Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『Prismaticallization』(プリズマティカリゼーション)は、プレイステーション用のアドベンチャーゲーム。開発元のアークシステムワークスは「サークレイト(circulate: 循環する)・アドベンチャー」と称している。1999年にプレイステーションで発売され、2000年にドリームキャストに移植された。また2002年にはサクセスからSuperLite1500シリーズとして再発売された。2007年8月30日にはゲームアーカイブス用ソフトとして配信されている。俗に言うギャルゲーに属するが、恋愛要素は比較的少ない。同じ一日を何度も(適切に進めなければ100回以上も)繰り返すという当時はまだ奇特なシステムと、哲学用語を多用した衒学的な物語のために、アークシステムワークスによれば「多くの非難と僅かな賛辞を呼んだ」とのこと。「ループもの」の一作とされる。その一方で、システムの独創性、明喩暗喩のちりばめられた脚本、そして個性的なキャラクターなどが評価され、熱烈な支持者もいる。『週刊ファミ通』のクロスレビューにおいても、浜村通信のコメントに本作のシステムの独創性を評価する内容が見られた。この長いタイトルを、I18n(Internationalization)、L10n(Localization)などの省略形(ヌメロニム)にならって、「P17n」と略すことがある(「17」は"P"と"n"の間に17文字あることを示す)。メーカーの問い合わせ用メールアドレスも「p17n@…」となっていた。なお、英語の正しい綴りでは l は重複しない。2003年6月、次作のタイトル『微塵の月 "Particles of the Moon, or Prismaticallization speculative."』が発表されたが、現在は企画もなくなり、企画担当の池田修一はアークシステムワークスを退社した模様である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 818926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50201893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cgモード
  • あり
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンディング数
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:オートモード
  • あり
prop-ja:キャラクターボイス
  • なし
prop-ja:キャラクター名設定
  • 変更可。一人称も設定可
prop-ja:ジャンル
  • サークレイト・アドベンチャー
prop-ja:セーブファイル数
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:タイトル
  • Prismaticallization
prop-ja:メッセージスキップ
  • あり
prop-ja:レイティング
  • 全年齢対象
prop-ja:回想モード
  • なし
prop-ja:対応機種
  • ドリームキャスト
  • プレイステーション
prop-ja:発売元
  • サクセス(SuperLite)
  • アークシステムワークス(SuperLiteを除く)
prop-ja:発売日
  • --08-24
  • --10-28
  • --12-12
prop-ja:音楽モード
  • あり
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『Prismaticallization』(プリズマティカリゼーション)は、プレイステーション用のアドベンチャーゲーム。開発元のアークシステムワークスは「サークレイト(circulate: 循環する)・アドベンチャー」と称している。1999年にプレイステーションで発売され、2000年にドリームキャストに移植された。また2002年にはサクセスからSuperLite1500シリーズとして再発売された。2007年8月30日にはゲームアーカイブス用ソフトとして配信されている。俗に言うギャルゲーに属するが、恋愛要素は比較的少ない。同じ一日を何度も(適切に進めなければ100回以上も)繰り返すという当時はまだ奇特なシステムと、哲学用語を多用した衒学的な物語のために、アークシステムワークスによれば「多くの非難と僅かな賛辞を呼んだ」とのこと。「ループもの」の一作とされる。その一方で、システムの独創性、明喩暗喩のちりばめられた脚本、そして個性的なキャラクターなどが評価され、熱烈な支持者もいる。『週刊ファミ通』のクロスレビューにおいても、浜村通信のコメントに本作のシステムの独創性を評価する内容が見られた。この長いタイトルを、I18n(Internationalization)、L10n(Localization)などの省略形(ヌメロニム)にならって、「P17n」と略すことがある(「17」は"P"と"n"の間に17文字あることを示す)。メーカーの問い合わせ用メールアドレスも「p17n@…」となっていた。なお、英語の正しい綴りでは l は重複しない。2003年6月、次作のタイトル『微塵の月 "Particles of the Moon, or Prismaticallization speculative."』が発表されたが、現在は企画もなくなり、企画担当の池田修一はアークシステムワークスを退社した模様である。
rdfs:label
  • Prismaticallization
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of