Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 電子顕微鏡で通常撮影される画像は2次元の平面画像である。しかし、本来、その2次元画像として、撮影されている物体は立体構造をもった三次元物体である。そこで、情報工学的手法を使って、コンピュータの内部で、もとの物体の立体像を再構成する必要がある(3次元再構成法)。このような、電子顕微鏡法と3次元再構成法を組み合わせた、物体の構造解析法は、3次元電子顕微鏡法(3じげんでんしけんびきょうほう)と呼ばれている。 関連する画像処理法としては、単粒子解析法、電子線トモグラフィー法、対称性を用いた構造解析、電子線結晶解析法が挙げられる。いずれも、2次元投影像もしくは回折パターンから、3次元像を再構成を実施する。 単粒子解析法は、主として同じ構造をしている粒子の投影画像を多数収集し、それらの投影方向を決定することで、三次元再構成を実施する方法である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2123750 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 506 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54931039 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 電子顕微鏡で通常撮影される画像は2次元の平面画像である。しかし、本来、その2次元画像として、撮影されている物体は立体構造をもった三次元物体である。そこで、情報工学的手法を使って、コンピュータの内部で、もとの物体の立体像を再構成する必要がある(3次元再構成法)。このような、電子顕微鏡法と3次元再構成法を組み合わせた、物体の構造解析法は、3次元電子顕微鏡法(3じげんでんしけんびきょうほう)と呼ばれている。 関連する画像処理法としては、単粒子解析法、電子線トモグラフィー法、対称性を用いた構造解析、電子線結晶解析法が挙げられる。いずれも、2次元投影像もしくは回折パターンから、3次元像を再構成を実施する。 単粒子解析法は、主として同じ構造をしている粒子の投影画像を多数収集し、それらの投影方向を決定することで、三次元再構成を実施する方法である。
rdfs:label
  • 3次元電子顕微鏡法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of