納沙布岬灯台(のさっぷみさきとうだい)は、北海道根室市にある納沙布岬の突端に立つ白亜塔形の中型灯台。 北方領土や南鳥島を除いた日本の最東端の地に位置する。また、「日本の灯台50選」にも選ばれている。周辺は、北方四島や知床半島を望む、風光明媚の地。 かの「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による八角形の木造で、北海道の洋式灯台としては最初のもの。ここと水晶島の間にある珸瑶瑁(ごようまい)水道は暗礁浅瀬が多く、航海の難所として恐れられていて、灯台の建設が求められていた。

Property Value
dbo:abstract
  • 納沙布岬灯台(のさっぷみさきとうだい)は、北海道根室市にある納沙布岬の突端に立つ白亜塔形の中型灯台。 北方領土や南鳥島を除いた日本の最東端の地に位置する。また、「日本の灯台50選」にも選ばれている。周辺は、北方四島や知床半島を望む、風光明媚の地。 かの「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による八角形の木造で、北海道の洋式灯台としては最初のもの。ここと水晶島の間にある珸瑶瑁(ごようまい)水道は暗礁浅瀬が多く、航海の難所として恐れられていて、灯台の建設が求められていた。 (ja)
  • 納沙布岬灯台(のさっぷみさきとうだい)は、北海道根室市にある納沙布岬の突端に立つ白亜塔形の中型灯台。 北方領土や南鳥島を除いた日本の最東端の地に位置する。また、「日本の灯台50選」にも選ばれている。周辺は、北方四島や知床半島を望む、風光明媚の地。 かの「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による八角形の木造で、北海道の洋式灯台としては最初のもの。ここと水晶島の間にある珸瑶瑁(ごようまい)水道は暗礁浅瀬が多く、航海の難所として恐れられていて、灯台の建設が求められていた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 962129 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2060 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77806966 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:coordinatesDisplay
  • title (ja)
  • title (ja)
prop-ja:latd
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:latm
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:latns
  • N (ja)
  • N (ja)
prop-ja:lats
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:longd
  • 145 (xsd:integer)
prop-ja:longew
  • E (ja)
  • E (ja)
prop-ja:longm
  • 49 (xsd:integer)
prop-ja:longs
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:pushpin
  • lighthouse (ja)
  • lighthouse (ja)
prop-ja:pushpinMap
  • Hokkaido (ja)
  • Hokkaido (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:レンズ
  • 第4等フレネル式 (ja)
  • 第4等フレネル式 (ja)
prop-ja:光達距離
  • 14.500000 (xsd:double)
prop-ja:初点灯
  • --08-15
prop-ja:名称
  • 納沙布岬灯台 (ja)
  • 納沙布岬灯台 (ja)
prop-ja:塔高
  • 13.500000 (xsd:double)
prop-ja:塗色・構造
  • 白色 塔形 コンクリート造 (ja)
  • 白色 塔形 コンクリート造 (ja)
prop-ja:実効光度
  • 14000 (xsd:integer)
prop-ja:所在地
  • 北海道根室市納沙布 (ja)
  • 北海道根室市納沙布 (ja)
prop-ja:明弧
  • 105 (xsd:integer)
prop-ja:灯火標高
  • 23.200000 (xsd:double)
prop-ja:灯質
  • 等明暗白光、明3秒暗3秒 (ja)
  • 等明暗白光、明3秒暗3秒 (ja)
prop-ja:画像
  • 260 (xsd:integer)
prop-ja:管轄
prop-ja:航路標識番号
  • 154 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • 納沙布岬灯台(のさっぷみさきとうだい)は、北海道根室市にある納沙布岬の突端に立つ白亜塔形の中型灯台。 北方領土や南鳥島を除いた日本の最東端の地に位置する。また、「日本の灯台50選」にも選ばれている。周辺は、北方四島や知床半島を望む、風光明媚の地。 かの「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による八角形の木造で、北海道の洋式灯台としては最初のもの。ここと水晶島の間にある珸瑶瑁(ごようまい)水道は暗礁浅瀬が多く、航海の難所として恐れられていて、灯台の建設が求められていた。 (ja)
  • 納沙布岬灯台(のさっぷみさきとうだい)は、北海道根室市にある納沙布岬の突端に立つ白亜塔形の中型灯台。 北方領土や南鳥島を除いた日本の最東端の地に位置する。また、「日本の灯台50選」にも選ばれている。周辺は、北方四島や知床半島を望む、風光明媚の地。 かの「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による八角形の木造で、北海道の洋式灯台としては最初のもの。ここと水晶島の間にある珸瑶瑁(ごようまい)水道は暗礁浅瀬が多く、航海の難所として恐れられていて、灯台の建設が求められていた。 (ja)
rdfs:label
  • 納沙布岬灯台 (ja)
  • 納沙布岬灯台 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of