Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2009年のアメリカン・ル・マン・シリーズは、アメリカン・ル・マン・シリーズの11年目のシーズン。3月21日のセブリング12時間レースで開幕し、10月10日のモントレー・スポーツカー・チャンピオンシップまで全10戦でタイトルが争われた。シリーズはLMP1、LMP2、GT1、GT2の4カテゴリーに加え、チャレンジクラスが一部のレースで開催され、IMSA GT3カップ・チャレンジに参加しているポルシェ・997 GT3カップ用の車両が参加した。2009年シーズンはまたGT1クラスにとって最後のシーズンとなり、コルベット・レーシングはロングビーチ戦の後同クラスへの参加を取りやめGT2クラス(GTに改名)に転向した。今シーズンは2008年のプチ・ル・マンで先行して導入されたミシュラン・グリーン X チャレンジ選手権がシーズンを通して行われた。LMPとGTのクラスで最も活躍したエントラントにタイトルが与えられた。パトロン ハイクロフト・レーシングのデビッド・ブラバム、スコット・シャープ組がマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカでの最終戦でド・フェラン・モータースポーツのジル・ド・フェラン、サイモン・パジェノ組を抑えてタイトルを獲得した。エイドリアン・フェルナンデスとルイス・ディアスがLMP2のタイトルを獲得し、フェルナンデス・レーシングの最後のシーズンを飾った。GT2ではフライング・リザード・モータースポーツのパトリック・ロング、ヨルグ・ベルグマイスター組が6勝を挙げてタイトルを獲得した。5戦で争われたGTチャレンジではマーティン・スノーとメラニー・スノーの夫婦ペアが初年度のタイトルを獲得した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2701949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 46665 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54142527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • アメリカン・ル・マン・シリーズ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 2009 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2009年のアメリカン・ル・マン・シリーズは、アメリカン・ル・マン・シリーズの11年目のシーズン。3月21日のセブリング12時間レースで開幕し、10月10日のモントレー・スポーツカー・チャンピオンシップまで全10戦でタイトルが争われた。シリーズはLMP1、LMP2、GT1、GT2の4カテゴリーに加え、チャレンジクラスが一部のレースで開催され、IMSA GT3カップ・チャレンジに参加しているポルシェ・997 GT3カップ用の車両が参加した。2009年シーズンはまたGT1クラスにとって最後のシーズンとなり、コルベット・レーシングはロングビーチ戦の後同クラスへの参加を取りやめGT2クラス(GTに改名)に転向した。今シーズンは2008年のプチ・ル・マンで先行して導入されたミシュラン・グリーン X チャレンジ選手権がシーズンを通して行われた。LMPとGTのクラスで最も活躍したエントラントにタイトルが与えられた。パトロン ハイクロフト・レーシングのデビッド・ブラバム、スコット・シャープ組がマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカでの最終戦でド・フェラン・モータースポーツのジル・ド・フェラン、サイモン・パジェノ組を抑えてタイトルを獲得した。エイドリアン・フェルナンデスとルイス・ディアスがLMP2のタイトルを獲得し、フェルナンデス・レーシングの最後のシーズンを飾った。GT2ではフライング・リザード・モータースポーツのパトリック・ロング、ヨルグ・ベルグマイスター組が6勝を挙げてタイトルを獲得した。5戦で争われたGTチャレンジではマーティン・スノーとメラニー・スノーの夫婦ペアが初年度のタイトルを獲得した。
rdfs:label
  • 2009年のアメリカン・ル・マン・シリーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of