Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1988年の世界ラリー選手権(1988 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第16回大会となる。前年同様全13戦でタイトルが争われた。マルティーニ・ランチアは前年同様、今年度もシリーズを支配した。マニファクチャラー・ポイントが与えられる11戦の内、10戦で勝利を収めた。ランチア・デルタ HF 4WDはマルク・アレンとミキ・ビアシオンの手によってその速さと信頼性が証明された。シーズン途中でランチアはデルタ・インテグラーレを投入し、即座に成功を収めた。ビアシオンはドライバーズ・タイトルを獲得し、2位にはチームメイトのアレンが入った。サードドライバーのブルーノ・サビーもマニファクチャラーズ・タイトルに貢献したものの、ドライバーズ・タイトルの争いに加わることはできなかった。ジョリークラブのアレックス・フィオリオもランチアを駆ってランキング3位に入った。フォード・モーターは唯一ランチア以外で勝利を収めたマニファクチャラーであった。ディディエ・オリオールがシエラ RS コスワースでツール・ド・コルスにおいて勝利した。オリオールはランキング6位、チームメイトのカルロス・サインツは11位という結果であった。ラリースポーツ・スウェーデンのスティグ・ブロンクビストもシエラをドライブし、フォード・ドライバー最上位のランキング4位となった。1988年はアウディがWRCより撤退したが、多くの小チームおよびプライベイターはアウディ・クワトロを用いて結果を残し、アウディはマニファクチャラーズ・ランキング3位となった。マツダ・ラリーチーム・ヨーロッパはティモ・サロネンを第一ドライバーに起用し、マツダ・323 4WDで戦った。ティモはランキング5位となり、マツダはランキング4位に入った。ワークスドライバーとマニファクチャラーズ・タイトルの争いに加えて、プロダクションカーによるFIAカップ選手権も争われた。シーズン2年目の今年度、カップはマツダ・323 4WDのパスカル・ギャバンが、ランチア・デルタのホルヘ・リカルデ、ジョヴァンニ・デル・ゾッポを抑えて獲得した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2667079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 33475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 435 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58614813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • 世界ラリー選手権
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1988 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1988年の世界ラリー選手権(1988 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第16回大会となる。前年同様全13戦でタイトルが争われた。マルティーニ・ランチアは前年同様、今年度もシリーズを支配した。マニファクチャラー・ポイントが与えられる11戦の内、10戦で勝利を収めた。ランチア・デルタ HF 4WDはマルク・アレンとミキ・ビアシオンの手によってその速さと信頼性が証明された。シーズン途中でランチアはデルタ・インテグラーレを投入し、即座に成功を収めた。ビアシオンはドライバーズ・タイトルを獲得し、2位にはチームメイトのアレンが入った。サードドライバーのブルーノ・サビーもマニファクチャラーズ・タイトルに貢献したものの、ドライバーズ・タイトルの争いに加わることはできなかった。ジョリークラブのアレックス・フィオリオもランチアを駆ってランキング3位に入った。フォード・モーターは唯一ランチア以外で勝利を収めたマニファクチャラーであった。ディディエ・オリオールがシエラ RS コスワースでツール・ド・コルスにおいて勝利した。オリオールはランキング6位、チームメイトのカルロス・サインツは11位という結果であった。ラリースポーツ・スウェーデンのスティグ・ブロンクビストもシエラをドライブし、フォード・ドライバー最上位のランキング4位となった。1988年はアウディがWRCより撤退したが、多くの小チームおよびプライベイターはアウディ・クワトロを用いて結果を残し、アウディはマニファクチャラーズ・ランキング3位となった。マツダ・ラリーチーム・ヨーロッパはティモ・サロネンを第一ドライバーに起用し、マツダ・323 4WDで戦った。ティモはランキング5位となり、マツダはランキング4位に入った。ワークスドライバーとマニファクチャラーズ・タイトルの争いに加えて、プロダクションカーによるFIAカップ選手権も争われた。シーズン2年目の今年度、カップはマツダ・323 4WDのパスカル・ギャバンが、ランチア・デルタのホルヘ・リカルデ、ジョヴァンニ・デル・ゾッポを抑えて獲得した。
rdfs:label
  • 1988年の世界ラリー選手権
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of