植物解剖学(しょくぶつかいぼうがく)とは、植物を対象とした解剖学の一分野である。あるいは植物学において解剖学的(組織学的)アプローチをする分野である。植物の構造や形態を観察し、その機能や病理の解明を行う。起源は古く、古代ギリシアのテオフラストス(アリストテレスの後継者)による研究が知られている。 解剖学の名を持つが、一般的な印象としての解剖は、植物では行なうことができない。動物の場合、内臓が個々に取りだせるものが多いので、体を切り開いてそれらを取り分けることができるが、植物の場合、明確な器官は内部に存在せず、それを区別するとしても、それらは互いに密着しており、むしろ様々な組織の配列として理解される。

Property Value
dbo:abstract
  • 植物解剖学(しょくぶつかいぼうがく)とは、植物を対象とした解剖学の一分野である。あるいは植物学において解剖学的(組織学的)アプローチをする分野である。植物の構造や形態を観察し、その機能や病理の解明を行う。起源は古く、古代ギリシアのテオフラストス(アリストテレスの後継者)による研究が知られている。 解剖学の名を持つが、一般的な印象としての解剖は、植物では行なうことができない。動物の場合、内臓が個々に取りだせるものが多いので、体を切り開いてそれらを取り分けることができるが、植物の場合、明確な器官は内部に存在せず、それを区別するとしても、それらは互いに密着しており、むしろ様々な組織の配列として理解される。 (ja)
  • 植物解剖学(しょくぶつかいぼうがく)とは、植物を対象とした解剖学の一分野である。あるいは植物学において解剖学的(組織学的)アプローチをする分野である。植物の構造や形態を観察し、その機能や病理の解明を行う。起源は古く、古代ギリシアのテオフラストス(アリストテレスの後継者)による研究が知られている。 解剖学の名を持つが、一般的な印象としての解剖は、植物では行なうことができない。動物の場合、内臓が個々に取りだせるものが多いので、体を切り開いてそれらを取り分けることができるが、植物の場合、明確な器官は内部に存在せず、それを区別するとしても、それらは互いに密着しており、むしろ様々な組織の配列として理解される。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1070574 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 534 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 61965659 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 植物解剖学(しょくぶつかいぼうがく)とは、植物を対象とした解剖学の一分野である。あるいは植物学において解剖学的(組織学的)アプローチをする分野である。植物の構造や形態を観察し、その機能や病理の解明を行う。起源は古く、古代ギリシアのテオフラストス(アリストテレスの後継者)による研究が知られている。 解剖学の名を持つが、一般的な印象としての解剖は、植物では行なうことができない。動物の場合、内臓が個々に取りだせるものが多いので、体を切り開いてそれらを取り分けることができるが、植物の場合、明確な器官は内部に存在せず、それを区別するとしても、それらは互いに密着しており、むしろ様々な組織の配列として理解される。 (ja)
  • 植物解剖学(しょくぶつかいぼうがく)とは、植物を対象とした解剖学の一分野である。あるいは植物学において解剖学的(組織学的)アプローチをする分野である。植物の構造や形態を観察し、その機能や病理の解明を行う。起源は古く、古代ギリシアのテオフラストス(アリストテレスの後継者)による研究が知られている。 解剖学の名を持つが、一般的な印象としての解剖は、植物では行なうことができない。動物の場合、内臓が個々に取りだせるものが多いので、体を切り開いてそれらを取り分けることができるが、植物の場合、明確な器官は内部に存在せず、それを区別するとしても、それらは互いに密着しており、むしろ様々な組織の配列として理解される。 (ja)
rdfs:label
  • 植物解剖学 (ja)
  • 植物解剖学 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:field of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:field of
is foaf:primaryTopic of