Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • GUID (Globally Unique Identifier) またはグローバル一意識別子(ぐろーばるいちいしきべつし)は、コンピュータで使用される識別子の体系のひとつで、世界で一意である事を意図された2進128ビットの値である。UUIDの実装のひとつで、(擬似)乱数による生成のためには2122の空間があるので、誕生日のパラドックスによっても、正しく生成されていれば、生成したあるIDが、他で生成されたIDと偶然一致する確率は、1/261である。GUIDの語は、UUIDのマイクロソフトによる実装を指すと解されることもあるが、オラクルのデータベースやNetIQのeDirectory(ディレクトリ・サービス)、GUIDパーティションテーブルなど、ほぼUUIDを指して、GUIDの語が使われることもある。GUIDを生成するツールとして、Microsoft Windows SDKに付属するGuidGenなどがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 730682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58040189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • GUID (Globally Unique Identifier) またはグローバル一意識別子(ぐろーばるいちいしきべつし)は、コンピュータで使用される識別子の体系のひとつで、世界で一意である事を意図された2進128ビットの値である。UUIDの実装のひとつで、(擬似)乱数による生成のためには2122の空間があるので、誕生日のパラドックスによっても、正しく生成されていれば、生成したあるIDが、他で生成されたIDと偶然一致する確率は、1/261である。GUIDの語は、UUIDのマイクロソフトによる実装を指すと解されることもあるが、オラクルのデータベースやNetIQのeDirectory(ディレクトリ・サービス)、GUIDパーティションテーブルなど、ほぼUUIDを指して、GUIDの語が使われることもある。GUIDを生成するツールとして、Microsoft Windows SDKに付属するGuidGenなどがある。
rdfs:label
  • GUID
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of