Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • VTAM ( Virtual Telecommunications Access Method )とは、メインフレームコンピュータ環境で使用されるIBMの通信ソフトウェアパッケージである。VTAM は Systems Network Architecture (SNA) の実装である。別の言い方をすれば、VTAMはSNAネットワークでコミュニケーションをコントロールするAPIだ、という言い方も出来る。VTAMは SDLCや トークンリング ( Token Ring) を含むいくつもの通信プロトコルをサポートする。IBM 3745/3746 のような、世間の表からは隠れた、しかし社会を支えるライフラインのようなハードウェアをサポートしているうちに、VTAMとSNAは、未だに多くの企業に使われ続けている。VTAMサブシステムはJob Entry Subsystem 2/3 から投入されたコントロールカードか、システムコンソールを通して打ち込まれたコマンドによってコントロールされる。VTAMはOS/390から、the SNA Services feature of Communications Serverとリネームされた。Communications Serverは、このパッケージが持つ他の機能と同様に、TCP/IPをサポートする。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 588809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54532380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • VTAM ( Virtual Telecommunications Access Method )とは、メインフレームコンピュータ環境で使用されるIBMの通信ソフトウェアパッケージである。VTAM は Systems Network Architecture (SNA) の実装である。別の言い方をすれば、VTAMはSNAネットワークでコミュニケーションをコントロールするAPIだ、という言い方も出来る。VTAMは SDLCや トークンリング ( Token Ring) を含むいくつもの通信プロトコルをサポートする。IBM 3745/3746 のような、世間の表からは隠れた、しかし社会を支えるライフラインのようなハードウェアをサポートしているうちに、VTAMとSNAは、未だに多くの企業に使われ続けている。VTAMサブシステムはJob Entry Subsystem 2/3 から投入されたコントロールカードか、システムコンソールを通して打ち込まれたコマンドによってコントロールされる。VTAMはOS/390から、the SNA Services feature of Communications Serverとリネームされた。Communications Serverは、このパッケージが持つ他の機能と同様に、TCP/IPをサポートする。
rdfs:label
  • VTAM
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of