Apple IIファミリーで、最もパワフルな、5世代目のApple IIGS(スタイルはIIGS)は、Appleがデザイン、製造していた16ビットのパソコンである。AmigaやAtari STと似通った解像度や表示色数、Macintoshのルック&フィールを採用しながらも、初期のApple IIモデルとの互換性を保っている。名前の「GS」は「Graphics and Sound」の略で、マルチメディアハードウェアの強化、特に最高水準のオーディオを搭載していることを表している。 16ビットの65C816マイクロプロセッサを搭載し、メガバイトのRAMに直接アクセスできるほか、マウスを装備するなど、それまでのApple IIとは一線を画している。GUIにカラーを採用し(Macのカラー化は半年後のMacintosh IIで実現)、キーボードやマウスなどの入力デバイスにApple Desktop Busインターフェースを採用したApple初のコンピュータである。エンソニックの技術を応用したウェーブテーブル合成チップを搭載した最初のパーソナルコンピュータである。 IIGSは、Apple IIラインの有望な未来と進化の進歩を示したが、AppleはMacintoshシリーズにフォーカスし、IIGSの生産は1992年12月に停止された。

Property Value
dbo:abstract
  • Apple IIファミリーで、最もパワフルな、5世代目のApple IIGS(スタイルはIIGS)は、Appleがデザイン、製造していた16ビットのパソコンである。AmigaやAtari STと似通った解像度や表示色数、Macintoshのルック&フィールを採用しながらも、初期のApple IIモデルとの互換性を保っている。名前の「GS」は「Graphics and Sound」の略で、マルチメディアハードウェアの強化、特に最高水準のオーディオを搭載していることを表している。 16ビットの65C816マイクロプロセッサを搭載し、メガバイトのRAMに直接アクセスできるほか、マウスを装備するなど、それまでのApple IIとは一線を画している。GUIにカラーを採用し(Macのカラー化は半年後のMacintosh IIで実現)、キーボードやマウスなどの入力デバイスにApple Desktop Busインターフェースを採用したApple初のコンピュータである。エンソニックの技術を応用したウェーブテーブル合成チップを搭載した最初のパーソナルコンピュータである。 IIGSは、Apple IIラインの有望な未来と進化の進歩を示したが、AppleはMacintoshシリーズにフォーカスし、IIGSの生産は1992年12月に停止された。 (ja)
  • Apple IIファミリーで、最もパワフルな、5世代目のApple IIGS(スタイルはIIGS)は、Appleがデザイン、製造していた16ビットのパソコンである。AmigaやAtari STと似通った解像度や表示色数、Macintoshのルック&フィールを採用しながらも、初期のApple IIモデルとの互換性を保っている。名前の「GS」は「Graphics and Sound」の略で、マルチメディアハードウェアの強化、特に最高水準のオーディオを搭載していることを表している。 16ビットの65C816マイクロプロセッサを搭載し、メガバイトのRAMに直接アクセスできるほか、マウスを装備するなど、それまでのApple IIとは一線を画している。GUIにカラーを採用し(Macのカラー化は半年後のMacintosh IIで実現)、キーボードやマウスなどの入力デバイスにApple Desktop Busインターフェースを採用したApple初のコンピュータである。エンソニックの技術を応用したウェーブテーブル合成チップを搭載した最初のパーソナルコンピュータである。 IIGSは、Apple IIラインの有望な未来と進化の進歩を示したが、AppleはMacintoshシリーズにフォーカスし、IIGSの生産は1992年12月に停止された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4533148 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29933 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87935336 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:graphics
  • VGC 12-bpp palette, 320×200, 640×200 (ja)
  • VGC 12-bpp palette, 320×200, 640×200 (ja)
prop-ja:manufacturer
prop-ja:os
prop-ja:sound
  • 32 (xsd:integer)
  • エンソニック ES5503 DOC 8-bit wavetable synthesis sound chip, (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プロセッサ
  • 65 (xsd:integer)
prop-ja:メモリ
  • 256 (xsd:integer)
prop-ja:標準価格
  • , excluding monitor (ja)
  • 999.0
prop-ja:画像
  • Apple IIgs 001 .png (ja)
  • Apple IIgs 001 .png (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • Apple IIファミリーで、最もパワフルな、5世代目のApple IIGS(スタイルはIIGS)は、Appleがデザイン、製造していた16ビットのパソコンである。AmigaやAtari STと似通った解像度や表示色数、Macintoshのルック&フィールを採用しながらも、初期のApple IIモデルとの互換性を保っている。名前の「GS」は「Graphics and Sound」の略で、マルチメディアハードウェアの強化、特に最高水準のオーディオを搭載していることを表している。 16ビットの65C816マイクロプロセッサを搭載し、メガバイトのRAMに直接アクセスできるほか、マウスを装備するなど、それまでのApple IIとは一線を画している。GUIにカラーを採用し(Macのカラー化は半年後のMacintosh IIで実現)、キーボードやマウスなどの入力デバイスにApple Desktop Busインターフェースを採用したApple初のコンピュータである。エンソニックの技術を応用したウェーブテーブル合成チップを搭載した最初のパーソナルコンピュータである。 IIGSは、Apple IIラインの有望な未来と進化の進歩を示したが、AppleはMacintoshシリーズにフォーカスし、IIGSの生産は1992年12月に停止された。 (ja)
  • Apple IIファミリーで、最もパワフルな、5世代目のApple IIGS(スタイルはIIGS)は、Appleがデザイン、製造していた16ビットのパソコンである。AmigaやAtari STと似通った解像度や表示色数、Macintoshのルック&フィールを採用しながらも、初期のApple IIモデルとの互換性を保っている。名前の「GS」は「Graphics and Sound」の略で、マルチメディアハードウェアの強化、特に最高水準のオーディオを搭載していることを表している。 16ビットの65C816マイクロプロセッサを搭載し、メガバイトのRAMに直接アクセスできるほか、マウスを装備するなど、それまでのApple IIとは一線を画している。GUIにカラーを採用し(Macのカラー化は半年後のMacintosh IIで実現)、キーボードやマウスなどの入力デバイスにApple Desktop Busインターフェースを採用したApple初のコンピュータである。エンソニックの技術を応用したウェーブテーブル合成チップを搭載した最初のパーソナルコンピュータである。 IIGSは、Apple IIラインの有望な未来と進化の進歩を示したが、AppleはMacintoshシリーズにフォーカスし、IIGSの生産は1992年12月に停止された。 (ja)
rdfs:label
  • Apple IIGS (ja)
  • Apple IIGS (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:対応機種 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of