大谷 幸夫(おおたに さちお、1924年〈大正13年〉2月20日 - 2013年〈平成25年〉1月2日)は日本の建築家、都市計画家。東京都赤坂区(現・港区)生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。 丹下健三の片腕として、広島平和記念資料館や旧東京都庁者の設計を手伝う。1964年、東京大学都市工学科助教授就任。1971年から1984年まで、東京大学都市工学科教授。1984年から東京大学都市工学科名誉教授。1983年から1989年まで千葉大学建築学科教授。大谷は生前、「住宅は中庭のあるのが基本」と述べ、自身のポリシーとしていた。2001年、勲三等瑞宝章受章。

Property Value
dbo:abstract
  • 大谷 幸夫(おおたに さちお、1924年〈大正13年〉2月20日 - 2013年〈平成25年〉1月2日)は日本の建築家、都市計画家。東京都赤坂区(現・港区)生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。 丹下健三の片腕として、広島平和記念資料館や旧東京都庁者の設計を手伝う。1964年、東京大学都市工学科助教授就任。1971年から1984年まで、東京大学都市工学科教授。1984年から東京大学都市工学科名誉教授。1983年から1989年まで千葉大学建築学科教授。大谷は生前、「住宅は中庭のあるのが基本」と述べ、自身のポリシーとしていた。2001年、勲三等瑞宝章受章。 (ja)
  • 大谷 幸夫(おおたに さちお、1924年〈大正13年〉2月20日 - 2013年〈平成25年〉1月2日)は日本の建築家、都市計画家。東京都赤坂区(現・港区)生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。 丹下健三の片腕として、広島平和記念資料館や旧東京都庁者の設計を手伝う。1964年、東京大学都市工学科助教授就任。1971年から1984年まで、東京大学都市工学科教授。1984年から東京大学都市工学科名誉教授。1983年から1989年まで千葉大学建築学科教授。大谷は生前、「住宅は中庭のあるのが基本」と述べ、自身のポリシーとしていた。2001年、勲三等瑞宝章受章。 (ja)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 2013-01-02 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:nationality
dbo:significantBuilding
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 391882 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3851 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80320818 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • 日本建築学会賞作品賞(1982年) (ja)
  • 日本建築学会賞大賞(1997年) (ja)
  • 日本建築学会賞作品賞(1982年) (ja)
  • 日本建築学会賞大賞(1997年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --02-20
prop-ja:birthPlace
  • 東京市赤坂区 (ja)
  • 東京市赤坂区 (ja)
prop-ja:deathDate
  • 2013-01-02 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都杉並区 (ja)
  • 東京都杉並区 (ja)
prop-ja:name
  • (おおたに さちお) (ja)
  • 大谷 幸夫 (ja)
  • (おおたに さちお) (ja)
  • 大谷 幸夫 (ja)
prop-ja:practiceName
  • 大谷研究室 (ja)
  • 大谷研究室 (ja)
prop-ja:significantBuildings
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大谷 幸夫(おおたに さちお、1924年〈大正13年〉2月20日 - 2013年〈平成25年〉1月2日)は日本の建築家、都市計画家。東京都赤坂区(現・港区)生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。 丹下健三の片腕として、広島平和記念資料館や旧東京都庁者の設計を手伝う。1964年、東京大学都市工学科助教授就任。1971年から1984年まで、東京大学都市工学科教授。1984年から東京大学都市工学科名誉教授。1983年から1989年まで千葉大学建築学科教授。大谷は生前、「住宅は中庭のあるのが基本」と述べ、自身のポリシーとしていた。2001年、勲三等瑞宝章受章。 (ja)
  • 大谷 幸夫(おおたに さちお、1924年〈大正13年〉2月20日 - 2013年〈平成25年〉1月2日)は日本の建築家、都市計画家。東京都赤坂区(現・港区)生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。 丹下健三の片腕として、広島平和記念資料館や旧東京都庁者の設計を手伝う。1964年、東京大学都市工学科助教授就任。1971年から1984年まで、東京大学都市工学科教授。1984年から東京大学都市工学科名誉教授。1983年から1989年まで千葉大学建築学科教授。大谷は生前、「住宅は中庭のあるのが基本」と述べ、自身のポリシーとしていた。2001年、勲三等瑞宝章受章。 (ja)
rdfs:label
  • 大谷幸夫 (ja)
  • 大谷幸夫 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (おおたに さちお) (ja)
  • 大谷 幸夫 (ja)
  • 大谷研究室 (ja)
  • (おおたに さちお) (ja)
  • 大谷 幸夫 (ja)
  • 大谷研究室 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:建築家と技術者 of
is foaf:primaryTopic of