Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • mKdV方程式(えむけぃでいびぃほうていしき、英: mKdV equation)または変形KdV方程式(へんけいけぃでいびぃほうていしき、英: modified KdV equation)とは非線形波動を記述する非線形偏微分方程式。可積分系の方程式の一つであり、無限個の保存量が存在する。日系3世である数学者ローバート・ミウラ(R. Miura)によって導出された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2435339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1972 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54172436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • mKdV方程式(えむけぃでいびぃほうていしき、英: mKdV equation)または変形KdV方程式(へんけいけぃでいびぃほうていしき、英: modified KdV equation)とは非線形波動を記述する非線形偏微分方程式。可積分系の方程式の一つであり、無限個の保存量が存在する。日系3世である数学者ローバート・ミウラ(R. Miura)によって導出された。
rdfs:label
  • MKdV方程式
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of