Ascii85は、Base85とも称され、Paul E.Rutterにより開発されたバイナリデータを文字列に変換する手法の一種である。4バイトのバイナリデータを符号化し5文字のASCIIコードを用いて文字を表す手法であるため、バイナリデータをAscii85で表す場合はデータ長が5/4に増加する。データ長が4/3になるuuencodeやBase64に比べ効率的である。現代では主にAdobeのPostScriptやPortable Document Formatファイル内で用いられている。

Property Value
dbo:abstract
  • Ascii85は、Base85とも称され、Paul E.Rutterにより開発されたバイナリデータを文字列に変換する手法の一種である。4バイトのバイナリデータを符号化し5文字のASCIIコードを用いて文字を表す手法であるため、バイナリデータをAscii85で表す場合はデータ長が5/4に増加する。データ長が4/3になるuuencodeやBase64に比べ効率的である。現代では主にAdobeのPostScriptやPortable Document Formatファイル内で用いられている。 (ja)
  • Ascii85は、Base85とも称され、Paul E.Rutterにより開発されたバイナリデータを文字列に変換する手法の一種である。4バイトのバイナリデータを符号化し5文字のASCIIコードを用いて文字を表す手法であるため、バイナリデータをAscii85で表す場合はデータ長が5/4に増加する。データ長が4/3になるuuencodeやBase64に比べ効率的である。現代では主にAdobeのPostScriptやPortable Document Formatファイル内で用いられている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 3536054 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7000 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 62419897 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --12-25
prop-ja:孤立
  • --12-25
dct:subject
rdfs:comment
  • Ascii85は、Base85とも称され、Paul E.Rutterにより開発されたバイナリデータを文字列に変換する手法の一種である。4バイトのバイナリデータを符号化し5文字のASCIIコードを用いて文字を表す手法であるため、バイナリデータをAscii85で表す場合はデータ長が5/4に増加する。データ長が4/3になるuuencodeやBase64に比べ効率的である。現代では主にAdobeのPostScriptやPortable Document Formatファイル内で用いられている。 (ja)
  • Ascii85は、Base85とも称され、Paul E.Rutterにより開発されたバイナリデータを文字列に変換する手法の一種である。4バイトのバイナリデータを符号化し5文字のASCIIコードを用いて文字を表す手法であるため、バイナリデータをAscii85で表す場合はデータ長が5/4に増加する。データ長が4/3になるuuencodeやBase64に比べ効率的である。現代では主にAdobeのPostScriptやPortable Document Formatファイル内で用いられている。 (ja)
rdfs:label
  • Ascii85 (ja)
  • Ascii85 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of