Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • GNU Go(グニュー・ゴ)は、フリーソフトウェア財団によって作成される、コンピュータが人間と囲碁の対局を行うためのフリーソフトウェア。GNU Goのソースコードは可搬性が高く、GNU/Linuxおよび他のUNIX形式のシステム、Windows、Mac OS Xなどで簡単にコンパイルできる。その他のプラットフォームへの移植版も存在する。GNU Goは、およそ8から12級の強さでユーザーと対戦できる。碁盤サイズは5×5から19×19までをサポートしている。GNU Go自身はASCIIベースではあるが、Go Modem ProtocolおよびGo Text Protocolという2つのプロトコルをサポートしており、これらを使ったGUIフロントエンドが別途実装されている。
dbpedia-owl:latestReleaseVersion
  • 3.8
dbpedia-owl:license
dbpedia-owl:operatingSystem
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 533745 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58666644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
  • The GNU Go Team
prop-ja:genre
  • コンピュータ囲碁
prop-ja:latestReleaseDate
  • --02-19
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 3.800000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:logo
prop-ja:name
  • GNU Go
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GNU Go(グニュー・ゴ)は、フリーソフトウェア財団によって作成される、コンピュータが人間と囲碁の対局を行うためのフリーソフトウェア。GNU Goのソースコードは可搬性が高く、GNU/Linuxおよび他のUNIX形式のシステム、Windows、Mac OS Xなどで簡単にコンパイルできる。その他のプラットフォームへの移植版も存在する。GNU Goは、およそ8から12級の強さでユーザーと対戦できる。碁盤サイズは5×5から19×19までをサポートしている。GNU Go自身はASCIIベースではあるが、Go Modem ProtocolおよびGo Text Protocolという2つのプロトコルをサポートしており、これらを使ったGUIフロントエンドが別途実装されている。
rdfs:label
  • GNU Go
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • GNU Go
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of