Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2009年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第61回大会となる。MotoGPクラスはブリヂストンタイヤのワンメイクとなり、予選専用タイヤ(Qタイヤ)は廃止になった。他にも経費削減のためのルール変更がなされ、金曜日のプラクティスセッションの短縮、電子制御サスペンション、ラウンチコントロールシステム、セラミックブレーキの禁止、シーズン中に使用可能なエンジン数の削減、テストセッション数の削減などが決定された。このうち金曜のプラクティスセッションについては、危険であるという各チーム監督の主張を受け、第3戦スペインGP中の協議の結果、第4戦フランスGPから元の1時間へと延長された。250ccクラスは、翌2010年シーズンから4ストローク600ccのMoto2クラスに再編となったため、このシーズンが最後の開催となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1758279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 94080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57612951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • ロードレース世界選手権
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 2009 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2009年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第61回大会となる。MotoGPクラスはブリヂストンタイヤのワンメイクとなり、予選専用タイヤ(Qタイヤ)は廃止になった。他にも経費削減のためのルール変更がなされ、金曜日のプラクティスセッションの短縮、電子制御サスペンション、ラウンチコントロールシステム、セラミックブレーキの禁止、シーズン中に使用可能なエンジン数の削減、テストセッション数の削減などが決定された。このうち金曜のプラクティスセッションについては、危険であるという各チーム監督の主張を受け、第3戦スペインGP中の協議の結果、第4戦フランスGPから元の1時間へと延長された。250ccクラスは、翌2010年シーズンから4ストローク600ccのMoto2クラスに再編となったため、このシーズンが最後の開催となった。
rdfs:label
  • 2009年のロードレース世界選手権
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of