『新本格魔法少女りすか』(しんほんかくまほうしょうじょりすか)は、西尾維新による日本の小説。イラストレーションは西村キヌが担当。単行本は講談社ノベルスより全4巻、講談社文庫より既刊3巻。魔法が存在する日本を舞台に、魔法を使えない普通の人間である主人公の少年・供犠創貴と魔法使いの少女・水倉りすかの2人が、りすかの父親・水倉神檎を追う中での戦いと冒険を描いている。魔法少女ものに推理小説の要素を加えた作風であり、作中には「一般的な魔法を小説で書いた時の嘘っぽさ」を緩和するための装置として、架空の神話体系「クトゥルフ神話」からの引用がある。 全13話。『ファウスト』(講談社)Vol.1(2003年)から連載され、Vol.7(2008年)に掲載された第10話を最後にシリーズは中断。その後2019年、『メフィスト』(講談社)での連載が発表され、2020年4月発売のVOL.1および同年8月発売のVOL.2に掲載された。そして同年12月発売の単行本第4巻をもって完結した。

Property Value
dbo:abstract
  • 『新本格魔法少女りすか』(しんほんかくまほうしょうじょりすか)は、西尾維新による日本の小説。イラストレーションは西村キヌが担当。単行本は講談社ノベルスより全4巻、講談社文庫より既刊3巻。魔法が存在する日本を舞台に、魔法を使えない普通の人間である主人公の少年・供犠創貴と魔法使いの少女・水倉りすかの2人が、りすかの父親・水倉神檎を追う中での戦いと冒険を描いている。魔法少女ものに推理小説の要素を加えた作風であり、作中には「一般的な魔法を小説で書いた時の嘘っぽさ」を緩和するための装置として、架空の神話体系「クトゥルフ神話」からの引用がある。 全13話。『ファウスト』(講談社)Vol.1(2003年)から連載され、Vol.7(2008年)に掲載された第10話を最後にシリーズは中断。その後2019年、『メフィスト』(講談社)での連載が発表され、2020年4月発売のVOL.1および同年8月発売のVOL.2に掲載された。そして同年12月発売の単行本第4巻をもって完結した。 (ja)
  • 『新本格魔法少女りすか』(しんほんかくまほうしょうじょりすか)は、西尾維新による日本の小説。イラストレーションは西村キヌが担当。単行本は講談社ノベルスより全4巻、講談社文庫より既刊3巻。魔法が存在する日本を舞台に、魔法を使えない普通の人間である主人公の少年・供犠創貴と魔法使いの少女・水倉りすかの2人が、りすかの父親・水倉神檎を追う中での戦いと冒険を描いている。魔法少女ものに推理小説の要素を加えた作風であり、作中には「一般的な魔法を小説で書いた時の嘘っぽさ」を緩和するための装置として、架空の神話体系「クトゥルフ神話」からの引用がある。 全13話。『ファウスト』(講談社)Vol.1(2003年)から連載され、Vol.7(2008年)に掲載された第10話を最後にシリーズは中断。その後2019年、『メフィスト』(講談社)での連載が発表され、2020年4月発売のVOL.1および同年8月発売のVOL.2に掲載された。そして同年12月発売の単行本第4巻をもって完結した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 443608 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14821 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 16719 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80924262 (xsd:integer)
  • 86571206 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:イラスト
prop-ja:タイトル
  • 新本格魔法少女りすか (ja)
  • 新本格魔法少女りすか (ja)
prop-ja:レーベル
prop-ja:作画
prop-ja:作者
  • 西尾維新(原作) (ja)
  • 西村キヌ(キャラクター原案) (ja)
  • 西尾維新(原作) (ja)
  • 西村キヌ(キャラクター原案) (ja)
prop-ja:出版社
prop-ja:巻数
  • --01-01
  • 既刊3巻(文庫) (ja)
  • 全4巻(ノベルス) (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:終了号
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:終了日
  • --12-09
prop-ja:著者
prop-ja:話数
  • 全13話 (ja)
  • 全13話 (ja)
prop-ja:開始号
  • 2020 (xsd:integer)
  • 2021 (xsd:integer)
  • ファウスト (ja)
  • メフィスト (ja)
  • --08-08
  • --10-15
prop-ja:開始日
  • --07-05
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『新本格魔法少女りすか』(しんほんかくまほうしょうじょりすか)は、西尾維新による日本の小説。イラストレーションは西村キヌが担当。単行本は講談社ノベルスより全4巻、講談社文庫より既刊3巻。魔法が存在する日本を舞台に、魔法を使えない普通の人間である主人公の少年・供犠創貴と魔法使いの少女・水倉りすかの2人が、りすかの父親・水倉神檎を追う中での戦いと冒険を描いている。魔法少女ものに推理小説の要素を加えた作風であり、作中には「一般的な魔法を小説で書いた時の嘘っぽさ」を緩和するための装置として、架空の神話体系「クトゥルフ神話」からの引用がある。 全13話。『ファウスト』(講談社)Vol.1(2003年)から連載され、Vol.7(2008年)に掲載された第10話を最後にシリーズは中断。その後2019年、『メフィスト』(講談社)での連載が発表され、2020年4月発売のVOL.1および同年8月発売のVOL.2に掲載された。そして同年12月発売の単行本第4巻をもって完結した。 (ja)
  • 『新本格魔法少女りすか』(しんほんかくまほうしょうじょりすか)は、西尾維新による日本の小説。イラストレーションは西村キヌが担当。単行本は講談社ノベルスより全4巻、講談社文庫より既刊3巻。魔法が存在する日本を舞台に、魔法を使えない普通の人間である主人公の少年・供犠創貴と魔法使いの少女・水倉りすかの2人が、りすかの父親・水倉神檎を追う中での戦いと冒険を描いている。魔法少女ものに推理小説の要素を加えた作風であり、作中には「一般的な魔法を小説で書いた時の嘘っぽさ」を緩和するための装置として、架空の神話体系「クトゥルフ神話」からの引用がある。 全13話。『ファウスト』(講談社)Vol.1(2003年)から連載され、Vol.7(2008年)に掲載された第10話を最後にシリーズは中断。その後2019年、『メフィスト』(講談社)での連載が発表され、2020年4月発売のVOL.1および同年8月発売のVOL.2に掲載された。そして同年12月発売の単行本第4巻をもって完結した。 (ja)
rdfs:label
  • 新本格魔法少女りすか (ja)
  • 新本格魔法少女りすか (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 新本格魔法少女りすか (ja)
  • 新本格魔法少女りすか (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of