鉄道技術研究所(てつどうぎじゅつけんきゅうじょ)は、かつて存在した日本国有鉄道(国鉄)の鉄道技術に関する研究機関である。鉄道省の前身の鉄道庁時代の20世紀初頭にルーツを持ち、戦後の公共事業体としての国鉄発足の前後に現在地の国分寺市(最寄駅が国立駅であるため「国立の鉄研」などと呼ばれることもある)に本部を持った。JRへの移行とともに後継機関に継承された。 戦後期の主な研究開発としては、東海道新幹線の実現に向けた高速鉄道に関するものや、現在の超電導リニアにつながるリニアモータカーに関するもの、ATACSに繋がる無線列車制御システム(CARAT)などがある。 1987年の国鉄分割民営化に際しては、旧国鉄の本社技術開発部門と鉄道労働科学研究所等の業務を統合した財団法人鉄道総合技術研究所(鉄道総研、JR総研)が設立され、その業務が承継された。

Property Value
dbo:abbreviation
  • 技研
dbo:abstract
  • 鉄道技術研究所(てつどうぎじゅつけんきゅうじょ)は、かつて存在した日本国有鉄道(国鉄)の鉄道技術に関する研究機関である。鉄道省の前身の鉄道庁時代の20世紀初頭にルーツを持ち、戦後の公共事業体としての国鉄発足の前後に現在地の国分寺市(最寄駅が国立駅であるため「国立の鉄研」などと呼ばれることもある)に本部を持った。JRへの移行とともに後継機関に継承された。 戦後期の主な研究開発としては、東海道新幹線の実現に向けた高速鉄道に関するものや、現在の超電導リニアにつながるリニアモータカーに関するもの、ATACSに繋がる無線列車制御システム(CARAT)などがある。 1987年の国鉄分割民営化に際しては、旧国鉄の本社技術開発部門と鉄道労働科学研究所等の業務を統合した財団法人鉄道総合技術研究所(鉄道総研、JR総研)が設立され、その業務が承継された。 (ja)
  • 鉄道技術研究所(てつどうぎじゅつけんきゅうじょ)は、かつて存在した日本国有鉄道(国鉄)の鉄道技術に関する研究機関である。鉄道省の前身の鉄道庁時代の20世紀初頭にルーツを持ち、戦後の公共事業体としての国鉄発足の前後に現在地の国分寺市(最寄駅が国立駅であるため「国立の鉄研」などと呼ばれることもある)に本部を持った。JRへの移行とともに後継機関に継承された。 戦後期の主な研究開発としては、東海道新幹線の実現に向けた高速鉄道に関するものや、現在の超電導リニアにつながるリニアモータカーに関するもの、ATACSに繋がる無線列車制御システム(CARAT)などがある。 1987年の国鉄分割民営化に際しては、旧国鉄の本社技術開発部門と鉄道労働科学研究所等の業務を統合した財団法人鉄道総合技術研究所(鉄道総研、JR総研)が設立され、その業務が承継された。 (ja)
dbo:headquarter
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 313040 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1180 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 1786 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80895673 (xsd:integer)
  • 83585643 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウェブサイト
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:名称
  • 鉄道技術研究所 (ja)
  • 鉄道技術研究所 (ja)
prop-ja:本部
  • 東京都国分寺市光町二丁目8番38号 (ja)
  • 東京都国分寺市光町二丁目8番38号 (ja)
prop-ja:略称
  • 技研 (ja)
  • 技研 (ja)
prop-ja:種類
prop-ja:解散
  • --03-31
  • (国鉄分割民営化) (ja)
prop-ja:設立
  • --04-01
  • (帝国鉄道庁鉄道調査所) (ja)
prop-ja:関連組織
dct:subject
georss:point
  • 35.702777777777776 139.44333333333333
rdf:type
rdfs:comment
  • 鉄道技術研究所(てつどうぎじゅつけんきゅうじょ)は、かつて存在した日本国有鉄道(国鉄)の鉄道技術に関する研究機関である。鉄道省の前身の鉄道庁時代の20世紀初頭にルーツを持ち、戦後の公共事業体としての国鉄発足の前後に現在地の国分寺市(最寄駅が国立駅であるため「国立の鉄研」などと呼ばれることもある)に本部を持った。JRへの移行とともに後継機関に継承された。 戦後期の主な研究開発としては、東海道新幹線の実現に向けた高速鉄道に関するものや、現在の超電導リニアにつながるリニアモータカーに関するもの、ATACSに繋がる無線列車制御システム(CARAT)などがある。 1987年の国鉄分割民営化に際しては、旧国鉄の本社技術開発部門と鉄道労働科学研究所等の業務を統合した財団法人鉄道総合技術研究所(鉄道総研、JR総研)が設立され、その業務が承継された。 (ja)
  • 鉄道技術研究所(てつどうぎじゅつけんきゅうじょ)は、かつて存在した日本国有鉄道(国鉄)の鉄道技術に関する研究機関である。鉄道省の前身の鉄道庁時代の20世紀初頭にルーツを持ち、戦後の公共事業体としての国鉄発足の前後に現在地の国分寺市(最寄駅が国立駅であるため「国立の鉄研」などと呼ばれることもある)に本部を持った。JRへの移行とともに後継機関に継承された。 戦後期の主な研究開発としては、東海道新幹線の実現に向けた高速鉄道に関するものや、現在の超電導リニアにつながるリニアモータカーに関するもの、ATACSに繋がる無線列車制御システム(CARAT)などがある。 1987年の国鉄分割民営化に際しては、旧国鉄の本社技術開発部門と鉄道労働科学研究所等の業務を統合した財団法人鉄道総合技術研究所(鉄道総研、JR総研)が設立され、その業務が承継された。 (ja)
rdfs:label
  • 鉄道技術研究所 (ja)
  • 鉄道技術研究所 (ja)
geo:geometry
  • POINT(139.44332885742 35.702777862549)
geo:lat
  • 35.702778 (xsd:float)
geo:long
  • 139.443329 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 鉄道技術研究所 (ja)
  • 鉄道技術研究所 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:勤務先 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of