Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • RISC OS (11px [rɪskoʊˈɛs])は、ARMアーキテクチャシステム向けに設計されたグラフィカルユーザインタフェースベースの一連のオペレーティングシステム (OS) である。ARMがRISCアーキテクチャであることから名付けられた。エイコーン・コンピュータが1987年、Acorn RISC Machine プロセッサを採用した自社製のArchimedesというパーソナルコンピュータ向けに開発したのが最初である。コマンドラインインタフェースとウィンドウシステムを伴ったデスクトップ環境を備えている。1988年から1998年まで、ほぼ全てのエイコーン製のARMベースのコンピュータ(Archimedes、RiscPC、NewsPad、A7000)にバンドルされていた。オラクルのネットワークコンピュータやその互換機で RISC OS の派生版 (NCOS) が使われていた。1998年にエイコーンが解体されると、このOSの開発はフォークし、RISCOS Ltd、Pace Micro Technology、Castle Technology といったいくつかの企業がそれぞれ開発を継続した。1998年以降は、IyonixやA9homeといったARMベースのデスクトップコンピュータにバンドルされてきた。2012年現在も開発はフォークしたままであり、RISCOS Ltd と RISC OS Open コミュニティで開発されている。最近の安定バージョンが動作するプラットフォームとしては、ARMv3/ARMv4のRiscPC(あるいはVirtualAcornやRPCEmuなどのエミュレータ)、ARMv5のIyonix、ARMv7ベースのCortex-A8プロセッサ(BeagleBoardやTouch Bookなどで使われている)がある。2011年、Cortex-A9ベースのPandaBoardへの移植が発表され、Raspberry Pi 向けの開発版も公開されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2672798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57785448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
  • Castle TechnologyとRISC OS Open 、RISCOS Ltd
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes
prop-ja:language
  • 英語
prop-ja:latestPreviewVersion
  • 5.190000 (xsd:double)
prop-ja:latestReleaseDate
  • または
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 5.180000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • RISC OS
prop-ja:progLanguage
  • BBC BASIC、C、C++、アセンブリ言語
prop-ja:released
  • 1987 (xsd:integer)
prop-ja:supportedPlatforms
prop-ja:updatemodel
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 開発継続中
dcterms:subject
rdfs:comment
  • RISC OS (11px [rɪskoʊˈɛs])は、ARMアーキテクチャシステム向けに設計されたグラフィカルユーザインタフェースベースの一連のオペレーティングシステム (OS) である。ARMがRISCアーキテクチャであることから名付けられた。エイコーン・コンピュータが1987年、Acorn RISC Machine プロセッサを採用した自社製のArchimedesというパーソナルコンピュータ向けに開発したのが最初である。コマンドラインインタフェースとウィンドウシステムを伴ったデスクトップ環境を備えている。1988年から1998年まで、ほぼ全てのエイコーン製のARMベースのコンピュータ(Archimedes、RiscPC、NewsPad、A7000)にバンドルされていた。オラクルのネットワークコンピュータやその互換機で RISC OS の派生版 (NCOS) が使われていた。1998年にエイコーンが解体されると、このOSの開発はフォークし、RISCOS Ltd、Pace Micro Technology、Castle Technology といったいくつかの企業がそれぞれ開発を継続した。1998年以降は、IyonixやA9homeといったARMベースのデスクトップコンピュータにバンドルされてきた。2012年現在も開発はフォークしたままであり、RISCOS Ltd と RISC OS Open コミュニティで開発されている。最近の安定バージョンが動作するプラットフォームとしては、ARMv3/ARMv4のRiscPC(あるいはVirtualAcornやRPCEmuなどのエミュレータ)、ARMv5のIyonix、ARMv7ベースのCortex-A8プロセッサ(BeagleBoardやTouch Bookなどで使われている)がある。2011年、Cortex-A9ベースのPandaBoardへの移植が発表され、Raspberry Pi 向けの開発版も公開されている。
rdfs:label
  • RISC OS
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:os of
is foaf:primaryTopic of