備中高松城の戦い(びっちゅうたかまつじょうのたたかい)は、日本の戦国時代におきた戦い。天正10年(1582年)に織田信長の命を受けた家臣の羽柴秀吉が毛利氏配下の清水宗治の守備する備中高松城を攻略した戦いである。秀吉は高松城を水攻めによって包囲したことから、高松城の水攻め(水責め)とも呼ばれる。 水攻めの最中に主君である織田信長が明智光秀に討たれる本能寺の変が起きた。その報を聞いた秀吉はただちに毛利方と和睦を結んで、城主清水宗治の切腹を見届けた後、明智光秀を討つために軍を姫路へ引き返した。

Property Value
dbo:abstract
  • 備中高松城の戦い(びっちゅうたかまつじょうのたたかい)は、日本の戦国時代におきた戦い。天正10年(1582年)に織田信長の命を受けた家臣の羽柴秀吉が毛利氏配下の清水宗治の守備する備中高松城を攻略した戦いである。秀吉は高松城を水攻めによって包囲したことから、高松城の水攻め(水責め)とも呼ばれる。 水攻めの最中に主君である織田信長が明智光秀に討たれる本能寺の変が起きた。その報を聞いた秀吉はただちに毛利方と和睦を結んで、城主清水宗治の切腹を見届けた後、明智光秀を討つために軍を姫路へ引き返した。 (ja)
  • 備中高松城の戦い(びっちゅうたかまつじょうのたたかい)は、日本の戦国時代におきた戦い。天正10年(1582年)に織田信長の命を受けた家臣の羽柴秀吉が毛利氏配下の清水宗治の守備する備中高松城を攻略した戦いである。秀吉は高松城を水攻めによって包囲したことから、高松城の水攻め(水責め)とも呼ばれる。 水攻めの最中に主君である織田信長が明智光秀に討たれる本能寺の変が起きた。その報を聞いた秀吉はただちに毛利方と和睦を結んで、城主清水宗治の切腹を見届けた後、明智光秀を討つために軍を姫路へ引き返した。 (ja)
dbo:combatant
  • 20px織田軍
  • 20px毛利軍
dbo:description
  • 赤松之城水責之図/東京都立中央図書館所蔵 (ja)
  • 赤松之城水責之図/東京都立中央図書館所蔵 (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 毛利軍との講和 清水宗治の自害
dbo:strength
  • 30,000
  • 援軍 50,000
  • 籠城 3,000〜5,000
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1106255 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9122 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81377344 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 備中高松城の戦い (ja)
  • 備中高松城の戦い (ja)
prop-ja:campaign
  • 豊臣秀吉の戦闘 (ja)
  • 豊臣秀吉の戦闘 (ja)
prop-ja:caption
  • 赤松之城水責之図/東京都立中央図書館所蔵 (ja)
  • 赤松之城水責之図/東京都立中央図書館所蔵 (ja)
prop-ja:casualties
  • 不明 (ja)
  • 不明 (ja)
prop-ja:combatant
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:commander
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --06-04
prop-ja:place
  • 備中国高松(岡山県岡山市北区高松) (ja)
  • 備中国高松(岡山県岡山市北区高松) (ja)
prop-ja:result
  • 毛利軍との講和 清水宗治の自害 (ja)
  • 毛利軍との講和 清水宗治の自害 (ja)
prop-ja:strength
  • 30000 (xsd:integer)
  • 援軍 50,000 (ja)
  • 籠城 3,000〜5,000 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 備中高松城の戦い(びっちゅうたかまつじょうのたたかい)は、日本の戦国時代におきた戦い。天正10年(1582年)に織田信長の命を受けた家臣の羽柴秀吉が毛利氏配下の清水宗治の守備する備中高松城を攻略した戦いである。秀吉は高松城を水攻めによって包囲したことから、高松城の水攻め(水責め)とも呼ばれる。 水攻めの最中に主君である織田信長が明智光秀に討たれる本能寺の変が起きた。その報を聞いた秀吉はただちに毛利方と和睦を結んで、城主清水宗治の切腹を見届けた後、明智光秀を討つために軍を姫路へ引き返した。 (ja)
  • 備中高松城の戦い(びっちゅうたかまつじょうのたたかい)は、日本の戦国時代におきた戦い。天正10年(1582年)に織田信長の命を受けた家臣の羽柴秀吉が毛利氏配下の清水宗治の守備する備中高松城を攻略した戦いである。秀吉は高松城を水攻めによって包囲したことから、高松城の水攻め(水責め)とも呼ばれる。 水攻めの最中に主君である織田信長が明智光秀に討たれる本能寺の変が起きた。その報を聞いた秀吉はただちに毛利方と和睦を結んで、城主清水宗治の切腹を見届けた後、明智光秀を討つために軍を姫路へ引き返した。 (ja)
rdfs:label
  • 備中高松城の戦い (ja)
  • 備中高松城の戦い (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 備中高松城の戦い (ja)
  • 備中高松城の戦い (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of