Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • BEE CARD(ビーカード)とは、1985年にハドソンと三菱樹脂が共同開発し、MSXおよび日本電気PC-9800シリーズで使われた世界初のメモリーカードである。MSX用ゲームソフトとしては、野球狂、ジェットセットウィリー、スターフォース、プーヤン、ボンバーマン・スペシャル、スターソルジャー、高橋名人の冒険島の計7タイトルがリリースされた。そのままではMSXのカートリッジスロットに挿入できないため、「BEE PACK」という別売のアダプターを介して使用する。第1弾ソフトの野球狂は「BEE PACK」同梱で価格据え置きの初回限定版が5,000セット販売された。BEE CARDの「BEE」とは、ハドソンの社章でもある蜂のキャラクター「ハチ助」が由来であると思われる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1089360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52451325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • BEE CARD(ビーカード)とは、1985年にハドソンと三菱樹脂が共同開発し、MSXおよび日本電気PC-9800シリーズで使われた世界初のメモリーカードである。MSX用ゲームソフトとしては、野球狂、ジェットセットウィリー、スターフォース、プーヤン、ボンバーマン・スペシャル、スターソルジャー、高橋名人の冒険島の計7タイトルがリリースされた。そのままではMSXのカートリッジスロットに挿入できないため、「BEE PACK」という別売のアダプターを介して使用する。第1弾ソフトの野球狂は「BEE PACK」同梱で価格据え置きの初回限定版が5,000セット販売された。BEE CARDの「BEE」とは、ハドソンの社章でもある蜂のキャラクター「ハチ助」が由来であると思われる。
rdfs:label
  • BEE CARD
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:computingMedia of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of