『ようこそ実力至上主義の教室へ』(ようこそじつりょくしじょうしゅぎのきょうしつへ)は、衣笠彰梧によるライトノベル作品『ようこそ実力至上主義の教室へ』を原作としたテレビアニメ。第1期はAT-X、TOKYO MXほかにて2017年7月から9月まで放送された。原作小説の1年生編1 - 3巻の内容を基にアニメ化された。 2022年3月には第2期『ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season』および第3期の製作が発表された。第2期は2022年7月、第3期は2023年にそれぞれ放送予定で、原作の1年生編が全てアニメ化される。

Property Value
dbo:abstract
  • 『ようこそ実力至上主義の教室へ』(ようこそじつりょくしじょうしゅぎのきょうしつへ)は、衣笠彰梧によるライトノベル作品『ようこそ実力至上主義の教室へ』を原作としたテレビアニメ。第1期はAT-X、TOKYO MXほかにて2017年7月から9月まで放送された。原作小説の1年生編1 - 3巻の内容を基にアニメ化された。 2022年3月には第2期『ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season』および第3期の製作が発表された。第2期は2022年7月、第3期は2023年にそれぞれ放送予定で、原作の1年生編が全てアニメ化される。 (ja)
  • 『ようこそ実力至上主義の教室へ』(ようこそじつりょくしじょうしゅぎのきょうしつへ)は、衣笠彰梧によるライトノベル作品『ようこそ実力至上主義の教室へ』を原作としたテレビアニメ。第1期はAT-X、TOKYO MXほかにて2017年7月から9月まで放送された。原作小説の1年生編1 - 3巻の内容を基にアニメ化された。 2022年3月には第2期『ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season』および第3期の製作が発表された。第2期は2022年7月、第3期は2023年にそれぞれ放送予定で、原作の1年生編が全てアニメ化される。 (ja)
dbo:creator
dbo:director
dbo:genre
dbo:musicComposer
dbo:productionCompany
dbo:publisher
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4475382 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 64600 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88302187 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:aux
  • dbpedia-ja:アダム・スミス
  • dbpedia-ja:エミール_(ルソー)
  • dbpedia-ja:ジャン=ジャック・ルソー
  • dbpedia-ja:ジャン=ポール・サルトル
  • dbpedia-ja:出口なし
  • dbpedia-ja:国富論
  • 脚本 (ja)
  • (ja)
  • 作画監督 (ja)
  • 演出 (ja)
  • 絵コンテ (ja)
  • 朱白あおい (ja)
  • 鈴木芳成 (ja)
  • 間島崇寛 (ja)
  • 福岡大生 (ja)
  • 鎌田祐輔 (ja)
  • 仁昌寺義人 (ja)
  • 木野目優 (ja)
  • 福井洋平 (ja)
  • 伊藤史夫 (ja)
  • 夕澄慶英! (ja)
  • 笹原嘉文 (ja)
  • 齋藤徳明 (ja)
  • ラ・フォンテーヌ『寓話』――正確には『寓話詩』 (ja)
  • キェルケゴール『愛と生命の摂理』あるいは『愛の業』 (ja)
  • F・W・ニーチェ『アンチ・クリスト』 (ja)
  • ジャン=ポール・サルトル『実存主義とは何か』 (ja)
  • ラ・ロシュフコー『考察あるいは教訓的格言・蔵言』あるいは『蔵言集』(蔵言 No.11) (ja)
  • ダンテ・アリギエーリ『神曲』地獄篇第3歌第9行。 (ja)
  • ショーペンハウアー『余録と補遺;哲学小論集』 (ja)
  • サブタイトル引用元 (ja)
  • 大橋明代 (ja)
  • 江嵜大兄 (ja)
  • 風埜隼人 (ja)
  • ラ・ロシュフコー『考察あるいは教訓的格言・蔵言』あるいは『蔵言集』(蔵言 No.245) (ja)
prop-ja:aux2colspan
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:linecolor
  • #e5005a (ja)
  • #e5005a (ja)
prop-ja:number
  • (ja)
  • 第10話 (ja)
  • 第11話 (ja)
  • 第12話 (ja)
  • 第1話 (ja)
  • 第2話 (ja)
  • 第3話 (ja)
  • 第4話 (ja)
  • 第5話 (ja)
  • 第6話 (ja)
  • 第7話 (ja)
  • 第8話 (ja)
  • 第9話 (ja)
  • 話数 (ja)
  • (ja)
  • 第10話 (ja)
  • 第11話 (ja)
  • 第12話 (ja)
  • 第1話 (ja)
  • 第2話 (ja)
  • 第3話 (ja)
  • 第4話 (ja)
  • 第5話 (ja)
  • 第6話 (ja)
  • 第7話 (ja)
  • 第8話 (ja)
  • 第9話 (ja)
  • 話数 (ja)
prop-ja:quote
  • 『ようこそ実力至上主義の教室へ』のサブタイトルに使用されている文学的な引用は一貫して的を射ている。第1話のサブタイトル「悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ」は悪名高い哲学者・フリードリヒ・ニーチェが残した言葉だが、彼は過激な個人主義者で、人間の繁栄を自著によって促そうとしていた。彼の自著は、しばしば権威主義的なエリートによる人類の支配を提唱しているように誤解されているが、実際はそのような専制政治を批判していたのである。『ようこそ実力至上主義の教室へ』も同様に危険なゲームをしているのである。 (ja)
  • また、第4話では生徒会長(堀北学)が証言者である気弱な女子生徒(佐倉愛理)に対して「証明しなければただの虚言だ」と言い放っているが、これを一般の裁判と比して考察すれば、この発言は証言者の証言性を根拠なく疑っている発言であり、「証言の立証責任」を課しているのである。司法の現場では、証言者は宣誓して証言し、虚言を言えば偽証罪に問われる代わりに証言内容は尊重される。また合理的な疑いの余地がなければ、証言内容は事実と認定される。当然だが証言自体が証明になるのである。第5話では証言者の女子生徒は弱々しく証言してはいるが、証言内容には疑いの余地はなく、合理的な反論も示されているにもかかわらず裁判長(生徒会長・堀北学)は証言内容が嘘であるかのような発言を高圧的に行い、証言者の女子生徒に恐怖を感じさせている。予断を持って「裁判」を進行することももちろんあってはならないことだが、証言者に対して立証責任を求めるという、構造上の不条理を押しつけている点が問題である。本作の主な受け手と考えられる若い世代に、誤った裁判の方法を印象づけるシーンとなっている。 (ja)
  • 以降のエピソードではニーチェが多大な影響を受けた哲学者・アルトゥル・ショーペンハウアーや、資本主義の最初の理論家・アダム・スミス、人間の自由についての難しさと必要性を説いた哲学者・ジャン=ポール・サルトル、民主主義の時代を切り開いたフランスの作家・ジャン=ジャック・ルソーなどが残した言葉を引用している。興味深いのは、製作陣がより具体的に引用しているのが、ルソーの『エミール』(『教育』)であるということだ。『ようこそ実力至上主義の教室へ』は、このような目的のために作られたシステムを乗り越えるために奮闘する若者たちを描いているため、この種のことを風刺していると言えるのではないだろうか。 (ja)
  • 第1話では生徒1人に月額10万円が支給されるというルールが示されているが、翌月の10万円を期待した生徒たちに対して担任の教師は授業態度や成績によって減額されるというルールを事前に伝えておらず、減額のルールを示さずにいきなり減額する「後出しじゃんけん」は社会正義に反している。法治国家ではある法律を知らずに法律を破っても、知らなかったことを理由に罪が減じられることはない。その意味でこの「後出しじゃんけん」は実は後出し(法治国家では禁止されている事後立法)ではなく、ルールを知らなかった生徒たちの自己責任と見なすことができる。しかし生徒がこのルールの存在にアクセスする権利があることが示されず、事後立法であったとしても生徒は反論出来ない状況にある。ルールが厳格であるように描かれているこの学校内で、事後立法の禁止という法治国家の基本に反するエピソードが語られることは、社会正義に対する間違った理解を与えるのである。 (ja)
  • 『ようこそ実力至上主義の教室へ』のサブタイトルに使用されている文学的な引用は一貫して的を射ている。第1話のサブタイトル「悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ」は悪名高い哲学者・フリードリヒ・ニーチェが残した言葉だが、彼は過激な個人主義者で、人間の繁栄を自著によって促そうとしていた。彼の自著は、しばしば権威主義的なエリートによる人類の支配を提唱しているように誤解されているが、実際はそのような専制政治を批判していたのである。『ようこそ実力至上主義の教室へ』も同様に危険なゲームをしているのである。 (ja)
  • また、第4話では生徒会長(堀北学)が証言者である気弱な女子生徒(佐倉愛理)に対して「証明しなければただの虚言だ」と言い放っているが、これを一般の裁判と比して考察すれば、この発言は証言者の証言性を根拠なく疑っている発言であり、「証言の立証責任」を課しているのである。司法の現場では、証言者は宣誓して証言し、虚言を言えば偽証罪に問われる代わりに証言内容は尊重される。また合理的な疑いの余地がなければ、証言内容は事実と認定される。当然だが証言自体が証明になるのである。第5話では証言者の女子生徒は弱々しく証言してはいるが、証言内容には疑いの余地はなく、合理的な反論も示されているにもかかわらず裁判長(生徒会長・堀北学)は証言内容が嘘であるかのような発言を高圧的に行い、証言者の女子生徒に恐怖を感じさせている。予断を持って「裁判」を進行することももちろんあってはならないことだが、証言者に対して立証責任を求めるという、構造上の不条理を押しつけている点が問題である。本作の主な受け手と考えられる若い世代に、誤った裁判の方法を印象づけるシーンとなっている。 (ja)
  • 以降のエピソードではニーチェが多大な影響を受けた哲学者・アルトゥル・ショーペンハウアーや、資本主義の最初の理論家・アダム・スミス、人間の自由についての難しさと必要性を説いた哲学者・ジャン=ポール・サルトル、民主主義の時代を切り開いたフランスの作家・ジャン=ジャック・ルソーなどが残した言葉を引用している。興味深いのは、製作陣がより具体的に引用しているのが、ルソーの『エミール』(『教育』)であるということだ。『ようこそ実力至上主義の教室へ』は、このような目的のために作られたシステムを乗り越えるために奮闘する若者たちを描いているため、この種のことを風刺していると言えるのではないだろうか。 (ja)
  • 第1話では生徒1人に月額10万円が支給されるというルールが示されているが、翌月の10万円を期待した生徒たちに対して担任の教師は授業態度や成績によって減額されるというルールを事前に伝えておらず、減額のルールを示さずにいきなり減額する「後出しじゃんけん」は社会正義に反している。法治国家ではある法律を知らずに法律を破っても、知らなかったことを理由に罪が減じられることはない。その意味でこの「後出しじゃんけん」は実は後出し(法治国家では禁止されている事後立法)ではなく、ルールを知らなかった生徒たちの自己責任と見なすことができる。しかし生徒がこのルールの存在にアクセスする権利があることが示されず、事後立法であったとしても生徒は反論出来ない状況にある。ルールが厳格であるように描かれているこの学校内で、事後立法の禁止という法治国家の基本に反するエピソードが語られることは、社会正義に対する間違った理解を与えるのである。 (ja)
prop-ja:source
  • Gabriella Ekens (ja)
  • 渡辺パコ (ja)
  • Gabriella Ekens (ja)
  • 渡辺パコ (ja)
prop-ja:subtitle
  • C'est une grande habileté que de savoir cacher son habileté. (ja)
  • Was aber die Leute gemeiniglich das Shicksal nennen sind meistens nur ihre eigenen dummen Streiche. (ja)
  • L'homme est condamné à être libre. (ja)
  • Lasciate ogni speranza, voi ch'entrate (ja)
  • Il y a deux sortes de mensonges : celui de fait qui regarde le passé, celui de droit qui regarde l'avenir. (ja)
  • Was ist schlecht? - Alles, was aus der Schwäche stammt. (ja)
  • l'enfer, c'est les autres (ja)
  • Das Genie wohnt nur eine Etage höher als der Wahnsinn. (ja)
  • Il ne faut pas s'offenser que les autres nous cachent la vérité, puisque nous nous la cachons si souvent à nous-mêmes (ja)
  • Man is an only animal that makes bargains: no dog exchanges bones with another (ja)
  • Rien n'est si dangereux qu'un ignorant ami ;Mieux vaudrait un sage ennemi. (ja)
  • Den farligste Forræder blandt alle er den, ethvert Menneske har i sig selv. (ja)
  • C'est une grande habileté que de savoir cacher son habileté. (ja)
  • Was aber die Leute gemeiniglich das Shicksal nennen sind meistens nur ihre eigenen dummen Streiche. (ja)
  • L'homme est condamné à être libre. (ja)
  • Lasciate ogni speranza, voi ch'entrate (ja)
  • Il y a deux sortes de mensonges : celui de fait qui regarde le passé, celui de droit qui regarde l'avenir. (ja)
  • Was ist schlecht? - Alles, was aus der Schwäche stammt. (ja)
  • l'enfer, c'est les autres (ja)
  • Das Genie wohnt nur eine Etage höher als der Wahnsinn. (ja)
  • Il ne faut pas s'offenser que les autres nous cachent la vérité, puisque nous nous la cachons si souvent à nous-mêmes (ja)
  • Man is an only animal that makes bargains: no dog exchanges bones with another (ja)
  • Rien n'est si dangereux qu'un ignorant ami ;Mieux vaudrait un sage ennemi. (ja)
  • Den farligste Forræder blandt alle er den, ethvert Menneske har i sig selv. (ja)
prop-ja:summary
  • 1 (xsd:integer)
  • 茶柱は外部の人間が綾小路清隆の退学を要求してきたことを清隆本人に告げる。夏休みの学校行事として、1年生たちは豪華客船にて南の島へ向かう。豪華客船ではレストランや映画館、プールなど各レジャー施設が完備されており、Dクラスの生徒たちはバカンスを楽しむ。そんな中、ただのバカンスで終わるのかについて疑問を抱いていた清隆と鈴音の前にCクラスのリーダー・龍園翔が現れ、鈴音に対し宣戦布告を行い去っていった。その後南の島に到着したものの、そこで生徒を待っていたのはバカンスではなく学校側が用意した特別試験であり、生徒たちは1週間、決められたルールの下で島での生活を強いられる。 (ja)
  • 体力的に限界となった鈴音は清隆からリタイアを勧められるが、Aクラス昇格のためにリタイアを拒み続ける。しかし清隆の判断で鈴音を無理やりリタイアさせたことにより、結果的にポイント浪費が重なり、リーダーの存在が知れ渡ってしまった状態で試験は終了する。これによりDクラスの惨敗が確実視されていたが、清隆が伊吹の裏切りを利用して鈴音がリーダーであることをわざと彼女に示した上で、鈴音の急患を理由にリーダーを自身へと変更させていたことやAクラスとCクラスの陰謀を暴いた上でリーダーまで的中させるなどの水面下での暗躍により、Dクラスは最終的に4クラス中最高のポイント数を獲得し、無人島特別試験は幕を閉じる。試験終了後、清隆は自身の父親が「綾小路清隆の退学要求をしている」ことを茶柱から告げられる。しかし、清隆はその要求には応じず、自身の父親に抗い続けていく。 (ja)
  • ラブレターを貰った一之瀬帆波は、送り主の告白を断るために清隆に一時的な恋人役になることを依頼する。しかし、清隆は相手の想いには応えるべきだと一之瀬に聡し、彼女は告白に向き合い最終的に断る。中間テストを乗り越えたDクラスは、極貧生活から解放されたことに喜んでいたが、須藤がCクラスの生徒数名に対して暴行を加えたことが判明する。須藤は正当防衛を主張しているものの、生徒会立ち会いの下で審議が行われることとなり、その結果次第でDクラスはポイントの剥奪を余儀なくされる。須藤を救うために清隆たちは動き出すこととなり、ひょんなことから一之瀬と協力関係を結ぶ。 (ja)
  • 主人公・綾小路清隆は進学・就職率100%と言われる進学校・東京都高度育成高等学校に入学する。同校は全生徒に月10万円相当のプライベートポイントを支給するだけでなく、授業での私語や居眠り、サボタージュまでも黙認する放任主義であった。清隆の所属するDクラスは問題児ばかりであり、彼らは同校の好待遇を利用しながら自堕落な生活を送る。しかし、入学から1か月後、Dクラスの面々は振り込まれるはずの10万プライベートポイントが振り込まれていない事実に直面し、その原因が入学後1か月間の自堕落な生活によって学校からの評価を大きく落としたことであることがDクラス担任・茶柱佐枝から告げられる。 (ja)
  • クラスメイトである佐倉愛理が須藤の暴行を目撃しており、彼女の証言だけが須藤の正当防衛を裏付けることができるが、彼女は他人に対し心を閉ざしていたことから、審議での証言を拒否する。愛里の協力が得られないまま審議が開始され、しかも須藤の弁護を担当する鈴音は兄で生徒会長の堀北学の存在に委縮してしまったことにより、全く話すことが出来なくなり、Cクラス側が優勢となる。しかし、清隆の機転の利いた行動により冷静さを取り戻した鈴音はCクラスに対し審議を進め、さらに勇気を出して審議の場に現れた愛里の証言により、両クラスの審議は五分となり、再審議が後日行われることとなる。 (ja)
  • 問題児だらけのDクラスだったが、鈴音の努力や清隆の暗躍により学校側の予想を上回る高得点を取ることに成功する。しかし、学力を最も不安視されていた問題児の1人・須藤健だけがたった1点足りずに赤点となり、茶柱から退学を通告される。清隆と鈴音は須藤の退学を阻止するために茶柱の元へ向かい、各々が自身のプライベートポイントで須藤の1点を購入することにより、彼は退学を免れる。中間テストの祝勝会終了後、清隆は携帯を忘れた櫛田桔梗を追いかけると、鈴音に対する罵詈雑言を吐き捨てる彼女の姿を目撃し、彼女から「秘密をバラせば強姦されそうになったとみんなの前で告白する」と脅迫される。 (ja)
  • 翌日、清隆と鈴音は他クラスの調査のために3クラスの各キャンプ地を訪れる。海沿いをベースキャンプ地とするBクラスは無人島生活を楽しんでおり、洞窟をベースキャンプ地とするAクラスは内部を見せないようにしていたが、砂浜をベースキャンプ地とするCクラスは初日で全てのポイントを使い果たしており、鈴音はCクラスの行動を自滅だと呆れていた。その夜、伊吹と須藤が口論を引き起こし、平田が仲裁に入ることで鎮静化したものの、翌朝に女子グループのリーダー・軽井沢恵の下着が何者かに盗まれる事件が発生し、再びクラス内で対立が起こる。 (ja)
  • 今回行われる『無人島特別試験』のルールは各クラスが与えられた300ポイントを使用して無人島で生活するための消耗品を購入することができ、試験終了後に残ったポイントがそのままクラスポイントとして加算されるというもの。さらに島内の特定スポットを占有したり、他クラスが各々決めたリーダーを的中させることでポイントを得ることができるため、この試験の結果次第で各クラスが保有するクラスポイントは大きく増減する。Dクラスの面々は慣れない無人島生活に困惑し、さらにはポイントの使い方についてクラス内で対立が起こったことから、険悪な雰囲気となる。しかしアウトドアの知識が豊富な池寛治やクラスのまとめ役となった平田洋介の存在もありクラスは何とか軌道に乗り始める。そんな中、清隆たちはCクラスから追い出されていた伊吹澪を発見し自クラスのベースキャンプ地に迎え入れたが、その直後クラスの問題児の1人・高円寺六助が突然リタイアをしたことにより、クラスポイントが強制的に引かれることとなる。 (ja)
  • Dクラスのテント区画は女子生徒たちの提案により男子陣営と女子陣営に分かれる。そんな中、鈴音は自身の体調が悪化していることを清隆に指摘されるが、リタイアによるペナルティ回避のために体調不良を隠して試験を乗り切ろうとする。そんな中、鈴音のキーカードが何者かに奪われ、さらにベースキャンプ地に放火まで発生したことから、Dクラスはたちまち混乱に陥る。鈴音は姿を眩ませた伊吹の後を追い、そこで彼女が自身のキーカード盗み、Dクラスを混乱に陥れた張本人であることを知る。鈴音はキーカードを取り戻すために伊吹と対峙するも、体調の悪さが災いし惜しくも地に伏してしまう。 (ja)
  • Dクラスの面々は同校が優秀なものだけが好待遇を受けられる実力主義の学校であり、さらにはDクラスのままでは自身の希望する進路を叶えることができないという事実を知る。突然の極貧生活に追い込まれた彼らに追い打ちをかけるように、今後試験で赤点を取れば即退学となる厳しいルールが告げられる。自身がDクラスであることに納得できない堀北鈴音はAクラス昇格を目指すため、間もなく行われる中間テストで退学者を1人も出さないために学力の低い生徒を集めた勉強会を考案するが、鈴音の他人を見下す性格が災いしたことから勉強会は破綻し、そのままテスト当日を迎える。 (ja)
  • 審議を優勢に進めるためには別の手掛かりが必要不可欠であることから、清隆と鈴音は事件現場に訪れており、鈴音は清隆の指摘からとある作戦を思いつく。清隆と鈴音はダミーの監視カメラを仕掛けた後に石崎(声 - 帆世雄一)たちを事件現場へと呼び出し、「学校側が真実を知っている」という偽りの事実を告げることにより、退学を恐れた彼らは訴えを全面的に退ける。一方、グラビアアイドルとしての顔を持つ愛里の熱狂的ファンの男が校内に紛れ込み彼女をストーキングする。男が愛里に襲い掛かり彼女は窮地に立たされるも、清隆と一之瀬の行動により、男はあっけなく捕まった。 (ja)
prop-ja:tablestyle
  • font-size: 90%; (ja)
  • font-size: 90%; (ja)
prop-ja:title
  • サブタイトル (ja)
  • 才能を隠すのにも卓越した才能がいる。 (ja)
  • 無知な友人ほど危険なものはない。賢い敵のほうがよっぽどましだ。 (ja)
  • しかし、概して人々が運命と呼ぶものは、大半が自分の愚行にすぎない。 (ja)
  • 嘘には二種類ある。過去に関する事実上の嘘と未来に関する権利上の嘘である。 (ja)
  • 人間は取引をする唯一の動物である。骨を交換する犬はいない (ja)
  • 他人が真実を隠蔽することに対して、我々は怒るべきでない。なぜなら、我々も自身から真実を隠蔽するのであるから。 (ja)
  • 汝等ここに入るもの、一切の望みを捨てよ。 (ja)
  • 裏切者の中で最も危険なる裏切者は何かといえば、すべての人間が己れ自身の内部にかくしているところのものである。 (ja)
  • 天才とは、狂気よりも1階層分だけ上に住んでいる者のことである。 (ja)
  • 悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ。 (ja)
  • 人間は自由の刑に処されている。 (ja)
  • 地獄、それは他人である。 (ja)
  • サブタイトル (ja)
  • 才能を隠すのにも卓越した才能がいる。 (ja)
  • 無知な友人ほど危険なものはない。賢い敵のほうがよっぽどましだ。 (ja)
  • しかし、概して人々が運命と呼ぶものは、大半が自分の愚行にすぎない。 (ja)
  • 嘘には二種類ある。過去に関する事実上の嘘と未来に関する権利上の嘘である。 (ja)
  • 人間は取引をする唯一の動物である。骨を交換する犬はいない (ja)
  • 他人が真実を隠蔽することに対して、我々は怒るべきでない。なぜなら、我々も自身から真実を隠蔽するのであるから。 (ja)
  • 汝等ここに入るもの、一切の望みを捨てよ。 (ja)
  • 裏切者の中で最も危険なる裏切者は何かといえば、すべての人間が己れ自身の内部にかくしているところのものである。 (ja)
  • 天才とは、狂気よりも1階層分だけ上に住んでいる者のことである。 (ja)
  • 悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ。 (ja)
  • 人間は自由の刑に処されている。 (ja)
  • 地獄、それは他人である。 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
prop-ja:シリーズ構成
  • 朱白あおい (ja)
  • 朱白あおい (ja)
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • ようこそ実力至上主義の教室へ (ja)
  • ようこそ実力至上主義の教室へ (ja)
prop-ja:原作
prop-ja:放送局
prop-ja:放送終了
  • --09-27
prop-ja:放送開始
  • --07-12
prop-ja:画像
  • File:Classroom of the Elite logo.png (ja)
  • File:Classroom of the Elite logo.png (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:製作
  • ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会 (ja)
  • ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会 (ja)
prop-ja:話数
  • 全12話 (ja)
  • 全12話 (ja)
prop-ja:説明
  • テレビアニメ版のタイトルロゴ (ja)
  • テレビアニメ版のタイトルロゴ (ja)
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ようこそ実力至上主義の教室へ』(ようこそじつりょくしじょうしゅぎのきょうしつへ)は、衣笠彰梧によるライトノベル作品『ようこそ実力至上主義の教室へ』を原作としたテレビアニメ。第1期はAT-X、TOKYO MXほかにて2017年7月から9月まで放送された。原作小説の1年生編1 - 3巻の内容を基にアニメ化された。 2022年3月には第2期『ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season』および第3期の製作が発表された。第2期は2022年7月、第3期は2023年にそれぞれ放送予定で、原作の1年生編が全てアニメ化される。 (ja)
  • 『ようこそ実力至上主義の教室へ』(ようこそじつりょくしじょうしゅぎのきょうしつへ)は、衣笠彰梧によるライトノベル作品『ようこそ実力至上主義の教室へ』を原作としたテレビアニメ。第1期はAT-X、TOKYO MXほかにて2017年7月から9月まで放送された。原作小説の1年生編1 - 3巻の内容を基にアニメ化された。 2022年3月には第2期『ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season』および第3期の製作が発表された。第2期は2022年7月、第3期は2023年にそれぞれ放送予定で、原作の1年生編が全てアニメ化される。 (ja)
rdfs:label
  • ようこそ実力至上主義の教室へ (テレビアニメ) (ja)
  • ようこそ実力至上主義の教室へ (テレビアニメ) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ようこそ実力至上主義の教室へ (ja)
  • ようこそ実力至上主義の教室へ (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:アニメ of
is prop-ja:主な作品 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of