ソドマ(Il Sodoma, 1477年 - 1549年2月14日?)は、マニエリスム期のイタリアの画家。本名はジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ(Giovanni Antonio Bazzi)。ソドマの絵は、シエナ派の伝統的様式の上に、16世紀ローマの盛期ルネサンス様式を付加した手法で描かれている。2度のローマ滞在を除けば、生涯のほとんどをシエナで過ごした。

Property Value
dbo:abstract
  • ソドマ(Il Sodoma, 1477年 - 1549年2月14日?)は、マニエリスム期のイタリアの画家。本名はジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ(Giovanni Antonio Bazzi)。ソドマの絵は、シエナ派の伝統的様式の上に、16世紀ローマの盛期ルネサンス様式を付加した手法で描かれている。2度のローマ滞在を除けば、生涯のほとんどをシエナで過ごした。 (ja)
  • ソドマ(Il Sodoma, 1477年 - 1549年2月14日?)は、マニエリスム期のイタリアの画家。本名はジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ(Giovanni Antonio Bazzi)。ソドマの絵は、シエナ派の伝統的様式の上に、16世紀ローマの盛期ルネサンス様式を付加した手法で描かれている。2度のローマ滞在を除けば、生涯のほとんどをシエナで過ごした。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1253614 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7294 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76268011 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ソドマ(Il Sodoma, 1477年 - 1549年2月14日?)は、マニエリスム期のイタリアの画家。本名はジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ(Giovanni Antonio Bazzi)。ソドマの絵は、シエナ派の伝統的様式の上に、16世紀ローマの盛期ルネサンス様式を付加した手法で描かれている。2度のローマ滞在を除けば、生涯のほとんどをシエナで過ごした。 (ja)
  • ソドマ(Il Sodoma, 1477年 - 1549年2月14日?)は、マニエリスム期のイタリアの画家。本名はジョヴァンニ・アントニオ・バッツィ(Giovanni Antonio Bazzi)。ソドマの絵は、シエナ派の伝統的様式の上に、16世紀ローマの盛期ルネサンス様式を付加した手法で描かれている。2度のローマ滞在を除けば、生涯のほとんどをシエナで過ごした。 (ja)
rdfs:label
  • ソドマ (ja)
  • ソドマ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of