Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 理論物理学では、AdS/CFT対応(−たいおう、anti-de Sitter/conformal field theory correspondence)は、マルダセーナ双対(Maldacena duality)あるいはゲージ/重力双対(gauge/gravity duality)とも呼ばれ、2つの物理理論の種類の間の関係を予言するものである。対応の片側は、共形場理論 (CFT) で、場の量子論で基本粒子を記述するヤン=ミルズ理論の類似物を意味し、対応する反対側は、反ド・ジッター空間(AdS)で、量子重力の理論で使われる空間である。この対応は弦理論やM-理論のことばで定式化された。双対性は、弦理論と量子重力の理解の主要な発展の現れである。 この理由は、双対性がある境界条件を持つ弦理論の非摂動的(non-perturbative)な定式化であるからであり、注目を浴びている量子重力のアイデアのホログラフィック原理を最もうまく実現しているからである。ホログラフィック原理は、もともとジェラルド・トフーフトが提唱し、レオナルド・サスキンドにより改善されている。加えて、強結合の場の量子論の研究への強力なツールを提供している。 双対性の有益さの大半は、強弱双対性から来ている。つまり、場の量子論が強い相互作用である場合に、重力理論の側は弱い相互作用であるので、数学的に取り扱い易くなっている。この事実は、強結合の理論を強弱対称性により数学的に扱い易い弱結合の理論に変換することにより、原子核物理学や物性物理学での多くの研究に使われてきている。AdS/CFT対応は、最初に1997年末、フアン・マルダセナにより提起された。この対応の重要な面は、スティブン・ガブサー、イーゴル・クレバノフ、アレクサンドル・ポリヤコフの論文や、エドワード・ウィッテンの論文により精査された。2014にはマルダセナの論文の引用は1000件を超え、高エネルギー物理学の分野の最も多く引用される論文となっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 396876 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58997133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1a
  • Merali
  • Moore
prop-ja:1p
  • 303 (xsd:integer)
prop-ja:1y
  • 2011 (xsd:integer)
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:2a
  • Tachikawa
  • Alday
  • Gaiotto
  • Kovtun
  • Luzum
  • Romatschke
  • Sachdev
  • Son
  • Starinets
prop-ja:2y
  • 2001 (xsd:integer)
  • 2008 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 理論物理学では、AdS/CFT対応(−たいおう、anti-de Sitter/conformal field theory correspondence)は、マルダセーナ双対(Maldacena duality)あるいはゲージ/重力双対(gauge/gravity duality)とも呼ばれ、2つの物理理論の種類の間の関係を予言するものである。対応の片側は、共形場理論 (CFT) で、場の量子論で基本粒子を記述するヤン=ミルズ理論の類似物を意味し、対応する反対側は、反ド・ジッター空間(AdS)で、量子重力の理論で使われる空間である。この対応は弦理論やM-理論のことばで定式化された。双対性は、弦理論と量子重力の理解の主要な発展の現れである。 この理由は、双対性がある境界条件を持つ弦理論の非摂動的(non-perturbative)な定式化であるからであり、注目を浴びている量子重力のアイデアのホログラフィック原理を最もうまく実現しているからである。ホログラフィック原理は、もともとジェラルド・トフーフトが提唱し、レオナルド・サスキンドにより改善されている。加えて、強結合の場の量子論の研究への強力なツールを提供している。 双対性の有益さの大半は、強弱双対性から来ている。つまり、場の量子論が強い相互作用である場合に、重力理論の側は弱い相互作用であるので、数学的に取り扱い易くなっている。この事実は、強結合の理論を強弱対称性により数学的に扱い易い弱結合の理論に変換することにより、原子核物理学や物性物理学での多くの研究に使われてきている。AdS/CFT対応は、最初に1997年末、フアン・マルダセナにより提起された。この対応の重要な面は、スティブン・ガブサー、イーゴル・クレバノフ、アレクサンドル・ポリヤコフの論文や、エドワード・ウィッテンの論文により精査された。2014にはマルダセナの論文の引用は1000件を超え、高エネルギー物理学の分野の最も多く引用される論文となっている。
rdfs:label
  • AdS/CFT対応
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of