ホッキョククジラ(Balaena mysticetus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)セミクジラ科ホッキョククジラ属に属する鯨類。 他のセミクジラ科のクジラ同様、ホッキョククジラは、大西洋で16-17世紀頃から捕鯨の対象となり、近代捕鯨により全世界的にも個体数が激減し、1966年に商業捕獲が一時停止(モラトリウム)とされた。 北欧(スピッツベルゲン島海域)では、依然として絶滅危惧域を脱してはいないという主張はあるが、科学的根拠はない。ベーリング=チュクチ=ボーフォート海域(BCB)では、科学指導のもとで先住民生存捕鯨 (subsistence whaling)が行われており、この海域では捕鯨前の頭数近くまで達しているとの IWC 意見書 (2005年)が出ている。ベーリング海域や、米・アラスカ州やカナダのエスキモーなどの間で生存捕鯨が再開されている。(の節参照)

Property Value
dbo:abstract
  • ホッキョククジラ(Balaena mysticetus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)セミクジラ科ホッキョククジラ属に属する鯨類。 他のセミクジラ科のクジラ同様、ホッキョククジラは、大西洋で16-17世紀頃から捕鯨の対象となり、近代捕鯨により全世界的にも個体数が激減し、1966年に商業捕獲が一時停止(モラトリウム)とされた。 北欧(スピッツベルゲン島海域)では、依然として絶滅危惧域を脱してはいないという主張はあるが、科学的根拠はない。ベーリング=チュクチ=ボーフォート海域(BCB)では、科学指導のもとで先住民生存捕鯨 (subsistence whaling)が行われており、この海域では捕鯨前の頭数近くまで達しているとの IWC 意見書 (2005年)が出ている。ベーリング海域や、米・アラスカ州やカナダのエスキモーなどの間で生存捕鯨が再開されている。(の節参照) (ja)
  • ホッキョククジラ(Balaena mysticetus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)セミクジラ科ホッキョククジラ属に属する鯨類。 他のセミクジラ科のクジラ同様、ホッキョククジラは、大西洋で16-17世紀頃から捕鯨の対象となり、近代捕鯨により全世界的にも個体数が激減し、1966年に商業捕獲が一時停止(モラトリウム)とされた。 北欧(スピッツベルゲン島海域)では、依然として絶滅危惧域を脱してはいないという主張はあるが、科学的根拠はない。ベーリング=チュクチ=ボーフォート海域(BCB)では、科学指導のもとで先住民生存捕鯨 (subsistence whaling)が行われており、この海域では捕鯨前の頭数近くまで達しているとの IWC 意見書 (2005年)が出ている。ベーリング海域や、米・アラスカ州やカナダのエスキモーなどの間で生存捕鯨が再開されている。(の節参照) (ja)
dbo:binomial
dbo:conservationStatus
  • LC
dbo:family
dbo:genus
dbo:order
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1101569 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11377 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 73591098 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:status
  • LC (ja)
  • LC (ja)
prop-ja:statusText
  • ワシントン条約附属書I (ja)
  • ワシントン条約附属書I (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ホッキョククジラ (ja)
  • ホッキョククジラ (ja)
prop-ja:和名
  • ホッキョククジラ (ja)
  • ホッキョククジラ (ja)
prop-ja:学名
prop-ja:
  • ホッキョククジラ属 Balaena (ja)
  • ホッキョククジラ属 Balaena (ja)
prop-ja:生息図
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • ホッキョククジラ Balaena mysticetus (ja)
  • ホッキョククジラ Balaena mysticetus (ja)
prop-ja:
prop-ja:省略
  • 哺乳綱 (ja)
  • 哺乳綱 (ja)
prop-ja:
  • セミクジラ科 Balaenidae (ja)
  • セミクジラ科 Balaenidae (ja)
prop-ja:
  • ホッキョククジラ B. mysticetus (ja)
  • ホッキョククジラ B. mysticetus (ja)
prop-ja:英名
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ホッキョククジラ(Balaena mysticetus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)セミクジラ科ホッキョククジラ属に属する鯨類。 他のセミクジラ科のクジラ同様、ホッキョククジラは、大西洋で16-17世紀頃から捕鯨の対象となり、近代捕鯨により全世界的にも個体数が激減し、1966年に商業捕獲が一時停止(モラトリウム)とされた。 北欧(スピッツベルゲン島海域)では、依然として絶滅危惧域を脱してはいないという主張はあるが、科学的根拠はない。ベーリング=チュクチ=ボーフォート海域(BCB)では、科学指導のもとで先住民生存捕鯨 (subsistence whaling)が行われており、この海域では捕鯨前の頭数近くまで達しているとの IWC 意見書 (2005年)が出ている。ベーリング海域や、米・アラスカ州やカナダのエスキモーなどの間で生存捕鯨が再開されている。(の節参照) (ja)
  • ホッキョククジラ(Balaena mysticetus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)セミクジラ科ホッキョククジラ属に属する鯨類。 他のセミクジラ科のクジラ同様、ホッキョククジラは、大西洋で16-17世紀頃から捕鯨の対象となり、近代捕鯨により全世界的にも個体数が激減し、1966年に商業捕獲が一時停止(モラトリウム)とされた。 北欧(スピッツベルゲン島海域)では、依然として絶滅危惧域を脱してはいないという主張はあるが、科学的根拠はない。ベーリング=チュクチ=ボーフォート海域(BCB)では、科学指導のもとで先住民生存捕鯨 (subsistence whaling)が行われており、この海域では捕鯨前の頭数近くまで達しているとの IWC 意見書 (2005年)が出ている。ベーリング海域や、米・アラスカ州やカナダのエスキモーなどの間で生存捕鯨が再開されている。(の節参照) (ja)
rdfs:label
  • ホッキョククジラ (ja)
  • ホッキョククジラ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 哺乳綱 (ja)
  • Arctic right whale (ja)
  • Bowhead (ja)
  • Great polar whale (ja)
  • Greenland right whale (ja)
  • ホッキョククジラ (ja)
  • Bowhead whale (ja)
  • 哺乳綱 (ja)
  • Arctic right whale (ja)
  • Bowhead (ja)
  • Great polar whale (ja)
  • Greenland right whale (ja)
  • ホッキョククジラ (ja)
  • Bowhead whale (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of