufacturer
prop-en:name
  • BA-64 (ja)
  • BA-64 (ja)
prop-en:number
  • 9110 (xsd:integer)
prop-en:primaryArmament
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-en:productionDate
  • 1942 (xsd:integer)
prop-en:pwRatio
  • 22 (xsd:integer)
prop-en:service
  • 1942 (xsd:integer)
prop-en:speed
  • 80.0 (dbd:kilometrePerHour)
prop-en:suspension
  • 装輪式、四輪駆動 (ja)
  • 装輪式、四輪駆動 (ja)
prop-en:type
prop-en:variants
  • BA-64B、BA-64D、BA-64E、BA-64G、BA-64W (ja)
  • BA-64B、BA-64D、BA-64E、BA-64G、BA-64W (ja)
prop-en:vehicleRange
  • 300 (xsd:integer)
prop-en:wars
prop-en:weight
  • 2.36 (dbd:tonne)
prop-en:width
  • 1.69m (ja)
  • 1.69m (ja)
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • BA-64(ロシア語:БА-64)は、偵察と連絡任務のため、ソ連赤軍によって1942年から1960年代初期まで使用された四輪駆動の軽装輪装甲車である。 本車はソビエト版のジープともいうべきとGAZ-67のシャーシーに装甲されたボディを乗せた軽装甲車である。乗員は運転手と機関銃手の2名で、武装は機関銃1丁のみ、小銃弾に耐えられる程度の装甲しか持たなかった。 BA-64Bは乗員達から「Bobik」とあだ名をつけられた。BA-64の生産総数の記録は、ロシア側の資料でさえ異なっている。よく定見として用いられる生産数は、GAZ自動車工場での9,110両生産というものである。うち3,901両はBA-64、5,209両はBA-64Bとされる。しかしニジニ・ノヴゴロドの車輌が描かれている付近の、記念の額には9,063両という数字が示されている。赤軍の代表者は8,174両のBA-64を受納し、その中には通信装備の付いた車輌が3,390両含まれていた。他の車輌は内務人民委員部の部隊と、ソビエト連邦の同盟国へ配備された。 (ja)
  • BA-64(ロシア語:БА-64)は、偵察と連絡任務のため、ソ連赤軍によって1942年から1960年代初期まで使用された四輪駆動の軽装輪装甲車である。 本車はソビエト版のジープともいうべきとGAZ-67のシャーシーに装甲されたボディを乗せた軽装甲車である。乗員は運転手と機関銃手の2名で、武装は機関銃1丁のみ、小銃弾に耐えられる程度の装甲しか持たなかった。 BA-64Bは乗員達から「Bobik」とあだ名をつけられた。BA-64の生産総数の記録は、ロシア側の資料でさえ異なっている。よく定見として用いられる生産数は、GAZ自動車工場での9,110両生産というものである。うち3,901両はBA-64、5,209両はBA-64Bとされる。しかしニジニ・ノヴゴロドの車輌が描かれている付近の、記念の額には9,063両という数字が示されている。赤軍の代表者は8,174両のBA-64を受納し、その中には通信装備の付いた車輌が3,390両含まれていた。他の車輌は内務人民委員部の部隊と、ソビエト連邦の同盟国へ配備された。 (ja)
rdfs:label
  • BA-64 (ja)
  • BA-64 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of