『砂の器』(すなのうつわ)は、松本清張の長編推理小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時の挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 東京都内、大田区蒲田駅の操車場で起きた、ある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説。清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。 1974年に松竹で映画化、またTBS系列で2回、フジテレビ系列で3回、テレビ朝日系列で2回の7度テレビドラマ化され、その都度評判となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 『砂の器』(すなのうつわ)は、松本清張の長編推理小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時の挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 東京都内、大田区蒲田駅の操車場で起きた、ある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説。清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。 1974年に松竹で映画化、またTBS系列で2回、フジテレビ系列で3回、テレビ朝日系列で2回の7度テレビドラマ化され、その都度評判となった。 (ja)
  • 『砂の器』(すなのうつわ)は、松本清張の長編推理小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時の挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 東京都内、大田区蒲田駅の操車場で起きた、ある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説。清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。 1974年に松竹で映画化、またTBS系列で2回、フジテレビ系列で3回、テレビ朝日系列で2回の7度テレビドラマ化され、その都度評判となった。 (ja)
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:editing
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:starring
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 45711 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 32382 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81598153 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:title
  • ロケーションサービス 撮影レポート ドラマ「砂の器」 (ja)
  • テレビ朝日・松本清張ドラマスペシャル 砂の器 (ja)
  • ロケーションサービス 撮影レポート TBS日曜劇場「砂の器」 (ja)
  • ロケーションサービス 撮影レポート ドラマ「砂の器」 (ja)
  • テレビ朝日・松本清張ドラマスペシャル 砂の器 (ja)
  • ロケーションサービス 撮影レポート TBS日曜劇場「砂の器」 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:上映時間
  • 143 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 砂の器 (ja)
  • 砂の器 (ja)
prop-ja:公開
  • --10-19
prop-ja:出演者
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
  • 松本清張『砂の器』 (ja)
  • 松本清張『砂の器』 (ja)
prop-ja:原題
  • The Castle of Sand (ja)
  • The Castle of Sand (ja)
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 公式サイト (ja)
  • 公式サイト (ja)
prop-ja:字幕
prop-ja:撮影
prop-ja:放送分
  • 54 (xsd:integer)
  • 123 (xsd:integer)
  • 126 (xsd:integer)
  • 177 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送時間
  • 19 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
  • 21 (xsd:integer)
  • 土曜日22:00 - 22:54 (ja)
  • 日曜日21:00-21:54 (ja)
  • 金曜日20:00 - 21:00 (ja)
prop-ja:放送期間
  • --01-18
  • --02-23
  • --03-28
  • --09-10
  • --09-11
  • --10-01
prop-ja:放送枠
prop-ja:映像形式
prop-ja:次番組
prop-ja:演出
prop-ja:特記事項
  • dbpedia-ja:芸術祭_(文化庁)
  • --02-22
  • 東京ドラマアウォード作品賞優秀賞(単発ドラマ)受賞作品 (ja)
  • 第9回ATP賞(全日本テレビ番組製作社連盟主催)ベスト21番組選出作品 (ja)
  • 初回・最終回は15分拡大(21:00 - 22:09) (ja)
  • 第10話は5分拡大(21:00 - 21:59) (ja)
  • 第一夜・第二夜ともに、21:00 - 21:03には「見所」を放送。 (ja)
prop-ja:番組名
  • 松本清張作家活動40年記念 (ja)
  • (フジテレビ版) (ja)
  • (2004.1.18 - 2004.3.28) (ja)
  • 第一夜 (ja)
  • 松本清張ドラマスペシャル (ja)
  • フジテレビ開局60周年特別企画 (ja)
  • 松本清張 砂の器 (ja)
  • 砂の器 (ja)
  • 第二夜 (ja)
  • (1962.2.23 - 3.2) (ja)
  • 松本清張作家活動40年記念 (ja)
  • (フジテレビ版) (ja)
  • (2004.1.18 - 2004.3.28) (ja)
  • 第一夜 (ja)
  • 松本清張ドラマスペシャル (ja)
  • フジテレビ開局60周年特別企画 (ja)
  • 松本清張 砂の器 (ja)
  • 砂の器 (ja)
  • 第二夜 (ja)
  • (1962.2.23 - 3.2) (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:配給収入
  • 7 (xsd:integer)
  • 1974 (xsd:integer)
prop-ja:音声
prop-ja:音声形式
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『砂の器』(すなのうつわ)は、松本清張の長編推理小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時の挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 東京都内、大田区蒲田駅の操車場で起きた、ある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説。清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。 1974年に松竹で映画化、またTBS系列で2回、フジテレビ系列で3回、テレビ朝日系列で2回の7度テレビドラマ化され、その都度評判となった。 (ja)
  • 『砂の器』(すなのうつわ)は、松本清張の長編推理小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時の挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 東京都内、大田区蒲田駅の操車場で起きた、ある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説。清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。 1974年に松竹で映画化、またTBS系列で2回、フジテレビ系列で3回、テレビ朝日系列で2回の7度テレビドラマ化され、その都度評判となった。 (ja)
rdfs:label
  • 砂の器 (ja)
  • 砂の器 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 砂の器 (ja)
  • 砂の器 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of