『BLACK TIGER』(ブラックティガー)は、秋本治の漫画。『グランドジャンプ』(集英社)にて、2017年2号より連載されている。当初は不定期連載だったが、2019年23号よりサイクル連載(3勤1休連載)となる。史実とは若干異なった世界の南北戦争直後のアメリカを舞台としており、ピストルを片手に相棒の男性と一緒に女性ガンマン・ブラックティガーが旅をするというもの。 秋本によれば本作品は『ワイルド7』などのアクション漫画を手掛けた望月三起也へのオマージュだとしている。また、世界観を出すために、可能な限りスクリーントーンを用いず手描きで表現するという手法を用いている。また、『こち亀』とのコラボも実施された。

Property Value
dbo:abstract
  • 『BLACK TIGER』(ブラックティガー)は、秋本治の漫画。『グランドジャンプ』(集英社)にて、2017年2号より連載されている。当初は不定期連載だったが、2019年23号よりサイクル連載(3勤1休連載)となる。史実とは若干異なった世界の南北戦争直後のアメリカを舞台としており、ピストルを片手に相棒の男性と一緒に女性ガンマン・ブラックティガーが旅をするというもの。 秋本によれば本作品は『ワイルド7』などのアクション漫画を手掛けた望月三起也へのオマージュだとしている。また、世界観を出すために、可能な限りスクリーントーンを用いず手描きで表現するという手法を用いている。また、『こち亀』とのコラボも実施された。 (ja)
  • 『BLACK TIGER』(ブラックティガー)は、秋本治の漫画。『グランドジャンプ』(集英社)にて、2017年2号より連載されている。当初は不定期連載だったが、2019年23号よりサイクル連載(3勤1休連載)となる。史実とは若干異なった世界の南北戦争直後のアメリカを舞台としており、ピストルを片手に相棒の男性と一緒に女性ガンマン・ブラックティガーが旅をするというもの。 秋本によれば本作品は『ワイルド7』などのアクション漫画を手掛けた望月三起也へのオマージュだとしている。また、世界観を出すために、可能な限りスクリーントーンを用いず手描きで表現するという手法を用いている。また、『こち亀』とのコラボも実施された。 (ja)
dbo:genre
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3554736 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11258 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79947548 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • サイクル連載(3勤1休連載) (ja)
  • サイクル連載(3勤1休連載) (ja)
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • BLACK TIGER (ja)
  • BLACK TIGER (ja)
prop-ja:レーベル
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:巻数
  • 既刊5巻(2020年9月現在) (ja)
  • 既刊5巻(2020年9月現在) (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:開始号
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:開始日
  • --12-21
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『BLACK TIGER』(ブラックティガー)は、秋本治の漫画。『グランドジャンプ』(集英社)にて、2017年2号より連載されている。当初は不定期連載だったが、2019年23号よりサイクル連載(3勤1休連載)となる。史実とは若干異なった世界の南北戦争直後のアメリカを舞台としており、ピストルを片手に相棒の男性と一緒に女性ガンマン・ブラックティガーが旅をするというもの。 秋本によれば本作品は『ワイルド7』などのアクション漫画を手掛けた望月三起也へのオマージュだとしている。また、世界観を出すために、可能な限りスクリーントーンを用いず手描きで表現するという手法を用いている。また、『こち亀』とのコラボも実施された。 (ja)
  • 『BLACK TIGER』(ブラックティガー)は、秋本治の漫画。『グランドジャンプ』(集英社)にて、2017年2号より連載されている。当初は不定期連載だったが、2019年23号よりサイクル連載(3勤1休連載)となる。史実とは若干異なった世界の南北戦争直後のアメリカを舞台としており、ピストルを片手に相棒の男性と一緒に女性ガンマン・ブラックティガーが旅をするというもの。 秋本によれば本作品は『ワイルド7』などのアクション漫画を手掛けた望月三起也へのオマージュだとしている。また、世界観を出すために、可能な限りスクリーントーンを用いず手描きで表現するという手法を用いている。また、『こち亀』とのコラボも実施された。 (ja)
rdfs:label
  • BLACK TIGER (ja)
  • BLACK TIGER (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • BLACK TIGER (ja)
  • BLACK TIGER (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of