Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • CryoSat(クライオサット)は欧州宇宙機関(ESA)の地球観測衛星。レーダー高度計によって極圏の氷床・海氷を計測し、地球温暖化の進行が極地に存在する氷の融解に与える影響を調査する。衛星名のCryo-は冷凍・冷却を意味する接頭辞であり、本衛星の観測対象である地球表面の氷を示している。2005年に打ち上げに失敗したが、2010年に再製作したCryoSat-2の軌道投入に成功し観測ミッションを開始した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2568864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53277939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サブサイクル
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:主な推進器
  • スラスター × 2
prop-ja:主製造業者
prop-ja:公式ページ
prop-ja:名称
  • CryoSat
prop-ja:周回対象
  • 地球
prop-ja:回帰日数
  • 369 (xsd:integer)
prop-ja:姿勢制御方式
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:所属
prop-ja:打上げ場所
prop-ja:打上げ日時
  • --10-08
prop-ja:打上げ機
prop-ja:搭載機器
  • 観測機器
prop-ja:搭載機器名称
  • SIRAL
prop-ja:搭載機器説明
  • 干渉合成開口レーダー高度計
prop-ja:本体寸法
  • 132.0
prop-ja:物理的特長
  • 物理的特長
prop-ja:状態
  • 打ち上げ失敗
prop-ja:発生電力
  • 800.0
prop-ja:目的
  • 氷床・海氷の計測
prop-ja:設計寿命
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:質量
  • 720 (xsd:integer)
prop-ja:軌道傾斜角
  • 92 (xsd:integer)
prop-ja:軌道要素
  • 軌道要素
prop-ja:高度
  • 717.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • CryoSat(クライオサット)は欧州宇宙機関(ESA)の地球観測衛星。レーダー高度計によって極圏の氷床・海氷を計測し、地球温暖化の進行が極地に存在する氷の融解に与える影響を調査する。衛星名のCryo-は冷凍・冷却を意味する接頭辞であり、本衛星の観測対象である地球表面の氷を示している。2005年に打ち上げに失敗したが、2010年に再製作したCryoSat-2の軌道投入に成功し観測ミッションを開始した。
rdfs:label
  • CryoSat
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of