Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2015年世界陸上競技選手権大会・女子100m(2015ねんせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい・じょし100メートル)は、2015年8月23日から8月24日にかけて中華人民共和国北京市の北京国家体育場で開催された。シェリー=アン・フレーザー=プライスが前回大会の覇者として、また今季世界最高記録10秒74を保持して大会に臨んだ。準決勝1組では、当季世界第2位で決勝進出が最も期待されていたイングリッシュ・ガードナーが決勝進出を逃すという波乱があった。2組では2大会ぶりに準決勝に進んだ福島千里が出場したが7着であり、決勝進出はならなかった。3組ではダフネ・シパーズが自身の持つオランダ記録を更新する10秒83を叩き出して準決勝を突破するサプライズがあった。シパーズは世界選手権前の7月下旬にロンドンで開かれた大会で優勝した経験があったが、その大会に出場していた中で今世界選手権の決勝に出場した選手はブレッシング・オカグバレだけであり、6月上旬のパリでの大会の際は、フレーザー=プライス、ガードナー、オカグバレに惨敗している。準決勝でマークした記録により、シパーズは決勝でフレーザー=プライスの隣のレーンを獲得した。決勝では、号砲が鳴ると「ポケット・ロケット」の異名を持つフレーザー=プライスが飛び出し、最初の3歩で明らかに他の選手より前に出ていた。シパーズは号砲への反応時間で2番目に飛び出し、ナターシャ・モリソン、ミシェル=リー・アイエ、ベロニカ・キャンベル=ブラウンの後を追った。トップスピードに達すると、シパーズとトリ・ボウイが先頭集団に食らいついた。シパーズはフレーザー=プライスに追いつけなかったが、10秒81で2位に入賞し、準決勝に続いてオランダ記録を更新した。生まれが4か月差のフレーザー=プライスとウサイン・ボルトのジャマイカ人選手は、対照的な100m覇者である。ボルトが最も成功した長身の男性選手の1人であるのに対して、フレーザー=プライスは最も成功した低身長の女性選手の1人である。フレーザー=プライスとボルトのコンビが100mを制したのは北京オリンピックとロンドンオリンピック、世界選手権では2009年、2013年に続くものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3270152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57357195 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bronzenoc
  • USA
prop-ja:caption
  • メダル獲得者
prop-ja:competitors
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:dates
  • --08-23
  • --08-24
prop-ja:event
  • 6000.0
prop-ja:games
prop-ja:gold
prop-ja:goldnoc
  • JAM
prop-ja:nations
  • 36 (xsd:integer)
prop-ja:next
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:prev
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:silver
prop-ja:silvernoc
  • NED
prop-ja:venues
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:winLabel
  • 優勝記録
prop-ja:winValue
  • 10.760000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2015年世界陸上競技選手権大会・女子100m(2015ねんせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい・じょし100メートル)は、2015年8月23日から8月24日にかけて中華人民共和国北京市の北京国家体育場で開催された。シェリー=アン・フレーザー=プライスが前回大会の覇者として、また今季世界最高記録10秒74を保持して大会に臨んだ。準決勝1組では、当季世界第2位で決勝進出が最も期待されていたイングリッシュ・ガードナーが決勝進出を逃すという波乱があった。2組では2大会ぶりに準決勝に進んだ福島千里が出場したが7着であり、決勝進出はならなかった。3組ではダフネ・シパーズが自身の持つオランダ記録を更新する10秒83を叩き出して準決勝を突破するサプライズがあった。シパーズは世界選手権前の7月下旬にロンドンで開かれた大会で優勝した経験があったが、その大会に出場していた中で今世界選手権の決勝に出場した選手はブレッシング・オカグバレだけであり、6月上旬のパリでの大会の際は、フレーザー=プライス、ガードナー、オカグバレに惨敗している。準決勝でマークした記録により、シパーズは決勝でフレーザー=プライスの隣のレーンを獲得した。決勝では、号砲が鳴ると「ポケット・ロケット」の異名を持つフレーザー=プライスが飛び出し、最初の3歩で明らかに他の選手より前に出ていた。シパーズは号砲への反応時間で2番目に飛び出し、ナターシャ・モリソン、ミシェル=リー・アイエ、ベロニカ・キャンベル=ブラウンの後を追った。トップスピードに達すると、シパーズとトリ・ボウイが先頭集団に食らいついた。シパーズはフレーザー=プライスに追いつけなかったが、10秒81で2位に入賞し、準決勝に続いてオランダ記録を更新した。生まれが4か月差のフレーザー=プライスとウサイン・ボルトのジャマイカ人選手は、対照的な100m覇者である。ボルトが最も成功した長身の男性選手の1人であるのに対して、フレーザー=プライスは最も成功した低身長の女性選手の1人である。フレーザー=プライスとボルトのコンビが100mを制したのは北京オリンピックとロンドンオリンピック、世界選手権では2009年、2013年に続くものである。
rdfs:label
  • 2015年世界陸上競技選手権大会・女子100m
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of