Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2004年から2005年のNHLロックアウト(2004–05 NHL lockout)とは、2004年9月16日から翌2005年7月13日にかけて、アイスホッケーの最高峰リーグであるNHL(ナショナルホッケーリーグ)で、経営者側によって実施されたロックアウトである。ロックアウトは310日間続き、1994年から1995年のMLBストライキとともに、北米4大プロスポーツリーグ史上最悪として挙げられる労働争議となった。‎2005年2月16日に予定されていたスタンレー・カップ決勝戦が88シーズン目にして初めて中止されただけにとどまらず、北米4大プロスポーツリーグでは史上初めてシーズンの公式戦の全試合が中止される事態となった。2004-2005シーズンに予定されていた全1230試合が中止となった。労使間で行われていた交渉は2005年7月13日に合意に達し、NHLの経営者側と選手会側の両方が新労働協約を批准した9日後の7月22日にロックアウトが正式に終了した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2899897 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56730712 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2004年から2005年のNHLロックアウト(2004–05 NHL lockout)とは、2004年9月16日から翌2005年7月13日にかけて、アイスホッケーの最高峰リーグであるNHL(ナショナルホッケーリーグ)で、経営者側によって実施されたロックアウトである。ロックアウトは310日間続き、1994年から1995年のMLBストライキとともに、北米4大プロスポーツリーグ史上最悪として挙げられる労働争議となった。‎2005年2月16日に予定されていたスタンレー・カップ決勝戦が88シーズン目にして初めて中止されただけにとどまらず、北米4大プロスポーツリーグでは史上初めてシーズンの公式戦の全試合が中止される事態となった。2004-2005シーズンに予定されていた全1230試合が中止となった。労使間で行われていた交渉は2005年7月13日に合意に達し、NHLの経営者側と選手会側の両方が新労働協約を批准した9日後の7月22日にロックアウトが正式に終了した。
rdfs:label
  • 2004年から2005年のNHLロックアウト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of