8月3日(はちがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から215日目(閏年では216日目)にあたり、年末まであと150日ある。

Property Value
dbo:abstract
  • 8月3日(はちがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から215日目(閏年では216日目)にあたり、年末まであと150日ある。 (ja)
  • 8月3日(はちがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から215日目(閏年では216日目)にあたり、年末まであと150日ある。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 5624 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26565 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81525699 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • 19 (xsd:integer)
  • (ja)
  • 蜂蜜 (ja)
  • クリストファー・コロンブスの肖像画 (ja)
  • サン・カルロ・アッレ・クワットロ・フォンターネ聖堂 (ja)
  • 『カレーの市民』 (ja)
  • エリシャ・オーチス (ja)
  • カレー包囲戦 (ja)
  • ガルニエ宮 (ja)
  • コロンブスの航路 (ja)
  • シャルル・ガルニエ (ja)
  • ジョセフ・パクストン (ja)
  • セイヨウミツバチ (ja)
  • フランチェスコ・ボッロミーニ (ja)
  • モンテカルロの国営カジノ (ja)
  • ロジャー・ケースメント (ja)
  • 水晶宮 (ja)
  • 現代の外観 (ja)
  • 落下防止装置の特許 (ja)
prop-ja:caption
  • 作家シドニー=ガブリエル・コレット没。 (ja)
  • 経済学者・社会学者、ソースティン・ヴェブレン (ja)
  • 作家アレクサンドル・ソルジェニーツィン没。 (ja)
  • 経済学者ベルティル・オリーン没。ヘクシャー=オリーンの定理を構築 (ja)
  • 化学者リヒャルト・ヴィルシュテッター没。植物色素を研究 (ja)
  • 作家シドニー=ガブリエル・コレット没。 (ja)
  • 経済学者・社会学者、ソースティン・ヴェブレン (ja)
  • 作家アレクサンドル・ソルジェニーツィン没。 (ja)
  • 経済学者ベルティル・オリーン没。ヘクシャー=オリーンの定理を構築 (ja)
  • 化学者リヒャルト・ヴィルシュテッター没。植物色素を研究 (ja)
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:footer
  • dbpedia-ja:アイルランド
  • dbpedia-ja:スカラ座
  • dbpedia-ja:ロジャー・ケースメント
  • dbpedia-ja:蜂蜜
  • 造園家・建築家、ジョセフ・パクストン誕生。右画像は「水晶宮」 (ja)
  • クリストファー・コロンブス、1回目の西方への航海に出発。右画像の青実線が第1回の航路。 (ja)
  • 建築家フランチェスコ・ボッロミーニ没。右画像はサン・カルロ・アッレ・クワットロ・フォンターネ聖堂 (ja)
  • 建築家シャルル・ガルニエ没。中央画像はガルニエ宮、右はモンテカルロの国営カジノ (ja)
  • 発明家エリシャ・オーチス誕生。エレベーターの落下防止装置(右画像)を発明し実用化 (ja)
  • カレー包囲戦終結。右画像はカレー市民を救ったという6人を題材としたロダン作『カレーの市民』 (ja)
prop-ja:image
  • Auguste_Rodin-Burghers_of_Calais_London_%28photo%29.jpg (ja)
  • A_solzhenitsin.JPG (ja)
  • Bertil_Ohlin.jpg (ja)
  • Borromini.jpg (ja)
  • Charles_Garnier_architect.jpg (ja)
  • ElevatorPatentOtis1861.jpg (ja)
  • European_honey_bee_extracts_nectar.jpg (ja)
  • Joseph_Paxton.png (ja)
  • Milano-scalanotte.jpg (ja)
  • Monte_Carlo_Casino.jpg (ja)
  • Otis.jpg (ja)
  • Palais_Garnier.jpg (ja)
  • Richard_Willst%C3%A4tter.jpg (ja)
  • Ridolfo Ghirlandaio Columbus.jpg (ja)
  • Roger_Casement-Grave_in_Glasnevin.jpg (ja)
  • Roger_Casement.jpg (ja)
  • Roman_architecture.jpg (ja)
  • Runny_hunny.jpg (ja)
  • SidonieGabrielleColette.jpg (ja)
  • Veblen3a.jpg (ja)
  • Viajes_de_colon_en.svg (ja)
  • XIX_century_print%2C_Piazza_della_Scala%2C_Milano.jpg (ja)
  • The_French_defeated_before_Calais_by_Edward_III.jpg (ja)
  • Crystal Palace from the northeast from Dickinson's Comprehensive Pictures of the Great Exhibition of 1851. 1854.jpg (ja)
  • Auguste_Rodin-Burghers_of_Calais_London_%28photo%29.jpg (ja)
  • A_solzhenitsin.JPG (ja)
  • Bertil_Ohlin.jpg (ja)
  • Borromini.jpg (ja)
  • Charles_Garnier_architect.jpg (ja)
  • ElevatorPatentOtis1861.jpg (ja)
  • European_honey_bee_extracts_nectar.jpg (ja)
  • Joseph_Paxton.png (ja)
  • Milano-scalanotte.jpg (ja)
  • Monte_Carlo_Casino.jpg (ja)
  • Otis.jpg (ja)
  • Palais_Garnier.jpg (ja)
  • Richard_Willst%C3%A4tter.jpg (ja)
  • Ridolfo Ghirlandaio Columbus.jpg (ja)
  • Roger_Casement-Grave_in_Glasnevin.jpg (ja)
  • Roger_Casement.jpg (ja)
  • Roman_architecture.jpg (ja)
  • Runny_hunny.jpg (ja)
  • SidonieGabrielleColette.jpg (ja)
  • Veblen3a.jpg (ja)
  • Viajes_de_colon_en.svg (ja)
  • XIX_century_print%2C_Piazza_della_Scala%2C_Milano.jpg (ja)
  • The_French_defeated_before_Calais_by_Edward_III.jpg (ja)
  • Crystal Palace from the northeast from Dickinson's Comprehensive Pictures of the Great Exhibition of 1851. 1854.jpg (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 80 (xsd:integer)
  • 90 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
  • 140 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
  • 180 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 日0803 (ja)
  • 日0803 (ja)
rdfs:comment
  • 8月3日(はちがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から215日目(閏年では216日目)にあたり、年末まであと150日ある。 (ja)
  • 8月3日(はちがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から215日目(閏年では216日目)にあたり、年末まであと150日ある。 (ja)
rdfs:label
  • 8月3日 (ja)
  • 8月3日 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:birthPlace of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of